★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆和包丁 米国でモテモテ…シェフもワイフも愛用



 (読売 2009/3/9)

 http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/news/20090309gr02.htm


■研ぎ方を教える販売店も

 米国で和包丁が人気を集めている。日本食ブームを背景に、プロの料理人から家庭の主婦まで愛用者が広がった。繊細な切れ味に加え、職人の技と心が込められた道具である点も魅力のようだ。

 ニューヨーク市内のチェルシー・マーケットにある台所用品店「バワリー・キッチン」。ショーケースやレジの後ろの壁にずらりと包丁が並ぶ。ドイツ、イタリアなど世界各地の商品を取り扱うが、中でも、日本の和包丁の人気が高いという。価格は100ドル~300ドル程度(約1万~3万円)が主流だ。

 オーナーのロビン・コバルさんは、「日本の包丁は切れ味が抜群。レストランのシェフだけでなく、最近は、料理好きの主婦が買い求める姿も目立ちます」と話す。

 バワリー・キッチンで取り扱っているのは、奈良に本店を置く刃物店「菊一文珠四郎包永」の包丁。10年ほど前に米国に進出した菊一のニューヨーク店によると、日本食レストランが増えて需要が伸びたほか、4年前から放映されている料理バラエティー番組、米国版「料理の鉄人」で、日本人シェフが和包丁を愛用し、人気に火がついたという。現在、菊一の商品は全米の台所用品店約100店などで販売されており、売り上げは日本国内分を上回る。健康志向の高まりから、繊細な料理を作る人が増え、ここ1、2年で家庭にも浸透しているという。

 ニューヨーク市内にある日本の調理器具取扱店「コーリン」では、大阪・堺の職人が手作りした和包丁、約450種類を販売。価格は40ドル~5000ドル(約4000~50万円)と幅広い。ひっきりなしに品定めする人が訪れる。

 10年ほど前まで主な購入者は日本食レストランだったが、この5年ほどで、フランスやイタリア料理など様々なレストランで和包丁が使われるようになったという。店を訪れていた中国人シェフの男性(36)も「切れ味が気に入っている。10年近く愛用している」と話していた。

 和包丁は、使い方や維持に注意が必要。店では一生使い続けてもらえるよう、包丁の歴史や職人の作業工程をパンフレットやDVDで紹介、包丁の研ぎ方を教える研修会も開いている。

 良質な鉄と鋼を使い、職人が手作りで仕上げる日本の包丁。「1本の包丁にかける職人の熱い思いを知り、ほれ込むアメリカの料理人も多いんですよ」とコーリン社長の川野作織さん。修理や研ぎを繰り返し、長く愛用する人が増えているという。
[PR]
by sakura4987 | 2009-03-11 07:12

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987