★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆日本人の参拝阻止 韓国・特攻慰霊碑問題 泗川市の反対住民ら



 (西日本 2008/5/11)

 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/21647


 韓国慶尚南道泗川市で10日開催予定だった地元出身の朝鮮人特攻隊員の慰霊碑除幕式などが中止に追い込まれた問題で、現地入りしている日本人関係者が同日、慰霊碑が建立された公園を訪れたが、碑の撤去を求める地元市民団体に立ち入りを阻まれ、植民地支配をめぐるしこりの根深さをあらためて浮き彫りにした。

 慰霊碑を訪れたのは、鹿児島県南九州市の霜出勘平市長ら除幕式参加を目的としたツアー客や慰霊碑建立を発案した女優の黒田福美さんら。機動隊が見守る中、一行が公園入り口に到着すると、待ち構えた反対派住民ら約50人が「慰霊碑を撤去しろ」「日本人は帰れ」などと抗議のシュプレヒコール。混乱を避けるため黒田さんらは公園の外で合掌して哀悼の意をささげ、そのまま引き揚げた。

 抗議行動を行った光復会蔚山慶南連合支部の金炯甲(キムヒョンガプ)支部長は、報道陣に対し「わが国には独立運動などで多くの犠牲者がいるのに、日本人に協力した人々を慰霊できるのか」と説明。これに対し、兄が特攻隊員だったというソウル市の崔昌根(チェチャングン)さん(80)は「われわれは日本の軍国主義を恨むだけで、過去の感情を乗り越えていくべきなのに」と残念そうに語った。

 公園訪問に先立ち、泗川市当局者は日本人関係者らに謝罪した上で中止に至った経緯を説明。反対派が軟化するまで慰霊碑を別の場所で保管する考えを示した。
[PR]
by sakura4987 | 2008-05-12 16:39

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987