★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆昭和天皇の戦争中の生活がうかがえる侍従武官の手記が見つかる



 (FNN 2008/4/30)

 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00131874.html


 戦争中の昭和天皇の生活がうかがえる侍従武官の手記が見つかった。

食事について、「一汁二菜、お香物位(おこうのものぐらい)」と記されるなど、質素を好んだ昭和天皇がしのばれる。

 「宮殿炎上」と題されたこの手記は、1936年から日米開戦前年の1940年まで、軍部との連絡役である侍従武官を務めた山澄 貞次郎元海軍少将が、終戦後に記したもの。

 手記には、昭和天皇の戦争中の生活について、「何事にも堅実簡素を尊ばれる」などと書かれ、食事は「白米を召し上がらず、七分づきのご飯に、一汁二菜、お香物位で、皆が想像するように、山海の珍味を並べる王者のお食事とは全く違う。私は、金持ち連中は少しは自重しろと憤慨した」と記されている。

 また、何事にも仰々しいことを嫌う昭和天皇が、側近らに対して、「なかなか趣旨が徹底しないのは困ったものだ」などと苦言を呈していたエピソードもつづられていて、その人柄がしのばれる。
[PR]
by sakura4987 | 2008-05-07 12:26

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987