★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆中国対日観:「清潔さ」を徹底追及したニッポンに脱帽



 (searchina 2009/3/17)

 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0317&f=column_0317_010.shtml


  中国網(チャイナネット)はこのほど、日本旅行記を掲載した。日本人が清潔さを徹底的に追求していることに驚いたという。

  日本を訪れた中国人の多くが「どこに行っても清潔だ」と語る。筆者も同感だったという。道路は、ついさきほど水洗いしたように清潔。どの地方に行っても同じだ。にぎやかな場所に行っても空気から煙や排気ガスの臭いは感じられない。もちろん、どこにもごみなど落ちていない。

  高速道路のサービスエリアでも、名所旧跡でも、トイレの清潔さは高級ホテル並み。筆者は「日本の清潔さは、国土の63%が森林で、周囲が海だということも影響しているが、それだけではない。日本人が清潔さを厳しく追及してきたため、現在の姿ができあがったことを認めなければならない」、「日本の清潔さは、人を気持ちよくさせる」と論じた。

  また、日本式家屋では靴を脱いで入室することにも注目。「足が寒ければ、スリッパを使う。上履きを使うのは幼稚園や学校も同じだ。土ぼこりが室内に入るのを防止することが目的だ」と紹介した。

  また、魚市場を見学した際にも、通路は完全に清潔に保たれており、「汚水の1滴、ごみのひとつも見ることはできなかった」という。大きな魚市場の中に、「いやな臭いはまったくなく、海の香りがするだけだった」と紹介した。

  筆者は日本に来る際に利用した全日空機の客室乗務員にも言及。押し付けがましさをまったく感じさせない、乗客の心を暖かくする繊細な心配りのサービスに感じ入ったという。

  日本滞在経験がある中国人によると、海外旅行により自国の具体的な問題点と改善の必要を実感する中国人も多い。短期間の旅行では表面的な理解しかできないが、それでも自国を客観的に見る機会は貴重だという。

  特に、中国国内でマイナスイメージで語られることが多い日本に対しては、旅行を通じて「自分たちより進んでいる点が数多くある」と改めて見直す人が多いという。
[PR]
by sakura4987 | 2009-03-21 12:58

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987