★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆教師の「愛のむち」、保護者に同意要求 /蔚山



 (朝鮮日報 2008/10/14)

 http://www.chosunonline.com/article/20081014000035


 蔚山市蔚州郡にある温山中学校の学校運営委員会はこのほど、教師による「愛のむち」を認めることを決議し、保護者に同意を求めている。保護者の半分程度は同意したが、一部の保護者は反発しており、論争に発展している。

 26クラス810人の生徒が通う同校の学校運営委は先月末、委員長名で保護者に文書を送り、「教師の愛の体罰を認めることにした」と決議内容を説明し、保護者がそれに同意するかどうかを問う「体罰同意書」(写真)の提出を求めた。

 学校運営委は校長、教監(教頭)、教務部長など学校側関係者と保護者委員4人、地域委員二人の計9人で構成されている。決議文は9月19日に委員全員が出席した会合で採択され、委員3人は「教育的に同意すべき事柄ではない」として反対したという。

 同校関係者によると、家庭向けの文書配布から2週間がたった13日現在で80%以上の回答があり、半数以上が体罰に同意したという。

 保護者代表のファン・ホングン学校運営委員は決議文について、「思春期に入った生徒が授業中に教師の悪口を言って騒いだり、学用品を投げ捨てて教室を出たりするなど、教員の権威が崩れ、正常な雰囲気で授業ができない現実を心配する保護者の切迫した気持ちを盛り込んだものだ」と説明した。その上で、「少数の生徒による学校暴力が頻繁に起きても学校や教師は責任を取らない風土が漫然と存在する。自分の子供が体罰の対象になるかもしれないのに、(必要もなく)体罰を認めようというはずがない」と語った。しかし、一部保護者は「学生が非行に走ったとしても、学校内で教師の体罰を正当化してはならない。体罰で子供たちがすぐに変わるというのか」と反対の立場を示している。
[PR]
by sakura4987 | 2008-10-22 10:13

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987