★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

2014年 03月 15日 ( 1 )


★本日のニュースヘッドライン          ≪2014/03/15(土)≫

  ◆2016年、米軍撤退でアジアの大混乱が始まる

  ◆危うい尖閣防衛 「2つの戦争を同時に戦う」実行力を失った米国

  ◆中国ネット規制に試練 グーグル暗号化技術で

  ◆テキサス親父が韓国の「慰安婦問題」に疑問を投げかける!

  ≪編集部のコメント≫


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2016年、米軍撤退でアジアの大混乱が始まる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (PHP Biz Online 衆知 2014/3/13) …抜粋

 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140313-00010000-php_s-pol

――日高義樹のワシントン情報

■アメリカ軍はアジアからすべて引きあげる
   
 アメリカは2014年以降、本格的にアジアから引きあげる。すでに述べたように、沖縄からグアム島に海兵隊が移動し、日本にアメリカの基地はあっても、アメリカ軍がまったくいない状況になる。

 アメリカ第七艦隊が横須賀や沖縄に基地を持っているが、海軍というのは、孤立主義の象徴と言ってもよく、基本的にはアメリカ本土から出撃する体制をとる。海軍力の日本における存在は軍事的には無視される。

 2016年、アメリカ陸軍部隊は完全に韓国から撤兵する。アメリカ軍はアジアからすべて引きあげることになるのである。アジアを取り巻く西太平洋、日本海から南シナ海、インド洋からペルシャ湾に至る広大な海域は、アメリカの戦力地域からはずされることになる。その結果、アジアにおいて、これまで予想しなかったような大動乱が起きると予測される。

 この大動乱についてはのちほど詳しく述べるが、日本にとって最も懸念されるのは、いくつかの戦争と、インドネシアのイスラム勢力による反米の動きが、中近東から日本への石油の流れを阻害する結果、日本に石油危機が到来することである。

 そうした戦争をもたらす要因として、中国、ロシア、インドなどにおける地殻変動的な政治的変革を挙げることができる。まずこの変動について述べてみよう。

 アメリカ国防総省の推定によると、中国国内の政治情勢は2013年現在、きわめて不安定になっている。アメリカ国防総省の中国専門家は次のように指摘している。

 「習近平政権は軍部の圧力のもとにあり、中国の地方は完全に無政府状態になっている。軍部の力がなければ中国の統一は不可能な状態になっている」

 この国防総省の分析に、アメリカのCIAなども同意している。習近平政権の誕生は、実質的には軍部による政権収奪であったと見ている。

 アジアの3番目の勢力であるロシアは、プーチン大統領が全体的な情勢を把握してはいるものの、極東および中央アジアにおける政治力が極端に低下しているだけでなく、国防力も弱まっている。

 「中国の国内が混乱して軍部が権力を掌握している。インドの経済開発が失敗し、当面、国際的な地位が縮小し続けている。そして日本は相変わらず日和見主義を続けている」

 アメリカ国防総省やCIAはアジアの情勢についてこう見ている。このため、アジアが大混乱するのは避けられないと分析しているのである。

 アメリカ国防総省がまとめた「2025年後の世界」という予測の中では、アメリカ軍が東シナ海、西太平洋、南シナ海、そしてインド洋から、兵力を引きあげるため、大きな軍事的変動が起きると予測している。

 アメリカ陸軍やCIAの推定によれば、2016年以降、南北朝鮮合併の動きが強くなる。政治的に見ればこの合併は不可能だと思われるが、中国の影響力と日本に対する戦略的な目的から、統一・合併の動きが強まると見る分析官が多くなっている。国防総省の専門家は韓国と北朝鮮が合併すれば、核兵器を背景に日本に対する戦略的な脅しを強め、極東アジアが一挙に緊張すると見ている。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆危うい尖閣防衛 「2つの戦争を同時に戦う」実行力を失った米国
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (zakzak 2014/3/13) …抜粋

 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140312/dms1403121725009-n1.htm

世界を斬る 日高義樹

 米国のオバマ政権が議会に要求した2015年度の国防予算の内容が先頃、明らかになった。もっとも注目すべきは、予算が大幅に減額され、米国が「2つの戦争を同時に戦う」という、これまでの基本戦略を実行する力を失ったことだ。

 米国が2つの戦争を同時に戦うことができなければ、日米安保条約が存在しても、尖閣諸島を守るため、米国が中国と戦争することはない。

 友人の陸軍退役将軍は、私にこう言った。

 「同時に2つの戦争ができないというのは例えていえば、銃の中に弾丸が1発しかないことを意味している。弾丸がたった1発しかないということになれば、簡単に撃つことはできない」

 米国がたった1つの弾丸を撃つ。つまり戦争をするのは米国が危機にさらされた場合に限られることになる。その危機の可能性がある限り、他の場所でやみくもに戦争をやるわけにはいかない。

 友人は、はっきりと次のように言った。

 「持っている銃に弾丸が1つしか入っていないとすれば、米国が自らを守るため、その弾丸をとっておくのは当然だ。米国が尖閣諸島のために、その弾丸を発射することはない」

 オバマ大統領は、世界を大きく揺るがしているプーチン大統領のウクライナ侵略に対してすらまったく打つ手をもっていない。中国による尖閣戦略が、「米国の危機」の優先順位でいけば、限りなく下にあるのは明白だ。これまで日米安保条約のもとで安穏に過ごしてきた日本は、この現実を真剣に受けとめる必要がある。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆中国ネット規制に試練 グーグル暗号化技術で
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (産経 2014/3/13) …抜粋

 http://sankei.jp.msn.com/world/news/140313/chn14031317360005-n1.htm

 米紙ワシントン・ポスト(電子版)は12日、インターネット検索大手グーグルが進める利用者のプライバシー保護技術の強化で、「ダライ・ラマ」や「天安門」など政治的に機微な語句の検索をできなくする中国当局のネット規制が困難になっていると報じた。

 グーグルが強化しているのは、利用者が打ち込む検索語を自動的に暗号化する技術。中国当局だけでなく、米国家安全保障局(NSA)も影響を受けているという。

 グーグルはネット検閲をめぐり中国当局と対立し、2010年に中国本土から撤退。香港経由でサービスを続けている。中国国内のシェアは高くないが、現地の外国企業などで幅広く利用されている。同紙はグーグルと中国当局の長年の対立がさらに激しくなるとの見方を伝えた。(共同)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆テキサス親父が韓国の「慰安婦問題」に疑問を投げかける!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (excite 2014/3/13) …抜粋

 http://www.excite.co.jp/News/society_g/20140313/Asagei_21052.html?_p=1

 あのおばあさんたちが何て証言したか知ってるか?「14歳の頃にジープに引きずり込まれて誘拐された」「クリスマスになると1日何十人もの相手をさせられた」って言ってるんだぜ。

 その当時、日本軍はジープなんか持ってやしないし、日本のクリスチャン人口なんか1%以下なんだぜ! ウソをつくとそのウソを隠すためにさらにウソをつく必要があるが、あのおばあさんたちは自分のついたウソを覚えてられない年齢だから、証言するたびに違うことを言ってるよな。

 15歳で強制的に連れて行かれたとか17歳で無理やり連れて行かれたとか、14歳で貧しさのあまり親に売られたとか1人のおばあさんの証言が二転三転してるんだぜ。

 韓国で慰安婦のおばあさんたちを担いでいる団体に韓国挺身隊問題対策協議会ってやつがあるらしいな。女子挺身隊とは日本の工場で働く女性のことを指していたんだが、それを慰安婦にすり替えて賠償金を取ろうとしているんだ。「慰安婦詐欺」を「女性の人権」という名目に置き換えているところを見れば巧妙なやり口であることがわかる。


ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ


≪編集部のコメント≫


 ※◆2016年、米軍撤退でアジアの大混乱が始まる …について

   背筋がゾッとすることが書かれていますので、
   リンク先をぜひご一読ください。

   日本国内では、何か一つの出来事があると、
   ワッとそれに群がって、甲論乙駁してまとまらない状況ですが、
   このような話題での議論が何故か沸騰しません。

   「未来は現在の中にある」と言いますが、
   あまりに先読みが出来ない木偶の坊が
   跳梁跋扈して、国内は深い霧の中で右往左往しています。

   今一度、良識ある人々が気力を振り絞って
   声を上げていかなければならない時が
   迫っているように思います。


 ※◆中国ネット規制に試練 …について

   ドラッカーが言った企業の役割を、
   グーグルがやっているように思います。

   国家権力に対抗する企業!

   日本の企業ももっと自信を持って
   チャイナを脅すくらいのことを言えないものでしょうか。

   日本企業の実力をもってすればやれると思うのですが。

[PR]
by sakura4987 | 2014-03-15 07:58 | ■日本再生ニュース

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987