★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

2013年 07月 31日 ( 1 )

**********************************************************************

      ■■■ 日本再生ネットワーク NEWS ■■■

**********************************************************************
                    ≪2013/07/31(水)≫


★本日のニュースヘッドライン………………………………………………………

  ◆「米国、尖閣で手のひら返した!」 中国、上院「非難決議」に反発

  ◆【産経抄】

  ◆政府、対外広報強化のための新組織を8月1日に立ち上げへ

  ◆韓国高裁、三菱重工にも賠償命令 戦争中の強制労働で

  ◆羊肉の串焼きで殺鼠剤中毒、毒殺されたネズミが混入か=北京

  ≪編集部のコメント≫


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「米国、尖閣で手のひら返した!」 中国、上院「非難決議」に反発
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (j-cast 2013/7/30)

 http://www.j-cast.com/2013/07/30180469.html

「『尖閣諸島』決議案、まさかの全会一致で通過」

 米上院が2013年7月29日可決した「対中非難決議」に、中国側はいらだちを隠せない様子だ。尖閣諸島などでの中国の行動に「釘を刺す」この決議案が提出された6月以来、中国メディアやネットなどでは、米国の出方を警戒する記事がたびたび掲載されている。

レーダー照射事件や尖閣海域侵入など批判

 決議案は2013年6月10日、民主党のメネンデス外交委員長ら超党派議員により提出されたもので、6月25日に外交委員会で、そして今回29日に本会議で、いずれも全会一致で可決された。沖縄県・尖閣諸島周辺を含む東シナ海や南シナ海での中国の「威嚇行為」を非難し、全ての当事国に平和的な解決を求める内容だ。

 決議では、アジア太平洋地域の安定が、米国の国益に直結するとの立場から、すべての当事国に対し問題の平和的解決を求めている。特に念頭にあるのは中国で、尖閣諸島を含む東シナ海や南シナ海で活発な活動を繰り広げていることを指摘、また「地域の緊張を一段と高める」具体的な事例として、2013年1月に起こった海上自衛隊艦船への「レーダー照射」事件、尖閣諸島周辺での中国艦船・戦闘機による威嚇行為、このほかベトナム・フィリピンとの間の領土問題などが挙げられた。表面的には日本を含む関係各国に向けた内容だが、事実上中国を狙い撃ちにする形で自重・自制を促すものと言っていい。

 決議案提出直前の6月7~8日には、米中両首脳が会談を行ったばかり。この会談では尖閣問題も議論に上り、習近平主席が「国家主権と領土の統一を断固として守る」と主張したのに対し、オバマ大統領は挑発的な行動を避け、対話を通じての解決を図るよう求めた。今回の上院決議は、中国側の「実力行使」を認めないという米国側としての姿勢を改めて示すものと見られる。

「米国は尖閣で漁夫の利を狙っている…」

 当然、中国としては面白くない。決議案の内容が明らかになって以降、中国メディアは米国に対する警戒心も露わな記事をたびたび掲載している。

 たとえば中国の国営通信社・中新社は30日、日本の報道などを引用しながら、「アメリカ上院は事実を顧みず、中国を批判した」などと報じ、「レーダー照射事件」などに関する中国側の反論を掲載、「米国は日本の尖閣横領を後押しするとともに、中国を封じ込める子分として利用している」と、露骨な不快感を示した。

 作家・言語学者の関愚謙も27日、米国側の尖閣諸島をめぐる動きを指して、米国は日中に紛争を起こすことで「漁夫の利」を得ようと目論んでいるとの論を発表している。米国の日本寄りの姿勢に対する、中国側の不満がにじみ出た形だ。

 一方、嬉しいのは日本だ。菅義偉官房長官は30日の会見で、「海洋における力による現状変更を非難するとともに、日米安全保障条約に対する米国の力強いコミットメントを米上院として表明するものになっているということで、我が国としてはその内容を高く評価したいと思っています」と話し、積極的に歓迎する意向を示した。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆【産経抄】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (産経 2013/7/31)

 今年上半期の最大の流行語は、NHKの朝ドラ『あまちゃん』の「じぇ」だろう。見ていない人のために説明すればドラマの舞台、岩手県久慈市の一部で、驚いたときに使われる言葉だ。驚きが強いほど「じぇじぇ」といった具合に「じぇ」が増えるという。

 シンガポールのリー・シェンロン首相が朝ドラのファンなら「じぇ」を5回ぐらい連発していたかもしれない。26日、訪問した安倍晋三首相と会談したときのことだ。安倍首相から日本の集団的自衛権について聞かされたとき「えっ!?」という表情をしたそうだ。

 安倍首相の説明は「シンガポール国軍と自衛隊が同じ国連平和維持活動をしていて、国軍が危険にさらされても、自衛隊は武器を使って助けることはできない」だった。現行の憲法解釈では集団的自衛権が行使できない。そのもどかしさを訴えた中での例えである。

 目の前で友軍が危なくなっても、見て見ぬふりをするしかない。しかも日本政府自身の憲法解釈によって縛られている。リー氏としては「じぇじぇ」を通り越して「そんなバカな」と叫びたくなったことだろう。とても「普通の国」には見えなかったに違いない。

 だが今の日本には、他にも外国首脳が腰を抜かすことは山ほどある。「他国に作ってもらった憲法を70年近くも変えずにいるのです」「政治家が日本の歴史について本当のことを言うとクビになります」。それだけでも十分「不思議な国」に思えるはずだ。

 安倍首相は驚くリー氏に「当たり前のことをやろうとしているんです」と答えたそうだ。これからも憲法改正や集団的自衛権容認に向け、各国に「根回し」する方針らしい。他国に「じぇ」などと言わせない国にしていこうということだろう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆政府、対外広報強化のための新組織を8月1日に立ち上げへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (FNN 2013/7/31)

 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20130730-00000888-fnn-pol

 「対外広報戦略企画チーム」と名づけられたこの組織は、世耕弘成官房副長官をチームリーダーに、新たに内閣広報官に就任した長谷川 榮一氏、内閣府、外務省、経済産業省、そして、国土交通省の担当者らで構成される。

 このチームを通じて練り上げられる戦略は、主に海外の要人などとの接触を行う「個別折衝」、現地の日系企業などを通じた「交流」、そして、日本のソフトパワーを発信する「広報」。

 この3つを柱に、海外への発信力強化を図る。

 政府関係者は、「例えば、アメリカに慰安婦像が作られたとしても、それにすぐ反応する『目には目を』をやるよりは、(女性の活躍などの)『ソフトパワー』を積み上げていく方が、きちんと発信できる」としている。

 韓国・中国が、なりふり構わず対外アピールを打ち出す中、新たな「物言う日本」のソフトアピールは、実を結ぶのか。8月1日に発足するこのチームが、その鍵を握っている


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆韓国高裁、三菱重工にも賠償命令 戦争中の強制労働で
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (信濃毎日 2013/7/30)

 http://www.shinmai.co.jp/newspack3/?date=20130730&id=2013073001001885

 太平洋戦争中に日本の工場で強制労働させられたとして、韓国人元徴用工5人が三菱重工業に損害賠償を求めた訴訟の差し戻し控訴審で、韓国南部の釜山高裁は30日、1人当たり8千万ウォン(約700万円)を支払うよう命じる判決を言い渡した。

 韓国の裁判所が日本企業に対し元徴用工への賠償を命じたのは、10日にソウル高裁が新日鉄住金(旧新日本製鉄)に出した判決に続き2件目。他にも同様の訴訟が4件争われている。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆羊肉の串焼きで殺鼠剤中毒、毒殺されたネズミが混入か=北京
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (大紀元 2013/7/30)

 http://www.epochtimes.jp/jp/2013/07/html/d17447.html

 北京市内の屋台で羊肉の串焼きを食べた男性に、激しい腹痛やアザなどの症状が現れ、病院で検査した结果、血液から高濃度の殺鼠剤の成分が検出された。医師は「毒殺されたネズミなどの動物の肉を食べた可能性が高い」とみている。

 中国メディアによると、6月30日に男性は屋台で羊肉の串焼きを食べた後、激しい腹痛に襲われた。病院で尿路結石と診断され治療を受けたが、改善されなかった。その後、体中に大きなアザが現れたため、7月5日に再び受診し、血液検査の結果、体内から高濃度の殺鼠剤の成分が検出された。

 医師は、男性が食べた羊肉の串焼きに、殺鼠剤で毒殺されたネズミなどの動物肉が含まれている恐れがあるとみており、「ほかの病院でも類似の患者がいた」と話した。

 中国では、羊肉の値段が高いため、安価の犬や、猫、ネズミの肉を購入して羊の肉に見せかけて販売している業者が摘発されている。男性が食べた肉に殺鼠剤で死んだ動物の肉が含まれている可能性が高い。

 メディアによると、業者らは「羊肉の風味をつけるため、犬などの肉を羊の尿液に数時間漬け込めば、立派な羊肉に変身する」という「裏技」を取っているという。屋台で売られている羊肉の串焼きの8割は偽物だという調査も報告されている。

 人間が毒性の高い殺鼠剤を摂ると、血液が固まりにくくなる。軽症の場合は男性のようにアザなどの症状がみられ、重症の場合は、尿からの出血や胃腸からの出血に至るという。

 羊肉の串焼きはもともとイスラム系民族の郷土料理で、羊肉に十数種類のスパイスをまぶし、炭火で香ばしく焼いて食べる。安さと旨さから庶民の味の代表格になり、中国全土に広まっている。


ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ


≪編集部のコメント≫


 ※私の周りでも、
  「チョーセンやチャイナには、もう、うんざり」
  という人が多くなりました。
  横目で見るだけの関係で十分でしょうから、
  このニュースにもなるべく載せたくないというのが本音です。
  こんなバカたち相手にムキになるのもアホらしいということですね。


 ※安倍総理周辺は着実に仕事している感じがします。
  物事には優先順位がありますし、
  どれを優先するかは各人の選択ですので、
  少々の不満もありますが、着実だなあと感じます。

  ソフトバンクも困っているようですし、
  今回の医療データの偽造発覚など、
  いろいろと裏で動いている感じがします。

  世耕さんを中心とする「対外広報戦略企画チーム」も、
  慰安婦問題や歴史認識で活躍して欲しいと思います。

  経済は、インドネシアやタイの危機が
  囁かれていまして、
  今夜のFRBの会見は要注目になります。

  最近、秋の暴落説が増えてきた感じもしますし、
  年の後半もいろいろと落ち着かないのでしょう。

  最後に、日本人はもっと自信を
  持っていいというニュースをお伝えしておきます。


■それでも世界から好かれる日本、やはり嫌われ孤立していく中国、韓国

        …英BBC調査結果が物語る「日本のあるべきふるまい方」

http://p.tl/FOYg (URL短縮)

http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/130729/wec13072907010000-n1.htm

≪参考画像≫

http://sankei.jp.msn.com/images/news/130729/wec13072907010000-p1.jpg


■イスラエルの英雄もプーチン大統領も感激
          「浜寺捕虜収容所」 世界一の好待遇が示す史実

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130727/wlf13072718000023-n1.htm








001.gif029.gif043.gif★ブログ・ランキング、応援して下さい。
人気ブログランキングへ

[PR]
by sakura4987 | 2013-07-31 10:01 | ■日本再生ニュース

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987