★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆英国から:親子関係 失われた社会



 (世界日報 2008/12/9)


 実母が一歳半の子供を虐待死させたり、賞金欲しさに十歳の娘の誘拐劇を仕組むというショッキングな事件が最近相次いで大きく報道され、英国における家庭崩壊の病根の深さが改めて浮き彫りになっている。

 どちらのケースも母親がパートナーと同棲し、公営住宅に住んで社会給付をもらっていた点が共通だ。特に、娘の誘拐劇を演じた三十三歳の母親は、五人のパートナーとの間に七人の子供を生んでおり、家庭内の人間関係が複雑極まりない。しかし、事件に対する英メディアの報道姿勢は家庭問題よりも児童保護の問題を取り上げて、各自治体の児童福祉機関の責任追及に焦点を当てており、病根に触れることを回避しようとしているような気がする。

 事件の背景には、同棲カップルの増大、十代のシングルマザーを手厚く保護する福祉制度などがあるのだが、この国ではこれらは既成事実として社会的に問題視されないほどになっている。だが、外国人の目から見ていて異常に感じる。

 英国では親が子供をまともに養育できないため、社会施設に保護されている子供たちが何万人もいる。わが家に配布されてくるコミュニティー紙の表紙でも、十五歳までの子供たちを引き取ってくれる里親募集広告が毎週のように大きく掲載されている。家庭崩壊を黙認して、その犠牲者とも言える子供たちの保護や養育を他人任せにするのは本末転倒だ。まずは両親のそろった健全な家庭の育成が先決であり、本来の親子関係を取り戻すことが最も必要なことではないか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆行きずりの恋や不倫が多い国

 (ブログ壊れる前に 2008/12/01)

 http://eunheui.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-4711.html


人口1千万以上のOECD加盟国のふしだら度ランキングだそうだ。英タイムズ紙 "Britain on top in casual sex league" による。元の調査は New Scientist に載っているそうだが、ウェブでは見られなかった。

イギリス
ドイツ
オランダ
チェコ
オーストラリア
アメリカ
フランス
トルコ
メキシコ
カナダ
イタリア
ポーランド
スペイン
ギリシャ
ポルトガル

 48か国で14,000人を対象に、パートナーの数、行きずりの恋の数、今後5年間で何人と寝ると思うか、カジュアル・セックスという考えについてどう思うかを尋ね、sociosexuality という指数で数値化したらしい。

 上の順位表は人口1千万以上の国だけなので、全体ではイギリスの前にフィンランド、ラトビア、クロアチア、スロベニアなどの国々が入っているそうだ。最低点は(つまり、性について一番保守的なのは)は台湾。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆旅先で出会った男性と関係したことのあるイギリス人女性は約8割。

                    旅先へのコンドーム持参は6割

 (Telegraph 2008/7/10)

 http://chiquita.blog17.fc2.com/blog-entry-3368.html


 女性誌が旅行先でのセックスについてアンケート調査をとったところ、およそ8割の女性が旅先で出会った男性と関係したことがあると答えていることがわかりました。

 このアンケートは、日本でもおなじみの女性誌Moreの英国版、More magazineが、平均年薪25歳の女性2000人を対象にしたもの。

 相手となったのは、3分の1が訪れた先に住んでいる男性で、21%がホテルのスタッフ、18%がツアコン(tour rep)、2%は男性の客室乗務員で、女性の4分の1は口説かれた男性に誠意のないことがわかり、いったん帰宅してからも関係が続いているのというのはごく少数。

 また旅先での性的トラブルも多く経験しているようで、約5割の女性がじろじろと眺められるなど何らかのセクハラを受けたと語っており、3分の1の女性は旅行中に金品を奪われ、4%の女性が実際に暴行を受けた経験があるとも語っています。

 しかしながら、こうしたアバンチュールの多さに比べて、旅先にコンドームを持参すると答えた女性は60%にとどまり、感染症の危険もはらみます。

 記事元の英テレクラフ紙では、アバンチュールを楽しむ女性の割合よりも旅先にコンドームを持参しない女性の多さを問題にしているようですが、この調査結果について、More magazineの編集長、シャンテル・ホートンは、「それでも5、6年前と比べればあきらかにコンドームを持参する女性の割合は増えているわね。積極的に自衛策をとることに意識がかわったと思うわ」と述べています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆性的“ふしだら度”国別ランキング

 (英デイリー・メール 2008/11/30)

 http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2008/11/30/article-0-05794E7D0000044D-526_468x321.jpg


 http://www.dailymail.co.uk/news/article-1090612/Brits-casual-sex-league.html

※全データ:http://newsplus.jp/~mcqueen/uploader/src/up0349.jpg

 http://blog-imgs-40.fc2.com/n/u/k/nukohiroba/081202-2.jpg


 調査によると、英国の男女は世界で最も性的に“ふしだら”な部類であることが分かった。行きずりのセックス経験や性関係を持った人数、そしてフリーセックスに対する考え方などを指数化した国際的データでイギリスはアメリカ、オーストラリア、フランス、オランダ、イタリアやドイツよりも上位なのだ。この結果は宗教的な罪の意識が希薄化してきたことや男女平等の進展、そして大衆文化がより性刺激的になってきたことと無関係ではないだろう。

 この調査は米ブラッドリー大学のデヴィッド・シュミット教授(心理学)らのグループが行ったもので48ヶ国、約1万4000人を対象にアンケートを取り、それを「社会の性的指向性」指数に指数化したものだ。英国は指数40ポイントで総合11位だが西側主要先進国の中では最上位である。最高はフィンランドの51ポイント、最低は台湾の19ポイント。(以下略)


■性的“ふしだら度”国別ランキング

 (48ヶ国対象。11位以下は抜粋 ロシアと中国は対象外れ)

(1)フィンランド 50.50 (2)ニュージーランド 47.69 (3)スロベニア 46.36 (4)リトアニア  46.10  (5)オーストリア 45.73   (6)ラトビア 43.93 (7)クロアチア 42.98  (8)イスラエル 40.95 (9)ボリビア 40.90 (10)アルゼンチン 40.74 (11)英国 40.17 (12)ドイツ 39.68(14)オランダ 39.34 (19)ブラジル 37.93 (21)オーストラリア 37.29 (22)米国 37.05 (23)フランス 36.67 (28)カナダ 34.52 (29)イタリア 34.37  (31)スペイン 33.72 (43)日本 24.10 (44)香港 22.98 (46)韓国 22.31 (48)台湾 19.22

  ※全データは写真を参照
[PR]
by sakura4987 | 2008-12-13 10:58

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987