★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

2009年 05月 22日 ( 24 )



 (recordchina 2009/5/17)

 http://www.recordchina.co.jp/group/g31500.html


 日本に働きに来て間もない頃、私は毎日疲れていた。職場が遠かったこともあり、地下鉄に乗る時はいつも座りたかった。電車がホームに入ってくると、目を皿のようにして空席を探す。ドアが開いた途端、並んでいる人がいようが下りてくる人がいようがお構いなく、空席に向かって突進すれば必ず座れた。だが、しばらくすると少し不安になった。なぜいつもライバルがいないのだろう?人混みをかき分けて乗り込んでいくとみな道を開けてくれる。列が乱れることもない。

 ある時、ホームにはいつものように長い列が作られていた。空席はたった1つ。私はドアが開いた途端に思いっきり駆け込んだ。ところがこの時はもう1人、ライバルがいた。しかし、相手の動きが遅いのが幸いして、私は無事に席をゲットする。だが、良く見ると相手は老人だった。私のおじいさんくらいの年齢か。私はゆっくりと席を立ちあがった。車内中の人が私を見ている。老人は私に何度もお礼を言った。私は慌てて別の車両に移った。それ以来、私は列に並ぶようにしている。

 また、ある雨の日。私は水が滴る傘を持って地下鉄に乗った。ちょうどラッシュの時間帯で車内は混んでいた。突然、私の傘が誰かの服に引っ掛かり、傘の骨が曲がった。ちょうど私が何か言おうとした瞬間、相手が先に口を開いた。「すみません、服があなたの傘に引っ掛かってしまいました」。相手は言い終えると、自分の服から傘を外した。私は何も言えなかった。もし相手が何か言いがかりをつけてきたら、絶対に口論になっていただろう。だが、相手は先に謝った。それどころか、自分の服が悪いという言い方をした。私は返す言葉がなかった。その後また、別の人の服に傘が引っ掛かった。だが、この時も相手は「すみません」と言い、軽く会釈までした。私は少し恥ずかしくなり、慌てて「すみません」と返した。その時、私の横に立っていた小学生が「おじさん、傘をたためば良いんだよ」と言ってきた。傘をたたむ?私はその子に冷たい視線を向けた。電車に乗るたびに傘をたためというのか?「おじさん、みんな傘をたたんでいるよ。そうすれば他人に迷惑をかけないでしょう?」とその子は私の視線などお構いなしに続け、自分の傘を見せた。私はこっそりと周りを見渡した。その子の言う通りだった。それ以来、私は傘をたたむということを念頭に置いている。

 ある日、日本に出張に来た女友達に付き添って洋服を買いに行った。彼女はいろいろ見て回った末に気に入った物を見つけた。女性は洋服を選ぶのにものすごく時間がかかる。彼女に「なぜどれも生産地が英語で書かれているの?」と聞かれたが、すでに面倒になっていた私は適当に「外国からの輸入品か日本からの輸出品だ」と答えた。だが、買って帰った後に良く見ると「メイドインチャイナ」という表示が。彼女は大泣きした。せっかく日本で洋服を買うために何日もカップラーメンで節約したのに、中国製のものを買うなんて…。私は思い切って「返品しよう!」と言った。

 「返品できるの?」と彼女は疑いの眼差しで私に聞いた。「理由はどうするの?中国製だから、で通用するの?」
「それは…」と私は一瞬言葉に詰まったが、「小さすぎたことにしよう」と続けた。
「買う前に試着したわよ。返品できなかったらどうしよう?」

 適当な理由も見つからないまま、私たちはとにかく買った店に向かった。私はたどたどしい日本語で一生懸命に理由を説明した。緊張のあまり少し震えていた。すると女性店員は笑顔で「構いませんよ。お気に召さないのならすぐに返品処理いたしますから」と言いながら、お金を返してくれた。その後、私たちを出口まで送り、「ありがとうございました」と言いながら深々とお辞儀をした。

 彼女は少し申し訳なさそうに「もう少し店内を見てみようか。他に良いものがあるかも知れない」と言った。私たちがもう1度店内に戻ると、先ほどの女性店員はまた深々とお辞儀をし、私たちが物色するのをじっと見守った。そして、彼女はその店で「メイドインジャパン」の服を買った。(男性/東京在住)
[PR]
by sakura4987 | 2009-05-22 13:41

我々の先人は何代にもわたって、『論語』を通じて「よき生き方」とは何か、を考えてきた。


■1.幼稚園児が「己の欲せざる所、人に施すこと勿(なか)れ」■

 ある幼稚園でのこと、友だちをいじめている子に向かって、「己の欲せざる所、人に施すこと勿(なか)れ」と言った園児がいた。まさにその場にふさわしい『論語』の一節だった。

 それを聞いて驚いた幼稚園の園長が、親に電話して「お宅では、どんな教育をしているのですか」と聞いた。「家では『論語』を素読しています」という答えが返ってきたという。

 意味が分からないのに、『論語』の素読をするなど無意味だ、押し付けだという人がいます。しかし、子供でもその意味は、直感的に分かるのです。[1,p19]

 弊誌546号[a]で紹介した『子供と声を出して読みたい「論語」百章』の著者・岩越豊雄氏が、その続編で語られた一節である。

 続編では、『論語』の代表的な章をいかにも子供にも分かるように易しく説いている。 [1,p2]

 今回、続編をまとめていて、つくづく感じたことは、江戸時代の儒学者、伊藤仁斎や荻生徂徠がそうであったように、孔子を聖人として祭り上げるのではなく、孔子の大きく豊かな人柄を、その言動から学ぶということでした。

 岩越氏の解説から浮かび上がってくる孔子は、誠実で思いやりのある人柄である。江戸時代の国学者で儒学を嫌った本居宣長でさえ「よき人、孔子」と呼んだ。そういう人物が、弟子たちとの日常的な語り合いの中で発した言葉を集めたのが『論語』である。だから、子供でも直感的にその意味を感じ取れる章句が少なくない。


■2.「それぞれ、日ごろの志を言ってみては」■

 孔子の人柄は、次のような弟子との会話から、浮かび上がってくる。

 ある時、孔子は側に仕えていた弟子の顔回と子路に、「どうだね、それぞれ、日ごろの志を言ってみては」と問いかけた。

 まず子路が答えた。「私の願いは、車や馬や着物や皮衣を友にこころおきなく使ってもらい、壊れたり破られたりしても惜しまない。そのような気のおけない交際をしたいものです」と。

 子供の間でも、物を貸したり借りたりすることがあるだろう。そういう時に、惜しまずに貸せるような友達づきあいをすることが、子路の理想だった。

 次に顔回が答えた。「私の願いは、自分の善を誇ることなく、つらい骨折り仕事を人に押し付けないようにしたいものです」と。

 これも子供が善いことをしても自慢したりすることなく、また教室の掃除や家でのお手伝いをすすんでするのと同様である。


■3.「老人には安心され、友人には信じられ、子供にはなつかれる」■

 その後で、子路が言った。「今度はぜひ、先生のお志をお聞かせ下さい」と。

 子(し)曰(いわ)く、老者(ろうしゃ)はこれを安んじ、朋友はこれを信じ、少者(しょうしゃ)はこれを懐(なつ)けん。

 先生がおっしゃった。「老人には安心され、友人には信じられ、子供にはなつかれる、そういう者でありたい」と。

 どこにでもいそうな善い人の生き方である。そういう当たり前の生き方を、孔子は目指していたのだ。岩越氏はこの部分を次のように説明されている。

 孔子の弟子、顔回と子路の性格がよく表れていておもしろい章です。

 気の早い子路が真っ先に発言し、その後に何事も謙虚な顔回が言うところにも、それが表れています。また、子路は気が置けない友情を言い、顔回は、己の善を誇らぬ謙虚さと、他への思いやりを言います。外向的な子路と内省的な顔回の違いもよく出ています。

 孔子の答えは、老人、友人、子供とそれぞれの世代全般への信頼と、親しみに満ちた言葉です。さすが大人の風を感じます。それにしても肩のこらない、孔子学園の暖かさを髣髴とさせる章です。[1,p87]

 孔子は、抽象的に善を説くのではなく、あくまでも具体的な日々の生活の中で、人から「安心され、頼られ、なつかれる」という生き方を目指した。だからこそ、子供にも直感的に理解できる所があるだろう。


■4.「素直な心」とは■

 前々節で「私の願いは、自分の善を誇ることなく、つらい骨折り仕事を人に押し付けないようにしたいものです」と言った顔回は、孔子の弟子の中でも、誠実さを絵に描いたような人物である。孔子は顔回について、こんな評を残している。

 子曰く、われ、回と言う。終日違(たが)わず、愚(ぐ)なるがごとし。退いてその私(わたくし)を省(せい)すれば、またもって発するに足る。回や愚ならず。

 先生がおっしゃった。回は私と一日中話していても、まったく素直に聞き入るだけで、反問するでもなく、愚かのように思える、ただ、席を退いてからの、回の行いを見ると、教えを十分生かしていて、教え甲斐があることが分かる、回は愚かではない。[1,p37]

 岩越氏は、素直さについて、松下幸之助の言葉を引用して解説している。

 経営の神さまといわれた松下幸之助氏は「素直な社員はよく伸び、仕事もできる」と言っています。

 そして「素直な心」とは、私心にとらわれない心(自分のことばかり考えない)。謙虚に耳を傾ける心(人の話をよく聴く)。すべてに学ぶ心(先生や親はもちろん、友達や自然からも学ぶ)。寛容の心(人を広く受け入れる)。人を愛する心(多くの人に愛の手を差し伸べる)、と言っています。

 そして、このような素直な心が養われると、ものの真実が見えてくる(本当のものが見えてくる)。ものの価値が分かる(もののよさが分かる)。融通無碍になる(自由自在にものを考えることができる)と言っています。

 まさに一見、愚に見えた素直な顔回の境地そのもののように思えます。[1,p37]

 こういう解説なら、子供でもある程度、理解できるだろう。幼稚園や小学校では、活発に発言し、皆を引っ張っていく子供こそ「できる子」と考えやすい。しかし皆がそういう姿を目指したり、そうできない子が劣等感を持つのは問題である。

 口数は少なく一見愚鈍に見えても、人の話をよく聴き、思いやりのある素直な子供こそ「よく伸びる子」だと教わることは、子供達が自分の生き方を、落ち着いて考える出発点となるだろう。


■5.「そうだね、私もお前と同じ、回には及ばないね」■

 顔回の人となりは、次の章にも出てくる。

 子、子貢(しこう)に謂いて曰く、女(なんじ)と回(かい)といずれか愈(まさ)れる。対えて曰く、賜(し)や、なんぞあえて回を望まん。回や一を聞いてもって十を知る。賜や一を聞いてもって二を知るのみ。子曰く、如(し)かざるなり。吾と女(なんじ)と如かざるなり。

 先生が子貢に向かっておっしゃった。「お前と回とでは、どちらが優れていると思うかね」 お答えした。「私など、とても、回の足元にも及びません。回は一を聞けば十を悟るほど、察しのよい人です。私など、一を聞いてやっと二が分かるぐらいな者です」 先生がおっしゃった。「そうだね、私もお前と同じ、回には及ばないね」

 「賜(し)」とは子貢の名。子貢は顔回より一つ年下で、頭の良さにかけては孔子に優るともいわれた、目から鼻に抜けるような才人だった。これに比べて、顔回は上述したように、愚直な人だった。この二人をあえて比べる質問を、当の子貢にした所に、孔子の教えの妙がある。

 孔子は、子貢の率直な答えをよろこび、「お前だけではない、この私も顔回に及ばない」といって子貢を慰めたとしています。孔子は心からそう感じたのだと思います。

 朱子の説は「吾(われ)女(なんじ)に如(し)かざるを与(ゆる)さん」と読み、「彼に及ばないという、お前の意見に賛成する」としています。これでは孔子の心の暖かさが伝わってきません。荻生徂徠はこの説を「聖人の心を知らず」と批判しています。[1,p78]

 朱子の読みでは、孔子は上から二人を比べ、「お前の方が下だ」と冷たく言っていることになる。それに対し「私もお前と同じ、回には及ばないね」という読みでは、孔子の謙虚な心が伝わってくる。同時に、子貢に対して、才能では顔回に及ばなくとも、一緒に学問の道を歩んでいこう、と励ます暖かさがある。

 こうした心遣いができる人こそ「聖人」であると、荻生徂徠は読んだのである。我が先人たちの学問の深さを垣間見せる一言である。


■6.仁者の生き方■

 孔子の目指した生き方を表した言葉が「仁」である。『論語』の中には、58章で109回、「仁」という言葉が出てくるが、孔子は「仁」の意味を抽象的に説明したりはしない。ただ、仁を持つ人は、こういう人だと、あくまでもその具体的な生き方に即して説く。

 子曰く、富と貴(たっと)きとはこれ人の欲するところなり。その道をもってこれを得しにあらざれば処(お)らざるなり。貧と賤(いや)しきとはこれ人の悪むところなり。その道をもってこれを得しにあらざれば去らざるなり。君子は仁を去りて、悪(いず)くにか名を成さん。・・・

 先生がおっしゃった。豊かさと高い位は誰もが求めるものだ。しかし、正しく生きてそれを得たものでなければ、そこに止まろうとは思わない。貧しさと低い位は、誰もがいやがることだ。しかし、それが正しく生きてそうなったのであれば、甘んじてそれを受ける。志ある人は、「仁」を抜きにして名を成そうとは思わない。

 金持ちや地位のある人が、かならずしも「偉い人」とは限らない、という事を教えた章である。岩越氏はこう説明する。

 貧困や地位身分の低さは、多くは自分の努力や仁徳のなさがもたらすものです。ただ、いくら努力しても、仁徳があっても、世に認められず、貧しく、地位もないということはあります。本当に仁徳のある人は、その境涯も楽しむことができる。だからあえて去らないというのです。「貧にしてその道を楽しむ」とあります。それが本当の意味での仁者ということです。・・・

 ともかく、人としての正しい生き方、世のため人のためを思う「仁」を抜きに名をなそうとは思わないということです。[1,p67]

 金や地位があっても周囲にいばっている人と、つつましい生活をしていても、自分の仕事に打ち込み、周囲の人々のために思いやりをかける人と、どちらが偉いか。どちらが幸福か。そういう問いかけを子供にするのも、大切なことだろう。


■7.「自分を磨く師や友を得る」■

 それでは、どうしたら仁の心を持てるのか。ここでも、孔子が説く道は、実生活を離れない。

 孔子は人から学ぶことをよく説いています。学而1-6には「汎(ひろ)く衆を愛して仁に親(ちか)づき、行いて余力あればすなわちもって文(ぶん)を学ばん」とありました。「仁に親づき」とは「仁徳のある人に近づき、師として学べ」ということです。また、述而7-21では「三人行くときには、必ず我が師あり」とも言っています。

 また、季氏16-4に「直(なお)きを友とし、諒(まこと)を友とし、多聞(たもん)を友とするは益なり」とあります。直言して隠すことのない人、誠実で裏表がない人、見聞の広い人を「益者三友」といい、付き合って有益な友としています。[1,p211]

 子供なら、まずは親や先生など身近な所で尊敬すべき人を見つけることが、生き方を学ぶ近道である。あるいは、偉人伝などで心に響く人物を見つけるのもよい。単に知識を身につける勉強とは、まったく違う、生きた学問の世界がそこにあることに気がつくだろう。それこそ、子供の一生涯を導く灯火となる。


■8.「よき人、孔子」と日本人■

 子供と『論語』を素読しながら、こんな事を話し合うというのは、人間としての生き方を学ぶ上で、実に意味のあることではないか。

 そういう会話の中から、子供はどういう生き方が良いのか、考えていく。冒頭で紹介した、いじめっ子に向かって「己の欲せざる所、人に施すこと勿(なか)れ」と注意した幼稚園児は、その好例である。

 『論語』は「よき人、孔子」がどんな生き方を目指したのか、その具体的な言動を通じて語った書である。我々の先人は何代にもわたって、この書を通じて「よき生き方」とは何か、を考えてきた。逆に、「よき人」孔子の生き方が、日本人の心の琴線に触れたからこそ、この書が千年以上も愛読されてきたのだろう。

 子供と『論語』を声に出して読むことは、そうしたわが国の先人が大切にした生き方につながっていくことになるのである。(文責:伊勢雅臣)


1. 岩越豊男『続・子供と声を出して読みたい『論語』百章』★★★、致知出版社、H21http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4884748433/japanontheg01-22%22
[PR]
by sakura4987 | 2009-05-22 13:40


 (産経 2009/5/21)


 オバマ米大統領は19日までに、次期駐日大使にカリフォルニア州シリコンバレーの弁護士ジョン・ルース氏(54)を指名する方針を決めた。近く正式発表する。ルース氏は昨年の大統領選で、同州でのオバマ氏の資金調達の共同委員長になるなど早くから大統領を支援した。候補として名前が挙がったハーバード大ジョセフ・ナイ教授やノーマン・ミネタ元運輸長官と比べ、日本との関係は深くはなく、大使指名は事実上の「論功行賞」といえる。

 最近の駐日大使は、モンデール元副大統領、べーカー元上院院内総務らいわゆる「大物」が多かった。政界出身ではないルース氏は、前任のシーファー氏と同様、大統領との近さが“売り物”といえる。

 ルース氏はスタンフォード大法科大学院を修了後、弁護士となり、当初はロサンゼルスの名門法律事務所に所属した。同氏がスタンフォードの法律雑誌に語ったところによると、1985年にハイテク企業の成長を見越してシリコンバレーに移り、IT(情報技術)企業の合併や買収を手がけてきた。検索最大手グーグル、映像制作会社ピクサーなども設立当初から顧客としてきたという。

 政治活動では、84年に民主党のモンデール氏の大統領選を手伝った。オバマ大統領とは2005年に開かれた夕食会に参加して以降、接点が深まった。オバマ氏が07年2月に大統領選に出馬表明する数日前、自宅で資金集めパーティーを開いた。

 オバマ氏の大統領選における「早くからの、しかも最大の資金調達協力者の1人」(米紙ニューヨーク・タイムズ)と形容されるように、オバマ氏勝利の要因となったインターネットなどを使った多額の選挙資金集めの一翼を担ったといわれている。
[PR]
by sakura4987 | 2009-05-22 13:40


 (産経 2009/5/20)


 「友愛外交」だと聞いて暗い気分になった。民主党の鳩山由紀夫新代表が祖父、鳩山一郎元首相のキャッチコピー「友愛」を外交に結びつけた。友愛は人道主義だから一郎氏のように国内向けなら結構だ。NHKの大河ドラマ『天地人』の直江兼続に倣って「愛」を語るのもいい。

 しかし、国益のために牙を研ぐ外交の世界ではそうはいかない。核を振り回し、空母をつくることを豪語する「腹黒外交」相手に、「友愛外交」では太刀打ちできない。失敗して迷惑するのは、党員でなく国民になるから厄介なのだ。

 なにしろ、大陸の中国は「十八史略」や「韓非子」なみに権力政治の手管を駆使する国である。いにしえより陸続きに蛮族がいて、力くらべの末に、いまの中華人民共和国ができている。中原に鹿を追うリアルな計算を優先し、ハナから相手を信用しない。

 ロシア? こちらは戦後のモロトフ外相の口癖ではないが「万物は流転する」。約束事も平気で反故(ほご)にする伝統の国だ。古くは日ソ中立条約を一方的に破棄して満州に攻め入ったし、北方領土の返還も素知らぬ顔である。政治の「流転」を知るはずのモロトフですら、フルシチョフ首相に粛清されてしまった。

 友愛外交で独裁者と安易に「腹を割って話す」のもどうか。オバマ米大統領も似たようなことをいったが彼は自在に変節する。イランや北朝鮮の独裁者とも無条件で会うといいながら、「米国の安全に有益なら」とすぐ修正した。

 あちらは世界最強の超大国であり、あの「核廃絶」提案が実現しても、通常兵器も最強だから圧倒的な地位は変わらない。どこか計算され、ただ友愛を唱えるのとはわけが違う。もっとも、鳩山さんにもある種の変節はある。

 自民党の中川昭一政調会長(当時)が3年前、核保有について「議論はあっていい」と語ると、「議論自体も許されない」とやった。だが、その7年前に、彼が正反対のことをいっていたことをご記憶か。西村真悟元防衛政務次官の核武装発言に関して、「議論すらいけないという発想はいかがか。本質論をえぐる議論をしていきたい」と述べていた。

 鳩山さんの発言にもウラがあるけれど、それは国内政局という狭い世界の「誠心誠意のウソ」(三木武吉)とはいえないか。ご説の通り、防衛の本質をえぐる議論をしていただきたい。

 ところが、15日の公開討論会では憲法改正を「大上段に構えている余裕があるのか、ないのか」だし、集団的自衛権も「すべてができないというべきでもないし、すべてやっていいという話でもない」という。曖昧模糊(あいまいもこ)というべきか、同盟関係にある米国も「だから?」と聞きたいだろう。

 小沢一郎前代表は米軍駐留は「第7艦隊だけで十分だ」と中国や北が喜びそうなことをいったが、それなりに明快だった。鳩山さんの曖昧さは、政権奪取後の自由度を確保しておくためなのか。それにしても記者会見は、甘い幻想をちりばめており、政権党の責任に不安が残る。

 「愛」のカブトをいただく直江兼続は、上杉家第一の戦略家であった。用兵が巧みなうえに、情報収集に忍びを多用し、敵将に金銀をつかませて籠絡(ろうらく)した。「愛」のウラは「策」であり、人々の繁栄と安全を確保する「腹黒外交」の達人であった。いまは、鳩山外交が腹黒く変節することを願うばかりである。
[PR]
by sakura4987 | 2009-05-22 13:39


 (世界日報 2009/5/20)


 中国が東シナ海の排他的経済水域(EEZ)について、二百カイリを超えて大陸棚の延伸を求めた文書を国連に提出した。日中両国政府間の従来の合意を覆す一方的な措置であり、中国政府に厳重に抗議するとともに、国連への対応策を早急に取る必要がある。

■法的立場損なう行為

 日本と中国の間では、東シナ海におけるEEZの境界線が画定していない。国連海洋法条約では、基線(領土)から二百カイリの海洋を沿岸国のEEZとして経済利用面での優先権を認めている。ところが、東シナ海における日中海岸線の間隔は四百カイリ未満であり、両国のEEZの権利はお互いの領土の近くにまで及んでいる。

 これまでの日中両国政府間の話し合いでは、日本は日中両国の「中間線」で境界を画定するよう提案。これに対し中国側は大陸棚自然延長線論を唱え、沖縄海溝まで中国のEEZであると主張して、決着は付いていない。こうした状況下で、中国が二〇〇四年、中間線の西側で海底ガス田の開発・採取を開始したことが判明、日本は中国に抗議している。

 海洋法条約では、境界が未画定の場合は、中間線の中国側といえども、日本側の基線から二百カイリの海域内を中国側が勝手に利用することは許されない。中国側はそれを無視してガス田の開発・採取を開始したのである。

 その後、境界画定まで過渡的に該当海域での海底資源については日中が共同開発することで合意。二〇〇八年六月に、境界画定まで「双方の法的立場を損なうことなく協力する」との『政治的合意』を結ぶに至った。今回、中国が大陸棚の延伸を求める文書を国連に提出したことは、明らかに日本の「法的立場を損なう」行為である。

 中国には、国連での常任理事国の立場を利用し、強引に大陸棚自然延長線を押し付けようとの思惑があるのだろう。EEZが重複する事例は多いが、その際は両国間の話し合いで決着するか、国際司法裁判所に判断を委ねる方法が取られている。

 中国の唱える大陸棚自然延長線論は、七〇年代前半までは国際社会で領域問題の論拠として一定の影響力を持っていた。だが、八二年の海洋法条約では、大陸棚の境界画定条項では「自然延長基準」論は退けられ、「衡平」が基準とされている。それ故、話し合い決着の場合はむろん、「リビア・マルタ島大陸棚事件」をはじめとする国際司法裁判所の判決でも、「自然延長線論」は退けられ、「中間線」が採用されている。

■超党派で毅然と対応を

 中国は強化された軍事力を背景として膨張主義政策が顕著になっている。東シナ海周辺諸国からの西・南沙群島の軍事力による奪取などはその現れだ。

 今回の中国の措置は麻生内閣の北方領土に対する無原則的な妥協姿勢、歴代内閣の対中低姿勢外交、国内政局の混乱などの日本の足元を見た対応といえる。国連海洋法条約は権利を認めただけであり、国連は権利侵害を救済してくれない。領域などの問題は超党派で毅然たる態度を取ることが望まれる。
[PR]
by sakura4987 | 2009-05-22 12:46


 (ZAKZAK 2009/5/19)

 http://www.zakzak.co.jp/top/200905/t2009051934_all.html


■店側「帰れと言うの難しい」

 《休校をいいことに、見るからに高校生がマスクもせず大勢うろうろしとる どないなっとるねん!!補導してくれ!!》。

 新型インフルエンザの影響で、大阪や兵庫のほとんどの小・中・高校が休校になった18日、インターネットの掲示板にこんな書き込みがあふれた。ヒマと体力を持てあました高校生たちが、学校や自治体などの注意もどこ吹く風とばかりに早速、繁華街に繰り出しているというのだ。休校は最大1週間続くだけに、カラオケ店やゲームセンターなど生徒の出没スポットは対応に苦慮している。

 文部科学省によると、大阪、兵庫の休校措置は4043校という。集団感染を防ぐための措置だが、症状の出ていない生徒らにとっては、思いがけない“長期休暇”が与えられた格好だ。

 ネット掲示板には18日の朝から《休校になった♪》《じっとしてたら損だからユニバ(ユニバーサルスタジオ)遊びにいきまーす!》などの書き込みが載り始めた。その後実際に、大阪や神戸の繁華街では、生徒らの姿が目立ち始めた。

 カラオケ店「ジャンボカラオケ広場 阪急東通3号店」には18日午前だけで、20人以上の高校生が来店した。同店では受付で学校名を確認し、休校になっている学校の生徒は入店を断ったという。大阪・箕面市のゲームセンター「ナムコランド 箕面店」にも午前中に小中学生が数人来店。「指導するかどうか店でも協議したが、強制的に追い返すわけにもいかないし、『もう、ええんちゃう』となった。家に帰れ、と店が命じるのは難しいですし…」と同店の店長。

 通り沿いのスポーツ用品店には午前中から20人あまりの高校生が来店。

 「マスクをしていない子も多く、こちらがマスクをして“防衛”しました。生徒たちに危機感はなく、思いがけない休みを楽しんでいる感じでしたね。インフルエンザ騒動で人通りが少なかっただけに、よけいに生徒の姿は目立ちました」(店長)。衣料品店や飲食店が集まる大阪・心斎橋の「アメリカ村」にも「高校生風の若者の姿が目立った」(衣料品店員)。

 生徒らの行動には学校も苦慮しているようだ。神戸・三宮駅前のゲームセンター店員によると、「17日に小学校の先生が来て『生徒だけで来た場合は帰宅するように指導してほしい』と要請があった」という。

 厚生労働省の関係者は「感染拡大を阻止するための休校措置が、逆に感染を広げる結果を招いてはシャレにもならない」と危惧している。
[PR]
by sakura4987 | 2009-05-22 12:45


 (東京 2009/5/21)

 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009052101000828.html


 外国人の不法滞在への厳格対処を目的とする入管難民法改正案をめぐり自民、公明、民主各党は21日、在日韓国・朝鮮人などに新たに発行する「特別永住者証明書」の常時携帯義務を削除することで一致した。

 特別永住者証明書の常時携帯義務削除は民主党が求め、与党が受け入れた。3党は、特別永住者以外の外国人に新たに発行する「在留カード」の常時携帯義務の削除などをめぐり最終調整した上、22日にも法案修正で合意する方向だ。

 入管難民法改正案は衆院法務委員会で審議中。3党が合意すれば、早ければ26日の委員会で修正のうえ可決されて衆院通過し、今国会で成立する見通しだ。

 3党は、このほか(1)技能実習で来日した外国人の受け入れ先企業の責任明確化(2)政府が取得した外国人情報の目的外利用防止の厳格化―などでも一致した。

 入管難民法改正案は、これまで市町村が発行していた外国人登録証明書を廃止し、国が「在留カード」を発行するなど在留外国人に関する行政を国に一元化。企業が賃金不払いなど重大な不正行為をした場合のペナルティーも規定した。ただ「在留外国人の管理強化につながる」と人権上の問題点も指摘されていた。


〒100-8910 東京都千代田区永田町1-11-23 自由民主党本部

 TEL:03-3581-6211(大代表)

 FAX:03-5511-8855(ふれあいFAX)

 メール:http://www.jimin.jp/jimin/goiken/index.html
[PR]
by sakura4987 | 2009-05-22 12:45


 (産経 2009/5/22)


 日本は諸外国と比べて世襲議員が多い。英国でも米国でも世襲議員は5%以下だ。日本は全体として、国会議員の3割を世襲議員が占める特異な国だ。

 米国ではブッシュ元・前大統領父子に代表されるように政治家2世の人気が高いし、資金集めにも有利だ。だが予備選があるし、社会全体として世襲社会ではない。イタリアも欧米諸国の中では世襲議員が比較的多いが、イタリアは社会構造が大家族主義になっている事情があるし、日本と比べればやはり少ない。

 議会制民主主義の国ではないが、中国は共産党幹部の(高級幹部の子弟グループの)「太子党」は3%ぐらいだ。

 日本で世襲議員が多いのは、政党の組織力が弱いのが一因だ。中選挙区制の名残である後援会型選挙は世界に類をみない。日本は候補者が個人後援会という設備投資をする。するとどうしても自分の息子や血縁者に継がせたくなる。また、後援会は利益誘導体で、世襲の方が内部分裂せずに利権を維持できる。世襲議員を減らすには、後援会型の選挙を見直さなければならない。そうなると、自民党の組織論の大転換になるので、相当大変だろう。
[PR]
by sakura4987 | 2009-05-22 12:44


 (産経 2009/5/21)

 http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090521/fnc0905211222007-n1.htm


 21日付の中国英字紙、チャイナ・デーリーなどによると、ブラジルのルラ大統領は、中国の胡錦濤国家主席に対し、両国間の貿易決済を米ドルを介さず行えるよう協議するため、両国財務相と中央銀行総裁の会談を年内に開くことを提案したと明らかにした。

 ブラジルにとって、中国は4月に米国を抜き最大の貿易相手となった。ルラ大統領は「ドルに頼らず決済を行うことは非常に重要だ」と述べ、ブラジルの通貨レアルと人民元で直接行う決済の必要性を強調した。

 大統領は、すでにアルゼンチンとの貿易決済で両国通貨の使用を開始していることを例に挙げ、こうした決済を中南米全体に広げたいとの考えも示した。

 ルラ大統領は19日に胡主席らと会談した。
[PR]
by sakura4987 | 2009-05-22 12:43


 (朝日 2009/5/21)

 http://www.asahi.com/national/update/0521/OSK200905200151.html


 新型インフルエンザの感染が広がる兵庫県と大阪府に20日、台湾当局がマスク計20万枚を贈った。99年の台湾大地震の際、兵庫県から職員の派遣や義援金約2億8千万円を受けたことへの「お返し」という。計200万枚が届くことになっており、両府県は配布先を検討する。

 神戸市中央区の県災害対策センターには20日夕、マスクの入った段ボール箱100個が到着した。台北駐大阪経済文化弁事所の黄諸候所長は「台湾は新型肺炎でとても苦しい経験をしたので、いち早く届けたかった」と話した。
[PR]
by sakura4987 | 2009-05-22 12:43

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987