★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆苫米地英人×前田日明 格闘界に続き政治もぶっ壊す!(後編)



 (日刊サイゾー 2008/11月号)

 http://www.cyzo.com/2008/10/post_1069.html


拉致被害者を守れずに専守防衛とは何事か

【前】 確かに、本当に優秀な人材だけで構成すれば、3分の1で十分。一般社会のほうが、優秀な人がごまんといる。それまで、政治家になる人は、見識だとか、いろんなものを持っている人だと思ってたけど、全然そうじゃなかった。

【苫】 今の若い議員って、政治家というポジションをブランドのように考えてるからね。議員になるのが最終目的、みたいな感覚で選挙に出ている奴が多い。この前、ある若手議員の結婚式があったんだけど、新郎が挨拶で「総理大臣になります」とか言ってて。そうではなくて、環境問題をどうしよう、とか、議員になったら何を日本のためにするかが重要じゃない? 上の世代の政治家が腐ってるっていうけど、今若手で議員になりたがっている奴はもっと腐ってるから。それを叩きなおさなくちゃいけない。それがまさに、「前田日明議員」の仕事なんだよ。そういうの得意でしょ? 「THE OUTSIDER」で、不良少年たちをガンガン更生させてる最中なんだから。

【前】 今後、選挙に出るかどうかはまだ考え中だけど、俺みたいな奴がもし議員になったら、今言ったような、環境汚染の実態とか、官僚の汚職なんかを国民に知らしめたい。そうなると、参議院ではダメかも知れない。衆議院なら、予算委員会に出ると、あれ、テレビで中継されてますからね。あとね、自衛隊の問題もある。専守防衛っていうじゃないですか。国民と国土を守るっていう。でも実際は、国民が北朝鮮に拉致されている。拉致被害者、一説には700人って言われてますよ。国土にしても、竹島や尖閣諸島、両方他国に占拠されてるじゃないですか。国民がさらわれて、国土が侵されてるのに、自衛隊は何を守ってるの? っていう話ですよ。

【苫】 自衛隊なんかに約5兆円の防衛費を使うんじゃなく、『沈黙の艦隊』(講談社)じゃないけど、核保有国からそれぞれ1隻ずつ、核弾頭を積んだ原潜をリースして、有事の際は侵略してきた国を核ミサイルで攻撃する、という契約を結んだほうが、よっぽど抑止力があるし、コストもかからない。

【前】 日本は本当の意味で独立しないとダメですよね。フランスなんか、第二次大戦では連合国に助けてもらったくせに、国内で英語で話しかけられたら無視するって話があるけど、日本もあれぐらい尊大になっていいんですよ。でも、軍備を増強しろとか、徴兵制にしろとか言っているわけじゃない。情報が大事なんですよ。今、重要な情報って、ほとんどアメリカとか、外国の情報機関経由ですからね。日本と、日本人にとって有益な情報というのを、日本自らが集められるようにしないと。そのためには、日本に独自の情報局を作る必要がありますよ。

【苫】 前にも「サイゾー」で話したけど、日本は連合国から独立してないからね。サンフランシスコ講和条約の原文を読む限り、外交権が認められていない。今の自民党は自分たちの権益を守るために、アメリカの言いなりだから、次の選挙で民主党が勝ったら、まずは独立宣言をしてもらわないとね。
(構成・逸見信介/「サイゾー」11月号より)


■苫米地英人(とまべち・ひでと)

 1959年生まれ。脳機能学者、計算言語学者、分析哲学者。カーネギーメロン大学大学院で博士号を取得。脱洗脳のエキスパートとして、オウム事件の捜査にも貢献。祖父は元国会議員の故・苫米地英俊。近著に『超人脳の作り方』(アスコム)、『自伝ドクター苫米地』(主婦と生活社)など。


■前田日明(まえだ・あきら)

 1959年生まれ。リングス代表。プロレスラー、総合格闘家として、数々の伝説を残す。現役引退後も、常にエポックな格闘技イベントをプロデュースし続けている。素人の不良同士をリングで闘わせる「THE OUTSIDER」は、チケットが即SOLDOUTになる人気イベントになっている。
[PR]
by SAKURA4987 | 2008-10-22 09:50

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987