★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆石油「枯渇年数」あと68年 石鉱連05年推計



 (中日 07/11/30)

 http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2007113002068454.html


 中・印成長が影響



 石油鉱業連盟は29日、2005年末時点での世界の石油・天然ガスに関する評価報告書を発表した。この中で、石油の確認埋蔵量は1兆1138億バレルとなり、現在の生産量ベースで37・6年分に相当すると推計。未発見の資源量を加えた「枯渇年数」は68年で、前回調査(2000年末時点)より11年短縮した。



 確認埋蔵量は前回調査とほぼ同じ。5年分増えた計算になるが、世界的な探鉱の進展で未発見だった資源を新たに確認できたため。ただ、確認埋蔵量と未発見の資源量を合わせた「究極可採資源量」は今回も約3兆バレルと変わっておらず、今後、経済成長が著しい中国やインドなどで石油消費の一段の拡大が見込まれることから、枯渇するまでの推定年数が短くなった。



 地域別では、埋蔵量の多い中東は可採年数が78年と世界平均の約2倍。21世紀半ば以降も石油生産が可能であるものの、中東だけでは世界的に拡大する石油消費量をカバーすることはできないという。



 今回の推計では、資源開発が進み始めたオイルサンド(原油を含んでいる地下の砂や岩)など石油の代替燃料の動向は加味しなかった。
[PR]
by sakura4987 | 2007-12-02 13:47

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987