★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆「私の娘を100ウォンで売ります」



         北朝鮮の詩集出版 脱北の党所属作家

 (IZA 2008/9/8)

 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/176823/


 「私の娘を100ウォンで売ります」-。北朝鮮で起きた飢餓の惨状について朝鮮労働党所属の元作家が書いた日本版の詩集(晩聲社)がこのほど出版され話題となっている。詩集は今春、韓国で刊行されベストセラーとなった。4年前、飢餓の悲惨な目撃のメモを懐に抱いて中朝国境の河を渡った作者が、本紙のインタビューに応じた。

 泣き叫ぶ幼子を脇に「娘を100ウォンで売ります」と書いた紙を首にかけた口の不自由な女性。軍人が100ウォンを手渡すと、女性はどこかに駆け出し、パンを抱えて戻ってくると、別れゆく娘の口に押し込んで号泣した-。1999年、平壌市内の闇市場で目撃した場面という。北朝鮮で100ウォンは当時、卵半個の値段だった。

 90年代後半に300万人が餓死したとされる大飢饉(だいききん)の悲劇を扱った詩は全部で71編。「わたしたちのご飯は分厚い木の皮」など「米飯賛歌」からはじまり、生き残るための暮らしぶりや公開処刑、体制批判まで、生々しい言葉が連なっている。

 作者は張真晟(チャン・ジンソン)氏=仮名。30歳代半ばで金日成総合大学を卒業、朝鮮作家同盟中央委員会のメンバーとして金正日体制の宣伝・扇動を担当。2004年に脱北した。張氏はこういう。
[PR]
by sakura4987 | 2008-09-18 15:31

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987