★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆進化論反発の生徒増加 (世界日報 07/12/9)




 パリで科学および地球の生命を教えている友人の高校教師が最近、教員組合の討論会に参加した経験を話してくれた。テーマはダーウィンの進化論を、どう扱うかということだったそうだ。なぜ、そんな討論会が持たれたかといえば、この数年、授業でダーウィンの進化論を説明しようとすると反発する生徒が増えたからだという。



 もともと米国に比べれば、左翼的で唯物論者の教師が多いフランスだが、ダーウィンの進化論の授業に反発し、教室を出て行く生徒に手を焼いている。彼らの多くは熱心なカトリック教徒やユダヤ教徒、イスラム教徒たちで、神による天地創造説を信じており、人間が猿から進化したという理論は絶対に受け入れられないというのだ。



 米国や英国では、数十年前から同様な議論が活発だが、唯物論者の多いフランスで、それも若者が反発しているという現象は驚きだ。テレビでも、この現象は報じられ、結構注目を集めている。討論会の結論は、科学と思想の領域を明確に分けて教えることで落ち着いたというが、そう簡単ではない。



 友人の教師は「科学も人類や自然界の真理の解明を目指しているわけだから、宗教や思想と無関係とは言い切れない」と割り切れない様子だ。学校はあくまで中立といいながら、ダーウィンの進化論を必要不可欠な知識として教えてきた教師たちは困惑している。創造説もありうると考える若者がフランスに増えていることは注目に値する。
[PR]
by sakura4987 | 2007-12-10 17:03

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987