★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆筆洗 (東京 2008/9/23)



 http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2008092302000145.html


 作家の司馬遼太郎さんには、四十歳以上の人と会っているときに<その人の顔をながめて、その人の人生を見学する秘(ひそ)かな愉(たの)しみ>があった。『顔の話』という題の随筆に出てくる

 リンカーンの故事を思い浮かべる人もいよう。司馬さんも紹介している。閣僚の人選で悩んでいた時、参謀からある人を推薦されたが、「顔がよくない」と拒否した話である

 戸惑っている参謀に対し、リンカーンは言ったという。<人間、若い間はまだ生な顔だが、四十を過ぎると、その人間の経験、思想、品様のすべてが第二の顔を作りはじめる。四十を過ぎた人は自分の顔に責任をもたねばならない>と

 司馬さんの筆によれば<その人が過ごしてきた人生が、一個の彫刻師として顔を作りあげる>のである。口では何とも言えるが、顔はごまかしが利かないということなのか

 顔といえば、自民党の新しい顔がようやく誕生した。六十八歳の麻生太郎氏。五人で争った総裁選だったが、圧勝だった。国民に一番人気があると思われたのである。総選挙近し、と誰もが感じている

 自民党と政権を争う民主党の顔となる代表の座には、一足早く小沢一郎氏が三選を決めている。六十六歳。二人とも自分の顔に責任をもつには、十分な年齢である。司馬さんが生きていたら、どちらが首相にふさわしい顔なのか、秘かに聞いてみたかった。
[PR]
by sakura4987 | 2008-09-29 15:06

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987