★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆【次代への名言】チャーチル



 (産経 2008/10/15)


 ■「戦時において真実は、常に虚偽の塊にボディーガードされねばならぬほど貴重である」(チャーチル『第二次世界大戦』)


 第二次世界大戦で、母国と欧州を勝利に導いた英国の名宰相、チャーチルはすぐれた文筆家でもあった。1953年のきょう、大著の回

想録『第二次世界大戦』がノーベル文学賞に選ばれている。冒頭はそのなかの、ソ連との首脳会談でのことばである。「スターリンたちは

この発言に非常に感心し、会談は笑いさざめきあいながら終了した」などと続く。

 第二次世界大戦でチャーチルが描いた戦略はこうだ。米国にはまず欧州戦線に軸足を置いてもらい、ナチス・ドイツが屈服したあと、米

英は日本との太平洋戦線に集中する。ルーズベルト米大統領も「欧州戦線に勝利すれば、太平洋戦線も終結する。おそらく、一発の銃声、

一人の戦死者もなしに」という考えだった。

 しかし、事態の推移は深刻だった。チャーチルは沖縄戦の経験から、「日本での本土決戦となれば、150万以上の米英兵の命が失われ

る」と直感した。

 開発されたばかりの原爆を現状打開に使用する。両国の首脳にためらいはなかった。だが、チャーチルが「(米英間で原爆投下の是非が

議論にもならなかったという)この事実は後世、裁かれねばならない」とこの回想録で記すとき、彼の心には罪悪感が宿っていた-はずである。
[PR]
by SAKURA4987 | 2008-10-22 09:55

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987