★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 05月 ( 465 )   > この月の画像一覧


島嶼国への支援強化を歓迎-首相会見

 小泉純一郎首相は二十七日午前、沖縄県名護市で開かれた第四回太平洋・島サミットの閉幕を受け、パプアニューギニアのソマレ首相と共同記者会見した。

 首相は、中国が太平洋島嶼(とうしょ)国に対して経済支援などで影響力を強化していることについて「中国の支援は脅威と受け取っていないし、歓迎したい。支援は多ければ多いほどいい」と強調した。

 また首相は、日本が太平洋島嶼国に対し、三年間で総額四百五十億円の政府開発援助(ODA)の拠出を決めたことについて「これを活用して一層の発展を期待する」と表明。

 「サミットは太平洋島しょ国の重要な発展に対する日本の外交努力の節目だ。引き続き協力していきたい」と述べた。
[PR]
by sakura4987 | 2006-05-28 12:24

http://www.shimotsuke.co.jp/hensyu/news/060528/news_1.html

 日光市(旧今市市)大沢小1年の吉田有希ちゃん=当時(7つ)=が下校中に連れ去られ殺害された事件は、6月1日で発生から半年。現在、県内の小学校で登下校時に保護者が同行しているのは、事件直後よりさらに増加し、約7割に上ることが下野新聞社が27日までに行った登下校対策に関するアンケートで分かった。

 集団下校もほぼすべての小学校で継続。事件後も全国で子どもが犠牲になる事件が絶えず「子どもを1人にさせない」対策はさらに強化されている。

 アンケートは事件から半年が経過するのを前に、県内三十三市町教育委員会の協力を得て実施。昨年十二月、事件発生から二週間後に行った同様のアンケートと比較した。

 登下校(下校のみも含む)に保護者が同行する小学校は現在、69・5%。半年前の62・0%より7・5ポイント増加した。集団下校はほぼすべての98・6%が実施、0・7ポイントと微増した。

 実際には集団下校した後、児童が最後に一人になる地点まで保護者が迎えに来るなど、集団下校と保護者の送迎を組み合わせて対応しているケースが多い。一部の通学路や、特定の曜日に限定している学校もある。
[PR]
by sakura4987 | 2006-05-28 12:23

http://www.shimotsuke.co.jp/hensyu/news/060528/news_1.html

 日光市(旧今市市)大沢小1年の吉田有希ちゃん=当時(7つ)=が下校中に連れ去られ殺害された事件は、6月1日で発生から半年。現在、県内の小学校で登下校時に保護者が同行しているのは、事件直後よりさらに増加し、約7割に上ることが下野新聞社が27日までに行った登下校対策に関するアンケートで分かった。

 集団下校もほぼすべての小学校で継続。事件後も全国で子どもが犠牲になる事件が絶えず「子どもを1人にさせない」対策はさらに強化されている。

 アンケートは事件から半年が経過するのを前に、県内三十三市町教育委員会の協力を得て実施。昨年十二月、事件発生から二週間後に行った同様のアンケートと比較した。

 登下校(下校のみも含む)に保護者が同行する小学校は現在、69・5%。半年前の62・0%より7・5ポイント増加した。集団下校はほぼすべての98・6%が実施、0・7ポイントと微増した。

 実際には集団下校した後、児童が最後に一人になる地点まで保護者が迎えに来るなど、集団下校と保護者の送迎を組み合わせて対応しているケースが多い。一部の通学路や、特定の曜日に限定している学校もある。
[PR]
by sakura4987 | 2006-05-28 12:23


http://www.tokyo-np.co.jp/flash/2006052701003260.html

 北朝鮮で日朝仏教徒による初の合同法要を行った京都・金閣寺住職の有馬頼底臨済宗相国寺派管長は27日、今後の日朝仏教界の交流や、戦時下で日本に強制連行された朝鮮人の遺骨調査の協力などで北朝鮮側と合意したと明らかにした。帰途、経由地の北京で語った。

 有馬管長によると、北朝鮮側は、強制連行され日本で死亡した朝鮮人の墓や遺骨の多くは日本各地の寺に安置されているが、全容が把握できていないとして、調査への協力を要請してきたという。これに対し有馬管長は「人道的な話であり、可能な範囲で協力したい」と応じたという。
[PR]
by sakura4987 | 2006-05-28 12:22

http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20060527/news20060527141.html

 四国中央市が制定を進めている「自治基本条例」の素案がまとまり、25日夜から住民説明会が始まった。

 外国人を含む16歳以上の市民に住民投票への発議・投票権を与えることなどが盛り込まれており、6月13日まで市内6カ所で順次説明会を開催、素案への意見を集める。

 素案は、冒頭に条例制定の趣旨などを記した前文を置き、市民の権利や市民、市、議会の責務と役割、市政参加などを定めた9章32条で構成。

 このうち市政参加では、在日韓国・朝鮮人ら特別永住外国人と永住外国人を含む16歳以上の住民に発議・投票権を与える住民投票制度を提案している。

 住民の4分の1以上の署名があれば、議会の議決が無くても投票が実施される「常設型」とした。

 また市政に市民の意見を反映させるタウンコメントの制度化を規定。審議会などへの市民委員の公募なども打ち出した。
[PR]
by sakura4987 | 2006-05-28 12:21


http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060527AT2M2000226052006.html

 中国、インドを中心とした世界的な原子力発電の拡大に伴い、燃料ウランの需要が増えている。需要量は2010年までに中国で3倍、インドで2倍、世界全体では1割以上増える見込みで、供給が追いつかないとの見方もある。

 ウランの取引価格はこの1年半で2倍に急上昇しており、カナダや米国では鉱山開発、企業買収の動きが盛んになってきた。

 世界原子力協会(WNA)の調べでは現在、世界の原子炉は441基で、さらに約180基が建設中または計画されている。

 中国は原発の発電量を長期的に5倍以上に拡大する方針で、ウラン需要は現在の年300万ポンド(1ポンド=約453グラム)から10年に1000万ポンド、20年には6倍の1800万ポンドに増える。

 インドも現在の100万ポンドから、10年には200万ポンドになる見込み。
[PR]
by sakura4987 | 2006-05-28 12:21

http://www.sankei.co.jp/news/060527/kok081.htm

 韓国紙、東亜日報は27日、韓国統一省関係者が北朝鮮による拉致問題で強硬策をちらつかせる日本政府とは「立場の違いがある」と述べ、韓国政府として協調しない方針を示していることが分かった、と報じた。

 韓国政府のDNA鑑定でも、韓国人拉致被害者の金英男さんが横田めぐみさんの夫の可能性が高いとの結果が出たが、北朝鮮に対して融和政策を進める韓国政府は北朝鮮側の立場に配慮、日本政府との協調は難しいと判断したとみられる。

 先のカタールでの潘基文外交通商相と麻生太郎外相との会談で、拉致問題解決へ向けた協力強化で一致した直後だけに、今後、日韓の協力の在り方をめぐって波紋を広げそうだ。

 統一省関係者は「(DNA鑑定の)結果を伝えたこと」が外相会談で一致した協力に当たるとの見解を示した。

 同省は26日、DNA鑑定で金英男さんの母、崔桂月さんと、めぐみさんの娘、キム・ヘギョンさんの間に血縁関係がある確率は98.6%との結果が出たと発表した。
[PR]
by sakura4987 | 2006-05-28 12:20

◆脳を若返らせる生き方

/浜松医科大学名誉教授 高田明和氏に聞く (世界日報 06/5/27)



◆下記の文章をまとめました。───────────────────


●ストレスをためないで上手に発散させることだ。それには、プラス思考を心掛けること、趣味などの好きなことに打ち込む時間を持ち、適度な運動をすることも効果がある。

●セロトニンが減ると鬱になり、増えると元気になる。トリプトファンが脳内でセロトニンになって精神を安定させる。これは、太陽の光に当たる、運動をする、頭を使うことで促進される。

●七年連続で年間三万三千人が自殺している。人口当たりで米国の二・五倍、北欧諸国の二倍だ。

●高等教育を受けた人の方が、そうでない人より、樹状突起が長く、枝分かれの数が多かった。また、突起が長く、枝分かれの多い人はボケにくいことも分かってきた。つまり、勉強するのは自分の脳を元気にするためだといえる。

●悩んでいても、姿勢を正してお茶を飲むと、前頭前野は活発に働き、悩みから解放されやすい。

●瞑想(めいそう)すると左の前頭葉の集中させる分野が活発に働き、右脳の後ろにある自意識の分野が弱まる。また、坐禅(ざぜん)では呼吸を重視する。呼吸をゆっくりさせ、脳に二酸化炭素が増えるとセロトニンが増えることが最近、分かった。

●脳の若さを保つには、いつまでも学び続けることが大切だ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


≪いつまでも学び感動する生活を≫

≪ストレスを上手に発散/プラス思考で趣味・運動も≫

≪高齢でも増える脳幹細胞/ミラー細胞の活用を≫


 年を取っても健康で暮らすには、何より脳を活性化させることが重要だといわれる。肉体をコントロールする脳の機能が落ちると、さまざまな生活障害を起こすからだ。

 そこで、加齢に伴って衰える脳を健康に保ち、さらに活性化させるにはどうしたらいいか。世界的な生理学者で脳にも詳しい、高田明和・浜松医科大学名誉教授に聞いた。(聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

 ――生活習慣病とストレスとの関係は?

 現代は大変な競争社会だ。競争自体は悪いことではないが、そのためにストレスがたまると健康を害する人が多くなる。

 なぜストレスが健康に良くないのか。動物は命の危険にさらされたり、強い相手と戦うときにはストレスが高まるようになっている。それによってコルチゾルという副腎皮質ホルモンを出し、筋肉のエネルギー源である血中のブドウ糖濃度を高めるためだ。

 加えて、心臓の働きが活発になり、ブドウ糖の燃焼には酸素が必要なので呼吸が速くなる。そうした仕組みから、ストレスにさらされると血圧と血糖値が高くなり、その結果、動脈硬化が起こり、生活習慣病を発症する割合が増える。

 昔から強度のストレスは脳を傷害すると言われていたが、それはほとんど心理的なもので、状態が収まれば元に戻ると考えられていた。

 それが、米国のベトナム戦争帰還兵の調査によって、実際に脳細胞を傷害していることが分かった。PTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断された帰還兵の脳を調べると、海馬が小さくなっていた。

 辺縁系にある海馬は記憶の入り口といわれ、その前に感情の中枢である扁桃がある。海馬の容量が、前線に一年いると二割、二年いると四割減少し、三年いると半分以下になってしまう。

 コルチゾルが異常に多く出る人の海馬も小さい。鬱(うつ)病になるとコルチゾルが出るので、鬱病が長いと海馬が小さくなる。

 こうしたことから、長期にコルチゾルが大量に出ると脳細胞が死んでしまうことが分かってきた。普通、ホルモンが出るとそれを抑制するフィードバック機能が働くのだが、強度のストレスにさらされると働かなくなる。

 脳の健康のためには、ストレスをためないで上手に発散させることだ。それには、プラス思考を心掛けること、趣味などの好きなことに打ち込む時間を持ち、適度な運動をすることも効果がある。


 ――脳の変化が心に影響を与えるのか。

 釈迦は脳と心はたいまつと明かりのような関係だと言った。たいまつがないと明かりはないが、たいまつと明かりは同じではない。脳はモニターのようなもので、心はその働きとしての映像だと考えると分かりやすい。

 昔、ヒンズー教では修行のし過ぎや誤った修行のため精神に異常を来した者に、インド蛇木(じゃぼく)の根をしゃぶらせたという。一九三〇年にインドの学者が、インド蛇木の根に精神を安定させる物質が入っていることを発見した。

 これに目を付けたスイスの製薬会社がその物質を分離し、血圧を下げる働きがあったので、高血圧の薬レゼルピンとして売り出した。ところが、レゼルピンを服用した患者の中に鬱状態を訴える人が現れ、中には自殺者も出た。

 製薬会社がその原因を究明したところ、脳内のセロトニンという神経伝達物質が減少していることが分かった。

 セロトニンが減ると鬱になり、増えると元気になることから、脳内のセロトニンを増やす薬が鬱病の薬として開発された。

 セロトニンは主として動物性たんぱく質のトリプトファンからつくられる。肉を一切食べないとセロトニンは減少し、薬を飲んでも鬱は治らない。だから、年を取っても適度な肉食は必要だ。

 またトリプトファンが脳に入るにはブドウ糖が必要で、すき焼きのように肉と砂糖を一緒に食べるのは理にかなっている。

 トリプトファンが脳内でセロトニンになって精神を安定させる。これは、太陽の光に当たる、運動をする、頭を使うことで促進される。

 約六百万年前に現れた人類の祖先の脳の大きさは、今のチンパンジーと同じ四百㌘ほどだった。二百万年前の道具を使う猿人の脳が約六百㌘、百五十万年前の火を使う原人の脳が九百㌘で、現代の人類の脳は約千四百㌘、人類の祖先の三倍以上になっている。

 脳の重さは体重の2%だが、全エネルギーの約25%を消費している。

 人間の基礎代謝は体重に比例しているが脳が大きいため、脳以外の基礎代謝は75%に抑えられている。動物に比べ人間が肥満しやすいのは、脳が大きくなった副産物ともいえる。


 ――日本は自殺者の多いのが問題だ。

 バブル崩壊のころから急増し、七年連続で年間三万三千人が自殺している。

 人口当たりで米国の二・五倍、北欧諸国の二倍だ。

 自殺者の多くが鬱病で、日本では薬で治らない鬱病の人が多い。自殺者のうち、医師にかかり薬を服用している人が三割もいる。

 鬱の治療には、物の考え方が重要だ。私たちは外界からの情報を考え方で解釈する。例えば、リストラになっても、それによって将来に不安を抱くことがなければ、悪い影響は受けない。

 鬱になりやすいのは、白か黒かの二分法的な考え方の人に多い。鬱にならないためには、少しあいまいでいいかげんな方がいい。

 交通事故死した人の脳を調べると、高等教育を受けた人の方が、そうでない人より、樹状突起が長く、枝分かれの数が多かった。また、突起が長く、枝分かれの多い人はボケにくいことも分かってきた。

 つまり、勉強するのは自分の脳を元気にするためだといえる。

 左脳に運動をつかさどる分野があり、ある運動を繰り返すと、その領域の脳細胞が大きくなる。中指を失った動物は、人さし指と薬指で補おうとするので、脳のその領域が大きくなる。脳はそのようにつくり変えられる。

 耳の聞こえない人が手話を見ると聴覚野が活性化され、手話を聞いていることになる。目の見えない人が指先で何かを触ると、視覚野が活性化される。指先で何かを知ろう、手話を見て話を知ろうとしないと脳は変わらない。脳を変えることができるのは本人自身で、第三者は関与できない。

 左脳が障害を受けると、右半身が不自由になるが、次第に機能を回復することがある。壊れた脳細胞が回復することもあるが、多くは右脳が右の手足を動かそうとしている。脳は本来、左右両方で体を動かす機能を持っているからだ。

 右脳の前頭葉には陰性の感情を、左脳の前頭葉には陽性の感情を起こす場所がある。そのため、左側が脳梗塞(こうそく)になると鬱的に、右側が脳梗塞になると楽観的になる。

 昔の武将たちは、戦場でお茶を立てて飲んでいた。人間はいつも大きな重力を受けているため、腰や背骨の筋肉が収縮していて、筋肉が収縮する刺激は脳に伝わる。

 刺激を受けると神経のつながりは強固になり、活発に活動する。だから、悩んでいても、姿勢を正してお茶を飲むと、前頭前野は活発に働き、悩みから解放されやすい。

 瞑想(めいそう)すると左の前頭葉の集中させる分野が活発に働き、右脳の後ろにある自意識の分野が弱まる。また、坐禅(ざぜん)では呼吸を重視する。呼吸をゆっくりさせ、脳に二酸化炭素が増えるとセロトニンが増えることが最近、分かった。

 脳のグランドデザインは遺伝によって決まるが、個々のつながりは環境や刺激によって決まる。脳細胞は胎児の早い時期から始まり、最後の分裂は胎生七カ月くらい。

 それ以後は、刺激によって神経突起のつながり方が変化する。多くの突起を持つ脳細胞が分裂するとは考えられないので、脳細胞は生後、増えないが、突起が伸び、つながり合うことで、いろいろな能力を獲得するとされていた。

 ところが七、八年前、米国の研究で、高齢になっても主に海馬において脳の幹細胞が増えることが分かった。海馬の神経は脳のいろいろな場所とつながっているので、幹細胞が増えれば脳が変わることになる。これは高齢者にとって朗報だ。


 ――脳細胞を増やし、活性化するにはどうすればいいのか。

 ラットを迷路で訓練させると脳細胞が増え、神経のつながりが良くなることが分かった。脳の若さを保つには、いつまでも学び続けることが大切だ。

 脳には目に映る人の行為をまねするミラー(鏡)細胞がある。サッカーのテレビ放送を見ていて、右足でシュートすると、見ている人も右足に力が入ることがある。

 他人がしていることに影響を受け、それが脳に反応を起こさせている。話をすると言語中枢が働くが、話を聞いている人もミラー細胞によって同じところが刺激され、相手の話していることを自分でも無意識に話している。

 感動するような話を聞いてミラー細胞が刺激されると、あたかも自分のもともとの感情であるかのように感じる。それはまた、心を変える力を持っている。

 信じている人から激励されると元気になるのはそのためだ。脳を活性化させるには、こうしたミラー細胞を活用することが非常に重要になる。

 たかだ・あきかず 1935年、静岡県生まれ。慶應義塾大学医学部卒業、同大学院修了。ニューヨーク州立大学助教授、浜松医科大学教授を経て、同大学名誉教授。医学博士。専攻は生理学。血液学と生理学の分野で国際的に活躍する一方、ユニークな科学エッセーを発表している。著書は『ボケない脳のつくり方』『40歳をすぎても記憶力は伸ばせる』『いい「いいかげん」が脳を若くする』『自分でもユーウツになる「その性格」を変える』ほか多数。
[PR]
by sakura4987 | 2006-05-28 12:19
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 反フェミニズム通信 平成18年5月26日発行 第90号
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


 「SAPIO」5月10日号に掲載した文章を添付します。


◆結婚と主婦と敵視するフェミニズム業界の大親分

 上野千鶴子(東京大学大学院教授)

《考えてみたらフェミって何を言っているかというと、「あんたら気に入らねぇ、ムカつく」とオヤジに向かって言ってるんですよ》
(『ジェンダーフリーは止まらない』)

《男がつくった世界が滅びても女は生きてゆく。(略)国が滅びても、わたしは生きてゆく。家庭が崩壊しても、わたしは生きてゆく》
(『ことばは届くか―韓日フェミニスト往復書簡』)

《なんでおっぱいがあるかないか、ちんちんがあるかないか、子宮があるかないか、っていうことで、人間の間にそういう分割線がひかれなきゃいけないか、っていうことには、かなり恣意的な理由しかない》
(国際基督教大学における講演)

 元全共闘のマルフェミ(マルクス主義フェミニズム)学者。我が国フェミニズム業界の親分的存在でもある。「男とまともに、サシで、カッとなると、私は相手をつぶします」と自ら言うほど男性を憎悪する。結婚と主婦を敵視し、大嫌いなのが「結婚してるフェミニスト」。

 結婚を「自分の身体の性的使用権を生涯にわたって特定の異性に対して排他的に譲渡する契約のこと」と定義する。「男と女の関係を滅茶苦茶にすることで戦争のできない国にする」ことを夢みる倒錯革命家。最近、東京都に講演を拒否されて、フェミニズム業界の利権が侵されたと猛り狂っている。


◆政府部内に潜り込んだフェミニズム学者

 大澤真理(東京大学教授)

《セックスが基礎でその上にジェンダーがあるのではなくて、ジェンダーがまずあって、それがあいまいなセックスにまで二分法で規定的な力を与えている。(略)女で妊娠したことがある人だったらメスだと言えるかもしれないけれども、私などは妊娠したことがないから自分がメスと言い切る自信はない》
(『ラディカルに語れば』)

《ジェンダーというのはそれ自体不当性を含んでいるから、ジェンダー自体が解消されなければならない。だから目指すのはノンジェンダーとか、ジェンダーフリーな社会》
(『「男女共同参画ビジョン」の特徴と意義』)

 上野千鶴子のポン友で、病的なジェンダーフリー論者であるところが共通している。男女共同参画審議会の基本法検討チームのメンバーとして、男女共同参画社会基本法の中にジェンダーフリーの毒素を盛り込んだ知能犯。

 政府部内にまんまともぐり込み、男女共同参画会議影響調査専門調査会長、社会保障審議会年金部会委員、文部科学省科学技術・学術審議会専門委員、国際協力機構ジェンダー支援委員会委員長など、歴任した肩書きは数知れず。「女性の社会進出は少子化解消に役立つ」というフェミニズムのデマゴギーを各方面に吹き込んだのもこのフェミ。

◆「ジェンダー」を残すために喚いて抵抗したフェミ信者

 猪口邦子(少子化・男女共同参画担当大臣)

《ジェンダー・イクオリティ(両性の社会的平等)に敏感な視点から見直していくことが、活力ある公正な21世紀の日本社会を実現するには不可欠である。そのためには省庁横断的に諸政策に関与し、総合調整機能と関連施策の企画立案力を保有する強力なナショナル・マシナリー(国内本部機構)が必要であり、またあらゆる政策やサービスに潜むジェンダー・バイアスを是正していくという意味でのジェンダリングの問題に取り組む強い政治的指導性が必要である》
(「猪口メモ」=「行政改革会議における女性施策の取扱いについての提言」)

 橋本内閣の行政改革会議委員の時、政府部内にフェミニズム行政の司令塔を設置することを画策。その時に配ったのが右の文書というわけ。平和狂を唱えるフェミ信者で、軍縮大使時代に得意にした講演テーマは「ジェンダーと戦争」。

 その反軍隊の姿勢は、北朝鮮の対日メッセンジャーであり人権擁護法案推進勢力の黒幕的存在である師の武者小路公秀譲り。小泉チルドレンとして当選後、日本外国特派員協会の記者会見で「ジェンダーフリーバッシングを許しません!」と絶叫。大臣に就任後、男女共同参画計画改定をめぐる自民党との攻防では、「ジェンダー」という文言を残すためにヒステリックに喚いて抵抗した。

◆革命政党の末期症状を体現する極左フェミ

 福島瑞穂(社民党党首)

《差別主義者は、自分より下と思っている女性や外国人が権利を主張し始めると既得権が脅かされると思って攻撃を始める。日本人になれと帰化を持ち出す。帰化が問題なのは、「在日」の歴史的な経緯や外国人問題がないかのように隠されてしまうからだ》(民団新聞)

《中山文部科学大臣が教育改革タウンミーティングで、「従軍慰安婦という言葉はそもそもなかった」と、あたかも従軍慰安婦や強制連行の事実がなかったかのような発言をしました。(略)当時から「慰安婦」「慰安所」という言葉はあったわけですから、間違った認識で歴史をゆがめることは問題です。大臣が職を辞すことを強く求めます》
(社民党党首の記者会見)

 社民党党首は「痴漢に間違われて捕まった男性は、男性として連帯責任を負え」と叫ぶ超フェミストでもある。弁護士としてやってきたことは夫婦別姓、婚外子、セクハラ、DV・・・とフェミ一色。

 北朝鮮と韓国が大好きで、四年前には金正日誕生60周年祝賀会に土井たか子、村山富市らとともに出席。「女性省をつくり日本より早く家庭内暴力防止法を成立させた」と韓国を礼賛する。「でもぉ~、侵略するより侵略される方がイイですし~…」なんてことをテレビでシャーシャーと宣う。革命政党の末期症状を体現している極左フェミ。


◆フェミ事業に6000億をつぎ込むフェミナチ知事

 堂本暁子(千葉県知事)

《学校生活の様々な場面においてジェンダー意識の払拭に心掛け、ジェンダーに関わる環境を見直すことが大切です。そこで下記の点につき御配慮をお願いします。
  記
1、積極的にジェンダーフリー教育の推進する。
2、学校生活をジェンダーフリーな環境に整える。
3、ジェンダーフリーに関する研修を実施し、教職員、生徒等の意識の改革を図ること。》
(「学校におけるジェンダーフリー教育の推進及びジェンダーに関わる環境の見直しについての通知」)

 堂本暁子が千葉県知事に就任して半年後に県教育長名で出したのがこの通達。これはほんの序の口で、以後、日本一のフェミナチ条例たる男女共同参画条例案の作成、教育現場のへ男女混合名簿の強制、DV施設の濫造と千葉県行政をフェミニズム漬けにした。

 公共事業のエサで自民党利権県議を操り、フェミ行政を批判する議員を「反対すれば女性票が減りますよ」と脅すのが常套手段。二兆四千億円の累積赤字を抱える中で、毎年六千億円もの予算を「男女共同参画」事業につぎこみ、千葉県の財政を危殆に瀕せしめている。


◆フェミニズムの病原菌をばらまいたフェモクラット

 坂東真理子(前内閣府男女共同参画局長)

《保育所の定員が不足していることは待機児童の多さが雄弁に語っている。(略)待機してもどうせ入れないからと無認可保育所に預けていたり、親や親類に預けて働いている女性が三〇万人、さらに保育手段が確保できなくて仕事をあきらめている女性や潜在的待機児童まで数えれば三〇〇万人とも言われる》
(『男女共同参画社会へ』)

 内閣府男女共同参画局長として長らく君臨し、日本中にフェミニズムの病原菌をばらまいた人。潜在的待機児童30万人というウソを垂れ流したのもこのお方(日本の保育園充足率は90%にすぎない)。埼玉県知事選挙に出馬して落選した後、昭和女子大学副学長に転身。上昇志向の強さでは猪口邦子と双璧をなす。少子化の現代は「女性にとっていい時代」が持論。

 「兄弟が多い時代は女の子は教育も受けさせてもらえず嫁に出され、夫の両親に「仕え」なければならなかったが、子供が少なくなると女の子とてかけがえのない存在となる・・・離婚しても親と協力して子供を育て、幸せに過ごせるので、無理に結婚を続ける必要はない」。ほとんど「リコンのススメ」と言えよう。


◆俗流フェミニズムをタレ流す「フェミタレ」の第一人者

 田嶋陽子(タレント)

《結婚というのは、女は結婚すれば幸せだとみんなうそで言いくるめて女を不払労働に追い込んで、そして国が子宮を管理しているわけ。今もって厚生労働省は女の子宮管理していますね。そうでしょう。女の人は自分の体を自分で管理できないんです。なぜなら、バイアグラはたった半年で皆さん使い出したでしょう。女性の低用量ピルは十年掛かっても許可下りなかったんですね、十年》

《(女たちは)名なし家なし子なし、子供は産んでいるんですが、その子供は結局だれか知らない男の名字が付いちゃうわけですね。自分の子供だって女は威張っていますが、全部それは家父長制ですから、男の名前が付いていく》
(参議院内閣委員会での質問)

 フェミタレ(フェミスト・タレントの略。当方の造語)の第一人者(ついでに言えばフェミタレの二番手は、上野千鶴子の弟子筋にあたる遥洋子)。「たけしのTVタックル」などで俗流フェミニズムを臆面もなくしゃべりまくり、フェミタレのバカさかげんを天下にさらけ出した。

 フェミニズムをウリに、大学の語学教師から芸能界、参議院議員と遍歴し、神奈川知事選に出馬して落選。参議院議員の時はアジア各国に「従軍慰安婦」発掘の旅に出かけて、従軍慰安婦のデッチ上げに大きく貢献した。



◆「フェミコード」を振り回すフェミ評論家

 斎藤美奈子(評論家)

《てめーら、脳味噌カラッポのくせに、偉そうな口きいてんじゃねーぞ、ゴラァ。 こうした威圧的なせりふは、たいてい強者から弱者に向けられることに注意したい。上司から部下へ、監督から選手へ、先輩から後輩へ、父から子へ、兄から弟妹へ、ときに息子から母へ、そして夫から妻へ。逆は少ない。恋人同士の会でさえ、「うっせーんだよ、おまえは。少しだまってろ、バカ」くらいの命令調はザラである。》
(『物は言いよう』)

 どこやらのフェミ団体が発行したお手軽なDV告発パンフレットみたいな文章だが、これを書いたのは気鋭の評論家斎藤美奈子サン。「女性が政治の場に参加したほうがよいひとつの理由は、女性の地位向上に役立つ施策が進められることである」。これも男女共同参画局のパンフではなく、斎藤サンの文章。

 最近、文学評論方面でさかんにフェミの害毒を浸透させているのがこの方で、サブカルチャーみたいな素材を料理させると鋭い切れ味をみせる評論家が、フェミ問題を扱うとたちまち「上野千鶴子」と化してしまうから恐ろしい。『物は言いよう』は「フェミコード」というツールで男どもを攻撃した本だけれど、「フェミコード」なんて東京女性財団(今は消滅)が言い始めた「ジェンダー・チェック」のサルマネにすぎない。
[PR]
by sakura4987 | 2006-05-27 12:11
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 反フェミニズム通信 平成18年5月26日発行 第90号
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

――――――――――――――――――――――――――

 韓国教育基本法を真似た民主党案
 権利、学習権、主権者、民主的・・・
 日教組・左派のイデオロギーに立脚

――――――――――――――――――――――――――

 教育基本法の審議が国会で始まつたばかりだといふのに、「教育
基本法は継続審議になる公算」といふニュースが早くも流れてゐ
る。なんでも、小泉首相が会期延長に否定的で、教育基本法改正問
題にもさつぱり熱意が感じられないことから、「今国会でなんとし
ても成立を」と突つ走つてきた連中にはあきらめムードがただよつ
てゐるらしい。

 与党教育基本法改正案の継続審議自体は結構なことだ。しかし、
これによつて、教育基本法改正の動きが止まるとか、与党改正案が
廃案になる可能性が出てきたとか喜ぶのはやめてもらひたい。なぜ
なら、教育基本法改正を推進してきた「教基法バカ」(教育基本法
をとにかく改正すれば自分たちの名前が歴史に残るといふ根拠のな
い妄想を抱いてゐる自民党文教族とその周辺の連中)たちは、自民
党総裁選後に開かれる臨時国会で改正案を成立させようと作戦を切
り替へつつあるからである。臨時国会だから満足な審議など行はれ
るはずもない。新総裁・新首相の下で、シャンシャンで通すレール
が敷かれ始めてゐる。

 そんなわけで、「教育版人権擁護法」兼「第二の男女共同参画社
会基本法」たる与党の教育基本法改正案が年内に成立してしまふ可
能性は依然として高い。教育基本法改正案を徹底的にたたいてホコ
リを出しておかなければならない。

 **********

 とりあへず今回は、民主党案批判の続きを書く。

 民主党の「日本国教育基本法案」が国会に提出されたけれども、
法案の最後に記された提案理由が振るつてゐる。
(民主党「日本国教育基本法案」全文はこちら。
 http://kihonhou.blog67.fc2.com/blog-entry-41.html#more)

《新たな文明の創造を希求し、未来を担う人間の育成について教育
が果たすべき使命の重要性にかんがみ、新たに日本国教育基本法を
制定し、教育の目的を明らかにするとともに、学ぶ権利の保障を施
策の中心に据えつつ、適切かつ最善な教育の機会及び環境の確保及
び整備、教育現場の自主性及び自律性の確保その他教育の基本とな
る事項を定める必要がある。これが、この法律案を提出する理由で
ある。》

 語るに落ちたといふか、バカ正直といふか、日本国教育基本法が
目的とする施策の中心は「学ぶ権利の保障」なんだと謳ひあげて
ゐる。民主党案に「権利」が濫用されてゐる事実を踏まへて読め
ばすこぶる納得がいく。

 昨今の我が国の韓流狂ひを反映してゐるのか知らないが、与野党
の教育基本法案まで韓国直輸入のキムチの臭ひ(冗談)がする。民
主党案の第二条、例の学習権の条文を掲げてみよう。

《(学ぶ権利の保障)
第二条 何人も、生涯にわたって、学問の自由と教育の目的の尊重
のもとに、健康で文化的な生活を営むための学びを十分に奨励さ
れ、支援され、及び保障され、その内容を選択し、及び決定する権
利を有する。》

 では、次にこちらを読んでほしい。

《策三条(学習権)すべて国民は、生涯にわたり学習し、能力と適
性によって教育を受ける権利を持つ。》

 これは韓国の教育基本法の第三条である。民主党案の作成に携は
つた議員たちは各国の教育法をよくお調べになつたらしい。その中
には当然韓国の教育基本法も含まれてゐたと思はれる。韓国に親し
い感情を持つ人々が、韓国の教育基本法に惹かれたとしても無理は
ない。民主党のヒダリの議員たちやフェミニズトたちは今や、韓流
ブームのミーハーよろしく韓国政界になびいてゐる。
http://www.dpj.or.jp/news/200605/20060508_01tv.html

 かくて、子供の権利要求を助長させる役割を担ふであらう「学習
権」が民主党基本法案の基本理念に祭りあげられた。

 ところで、皆さん、「共生」つて言葉知つてますか? 聞いたこ
と位はあるかもしれない。では、「共生」つて何のことでせうか?
 答へられる人は(多分)一人もゐいないと思ふ。当方も分からな
い。

 民主党「日本国教育基本法案」の「前文」に言ふ。

《我々が直面する課題は、自由と責任についての正しい認識と、ま
た、人と人、国と国、宗教と宗教、人類と自然との間に、共に生
き、互いに生かされるという共生の精神を醸成することである。》

 我々の課題は・・・・「共に生き、互いに生かされるという共生
の精神」

 国民の大多数が意味内容さへ知らぬこの「共生」が、民主党案の
重要なキーワードになつてゐることを我々はどのやうに考へたらい
いのか。

 分かつたやうな分からないやうなこの種の言葉には用心深く接し
なければならない。この種の言葉を使ふ人々は、言葉の意味不明を
利用して裏で悪いことをしてゐるのが常なのだ。例へば、参議院の
「共生社会に関する調査会」は「共生社会に関する調査報告」とい
ふ文書を出したことがある。報告書の中身はと言へば、ジェンダー
フリーと性の自己決定権を賞賛する禍禍しいフェミニズムの宣伝文
書そのものだつた。
http://www.haruko.gr.jp/josei/selfdecidep1.html

 「共生」といふ言葉がこのやうな利用のされ方をしてゐることを
覚えておいた方がいいと思ふ。「共に生き、互いに生かされる」な
どといふ修辞に惑はされてはいけない。

 なるほど民主党案には「祖先を敬い」といふやうな表現も登場し
て、そのへんには党内保守勢力の意見も反映されてゐるのかもしれ
ない。しかし民主党には御承知のやうに極左やフェミ議員も数多ゐ
て、彼・彼女たちの意見もおびただしく反映されてゐる。その比重
たるや保守派の文言を完全に圧倒してゐる。

 たとへば、「主権者」といふ言葉。「主権者」が登場する条文は
日本国教育基本法案に三箇所ある。

《(教育の目的)
第一条 教育は、人格の向上発展を目指し、日本国憲法の精神に基
づく真の主権者として、人間の尊厳を重んじ、民主的で文化的な国
家、社会及び家庭の形成者たるに必要な資質を備え、世界の平和と
人類の福祉に貢献する心身ともに健やかな人材の育成を期して行わ
れなければならない。》

《(普通教育及び義務教育)
第七条 
2義務教育は、真の主権者として民主的で文化的な国家、社会及び
家庭の形成者を育成することを目的とし、基礎的な学力の修得及び
体力の向上、心身の調和的発達、道徳心の育成、文化的素養の醸
成、国際協調の精神の養成並びに自主自立の精神の体得を旨として
行われるものとする。》

《(政治教育)
第十五条 国政及び地方自治に参画する良識ある真の主権者として
の自覚と態度を養うことは、教育上尊重されなければならない。》

 「日本国憲法の精神に基づく真の主権者」「真の主権者として」
「国政及び地方自治に参画する良識ある真の主権者」・・・・・く
どいばかりに「主権者」を強調する意図はなにか? 「日本国憲法
の精神」を再確認させることにあるとしか思はれない。つまり、
「日本国憲法の精神」を新教育基本法に改めて注入することによつ
て、「日本国憲法」を恒久化させようといふ作戦だ。護憲勢力の喜
ぶまいことか。

 日本国教育基本法案では「民主的」といふ言葉もすこぶる危険な
使はれ方をしてゐる。

《第十八条 教育行政は、民主的な運営を旨として行われなければ
ならない。》

《第十八条 
3地方公共団体は、教育行政の向上に資するよう、教育行政に関す
る民主的な組織を整備するものとする。》

 「民主的な運営」といふ文言がめでたく入つて、日教組出身の議
員たちも満足してゐるに違ひない。これで、今まで通り職員会議を
「民主的に」運営することができる。民主党案には「不当な支配に
服することなく」といふ文言が消えてゐるから与党案よりよつぽど
いいなんて喜んでゐる人たちの気が知れない。民主党版教育基本法
はサヨク・日教組教師らが実践で使へるやう充分工夫されてゐる。

 権利、学習権、主権者、民主的・・・・・。これで分かつてもら
へたかと思ふ、「日本を愛する心を涵養し、祖先と敬い」といふ文
言が盛り込まれたにもかかはらず、日教組や社会党左派出身の議員
たちが民主党案にギャーギャー言はない理由が。

 民主党案の悪口を書き連ねてきたけれども、実は当方が日本国教
育基本法案で非常気に入つてゐる条文がある。それは附則の第二条
である。

《附則
(教育基本法の廃止)
第二条 教育基本法(昭和二十二年法律第二十五号)は、廃止す
る。》

 与党案が現行教育基本法を改正するのに対し、民主党案では現行
教育基本法を廃止し、新たな法律を制定するのでこのやうな規定が
附則に盛りこまれてゐる。

 現行教育基本法を廃止すること自体には異論はない。

 そこで提案したい。教育基本法廃止だけを盛り込んだ法律をつく
つたらどうだらう。「教育基本法を廃止する法律」である。

《【教育基本法を廃止する法律】

 教育基本法(昭和二十二年法律第二十五号)は、廃止する。》

 教育基本法の本質を知つてゐる人には、私の提案が検討に値する
ものであることを御理解いただけると思ふ。
[PR]
by sakura4987 | 2006-05-27 12:10

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987