★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 07月 ( 252 )   > この月の画像一覧


 印の軍高官相次ぎ訪台

 中国チベット自治区ラサと青海省ゴルムドを結んで世界最高地点を走る「青蔵(青海チベット)鉄道」(全長千百四十二キロ)が一日、全線開通した。

 インド政府は中国が同線開通によって中印国境沿いの軍事力増強を図るとの懸念から台湾との外交協力、情報交換を活発化させている。

 標高五千七十二メートルの世界最高所を走る青蔵鉄道は年間九十万人の旅客運送が可能。

 今年だけでも観光客四十万人増が見込まれる経済効果とともに「民族団結を増進し、辺境防衛を強固にする上で重大な意義がある」(胡錦濤国家主席)との民族政策、地政学的な軍事防衛の狙いも見える。

 人口約二百六十七万人のチベット自治区(93%がチベット族)で約6%を占める漢族の影響力は、自治区外からの観光客増による経済効果、資源輸送などによる漢族支配が高まるとみられており、中国当局は鉄道開通が分離独立の動きも抑制できると見込む。チベット仏教の指導者ダライ・ラマ十四世の訪中問題にも影響を与えている。

 同鉄道の敷設に対してチベット自治区に隣接するインドは、中国の南アジアへの影響力拡大につながるとみて、対抗軸の一つとして台湾との情報交換を積極的に推進している。

 インドは台湾との経済交流を活発化させ、台湾のIT(情報技術)産業への投資も増加。情報漏洩(ろうえい)対策でも米国主導で印台が中国大陸での情報工作を強化させている。

 昨秋、中国軍のサイバー部隊が北京やシンガポール、欧米各都市にあるインド在外公館の情報ネットワークに侵入し、機密情報を引き出していたことが発覚。

 印台双方の空軍幹部は四年前から中国軍の動向や中央アジア情勢について活発に情報交換しており、二〇〇四年、印台双方の海軍当局者がシンガポールで極秘会談を持ったことに中国軍が警戒感を高め、サイバー部隊による盗聴活動に発展したとみられている。

 最近ではインド陸海空各軍の情報部門トップが相次いで台湾入りし、両軍首脳の交流はさらに活発化している。

 台湾国家安全局も欧州連合(EU)駐在の楊六生中将をインドに派遣。対米、対日工作の経験を持ち、欧州での情報パイプも太い楊中将をインド入りさせることで新たな情報ネットワークとしてインドに重点を置く構えだ。

 インドは、中国が青蔵鉄道開通でチベットでの漢族支配を強め、インド国境沿いの軍事力も強化するとみており、米国の後押しを受けながら台湾との協力関係を強化、アジアでの中国一極支配傾向を封じ込める動きを見せている。
[PR]
by sakura4987 | 2006-07-29 15:09

 印の軍高官相次ぎ訪台

 中国チベット自治区ラサと青海省ゴルムドを結んで世界最高地点を走る「青蔵(青海チベット)鉄道」(全長千百四十二キロ)が一日、全線開通した。

 インド政府は中国が同線開通によって中印国境沿いの軍事力増強を図るとの懸念から台湾との外交協力、情報交換を活発化させている。

 標高五千七十二メートルの世界最高所を走る青蔵鉄道は年間九十万人の旅客運送が可能。

 今年だけでも観光客四十万人増が見込まれる経済効果とともに「民族団結を増進し、辺境防衛を強固にする上で重大な意義がある」(胡錦濤国家主席)との民族政策、地政学的な軍事防衛の狙いも見える。

 人口約二百六十七万人のチベット自治区(93%がチベット族)で約6%を占める漢族の影響力は、自治区外からの観光客増による経済効果、資源輸送などによる漢族支配が高まるとみられており、中国当局は鉄道開通が分離独立の動きも抑制できると見込む。チベット仏教の指導者ダライ・ラマ十四世の訪中問題にも影響を与えている。

 同鉄道の敷設に対してチベット自治区に隣接するインドは、中国の南アジアへの影響力拡大につながるとみて、対抗軸の一つとして台湾との情報交換を積極的に推進している。

 インドは台湾との経済交流を活発化させ、台湾のIT(情報技術)産業への投資も増加。情報漏洩(ろうえい)対策でも米国主導で印台が中国大陸での情報工作を強化させている。

 昨秋、中国軍のサイバー部隊が北京やシンガポール、欧米各都市にあるインド在外公館の情報ネットワークに侵入し、機密情報を引き出していたことが発覚。

 印台双方の空軍幹部は四年前から中国軍の動向や中央アジア情勢について活発に情報交換しており、二〇〇四年、印台双方の海軍当局者がシンガポールで極秘会談を持ったことに中国軍が警戒感を高め、サイバー部隊による盗聴活動に発展したとみられている。

 最近ではインド陸海空各軍の情報部門トップが相次いで台湾入りし、両軍首脳の交流はさらに活発化している。

 台湾国家安全局も欧州連合(EU)駐在の楊六生中将をインドに派遣。対米、対日工作の経験を持ち、欧州での情報パイプも太い楊中将をインド入りさせることで新たな情報ネットワークとしてインドに重点を置く構えだ。

 インドは、中国が青蔵鉄道開通でチベットでの漢族支配を強め、インド国境沿いの軍事力も強化するとみており、米国の後押しを受けながら台湾との協力関係を強化、アジアでの中国一極支配傾向を封じ込める動きを見せている。
[PR]
by sakura4987 | 2006-07-29 15:09

http://www.asahi.com/national/update/0725/OSK200607250185.html

 終戦直後の45年9月25日、昭和天皇が米国のニューヨーク・タイムズ記者とUP通信(現UPI)社長に会い、開戦の経緯や戦後の日本が目指す方向などについて回答した文書の控えが、宮内庁書陵部で見つかった。

 通告なしにハワイ・真珠湾を攻撃したのは東条英機元首相の判断だったとする説明が事実と確認されたほか、戦争の反省に立って平和国家の建設を目指す意欲などが記されている。

 天皇が報道機関の質問に答えたのは初めてで、国際世論に訴えることで天皇に対する戦争責任追及を回避する意図があったとみられる。

 文書は、ニューヨーク・タイムズのフランク・クルックホーン太平洋支局長、UP通信のヒュー・べイリー社長がそれぞれ昭和天皇に面会した経緯を記録した式部職作成の「謁見(えっけん)録」(45年)の中にあった。事前に提出した質問への回答という形を取っている。

 クルックホーン氏への回答文は、これまで明らかになっていた幣原喜重郎元首相が作成した原案から複数の個所で修正されている。

 米国で重視されていた真珠湾奇襲攻撃について、「宣戦の詔書は、東条大将が使ったように使う意図はあったのでしょうか」という質問に、「東条大将が使ったように使われることは意図していなかった」と回答している。

 幣原原案では「戦争の作戦上の詳細は陸海軍の最高指揮官に任される」と名指しを避けていた。

 ニューヨーク・タイムズは9月25日付の1面トップの見出しで「裕仁、記者会見で東条に(真珠湾)奇襲の責任を転嫁」と報道。同紙記事を転載した同月29日付の朝日新聞は「天皇は『宣戦の大詔は東条のごとくにこれを使用することはその意図ではなかった』と語った」と報じた。

 当時、内閣情報局は「天皇陛下は伝統として個人に対する非難をしないはずだ」と記事を批判した。タイムズ紙は10月2日付紙面で記事は正確だと反論した。

 このため、研究者の間では「記事はクルックホーンの捏造(ねつぞう)ではないか」「連合国軍総司令部(GHQ)の意向で改変されたのではないか」などと論議を呼んでいた。今回の発見で、記事が回答文通りだと立証された。

 日本の将来についての質問には、「平和的な貢献により日本がやがて国際社会で正当な地位を再び占めることを望む」と回答。

 「銃剣によって、または他の兵器の使用によって恒久平和が確立されるとは思わない」とも述べている。一方で、幣原原案にあった「国家の教育制度の大改革が行われると思う」の部分は削除されていた。

 また、同紙の記事にある「英国のような立憲君主国がよいと答え」に当たる記述はなかった。記者に回答が手渡される前に、さらに修正された可能性もある。

 ベイリー氏への回答文では、日本の将来についての考えを問われ、「日本はいま、平和への新たな道を歩み始めたわけであるが、国民がその望ましい目標に到達できることを心から希望しており、そのためにあらゆる手段を尽くすつもりだ」と答えている。

     ◇

 今回の回答文は番組製作者の鈴木昭典さん(77)の情報公開請求がきっかけで存在がわかった。26日のテレビ朝日系「報道ステーション」で特集が放映される。
[PR]
by sakura4987 | 2006-07-29 15:08

 イスラエル軍のハルツ参謀総長は27日、記者会見で、3個師団の予備役が新たに招集されるとの見通しを明らかにした。ロイター通信によると、これで約1万5000人の兵士が増強されることになり、レバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラとの戦闘が始まって以来、一度に招集される予備役の規模としては最大となる。

 参謀総長は、レバノン攻撃について、「われわれが新たな命令を受けるか、設定した目的に達するまで続く」と述べ、さらに戦闘が長期化することを示唆した。また、詳細は明らかにしなかったが、これまでの攻撃でヒズボラの攻撃施設は「深刻な被害を受けた」と語った。

 一方、AP通信によると、3週間目に入った戦闘でレバノンの民間人382人の死亡が確認されたが、同国の保健相は死者が600人に達しているとの見方を示した。
[PR]
by sakura4987 | 2006-07-29 15:05

http://it.nikkei.co.jp/security/news/index.aspx?n=MMITzx000027072006

米シマンテックのケビン・ホーガン氏

 個人情報などを盗み出す「スパイウエア」やコンピューターウイルスの感染による情報漏洩事件など、不正プログラムを通じた被害が国内外で後を絶たない。人間心理の盲点を突く手口「ソーシャル・エンジニアリング」(SE)型攻撃などの横行も指摘される中、世界のサイバー攻撃は現在、どのような傾向を示しているのか。米シマンテックで世界各地のウイルス情報などを収集する部門の責任者を務め、このほど来日した同社セキュリティ・レスポンス・グローバル・アンチウイルス・オペレーションズ・チーム・シニアマネージャーのケビン・ホーガン氏に、世界の不正プログラムにおける最新動向を聞いた。

■世界的なSE型攻撃の拡大

――最近のサイバー攻撃でどのような点を警戒していますか。

 「われわれが直面する最大の課題の一つがSE型攻撃の拡大だ。電子メールを介して全世界に向け無差別に感染を広げる『ワーム』型ウイルスの新種は影をひそめ、攻撃する相手を特定の地域や組織に絞る形が主流となりつつある。感染についても、ワームが自己増殖しながら被害を拡大するのに対して、SE型では特定のターゲット層に向けた電子メールの添付ファイルや、リンクなどを通じて配布される。こうした傾向は昨年以降目立っており、今年になってより鮮明化した。米英独やハンガリーなどでこうした例を何度か確認されている。日本も含め世界的な流行といえそうだ」

――SE型手法が流行している背景は何でしょうか

 「攻撃者の目的が愉快犯型から情報の取得目的中心に変わってしばらく経つ。SE型攻撃もそうした流れの延長にあると考えてよい。犯行時にキーボードの入力動作を記録して外部に送信する『キーロガー』や画面上のスクリーンショットを記録する『スクリーンスクラッパ』などが使われるのはその証左だ」

■伝統的な攻撃が様変わり

 「SE自体は、郵便物や固定電話が主流の時代から使われていた詐欺の伝統的手法だ。しかし使われるテクニックをみると、ここ数年で大きく様変わりしている。攻撃者側の目的は主に個人情報などの取得であり、感染したパソコンやデータに被害を与える必要はない。技術面でいえばワームの方がSE型よりはるかに恐ろしいものだが、SE型で用いられるスパイウエアなどは、むしろパソコンに痕跡を残さないように注意を払って作成されており、発見をより困難にしている。感染の確度を高めるうえでも、たとえば金融機関を装ってメールを送る場合に専門用語や体裁などを本物に近づければ、受信者の信用をよりつかみやすくなる。防御側の対策はワーム型とSE型では根本から異なることを認識し、防御側の意識を変える必要がある」


――これらの手口は成功しているのでしょうか

 「(成功したか失敗かの)判断はつかないが、一定の成果が出ている可能性はある。われわれが確認した例では、パソコンを外部から制御する『ボットネット』に感染したパソコンから『IRC』と呼ばれるチャットシステムを通じてクレジットカードの番号や名前、有効期限などの情報が送り出されて流通していた」

■古典的ウイルスの「復権」も

 「最近の新しい傾向として、ファイル感染する『サリティ』など、いわゆる純粋な『古典的ウイルス』がいくつか今年に入って確認されている点は注目される。まるで十数年以上前の『MS-DOS』時代に戻ったかのような現象がなぜ今になって出てきたのか、原因や理由は調査中だ。しかし確定的といえるのが、ウイルスの最終的な目的がかつてのようなパソコンの破壊などではなく、スパイウエアなどと同様に個人情報などの取得を狙ったものであるとみられる点だ。犯行の手段として、古いタイプのウイルスが有効だと判断したということかもしれない。いずれにせよ当時の知識がないと分析や対処が難しい場合もあり注意が必要だ」
[PR]
by sakura4987 | 2006-07-29 15:04

http://www.sankei.co.jp/news/060728/sha060.htm

 国内最大の教育改革ネットワーク構築を目指す民間シンクタンク「日本教育再生機構」設立に向けたパーティーが27日、東京・虎ノ門の虎ノ門パストラルで開かれ、有識者や教育関係者約250人が参加。基本構想の発表などが行われた。

 代表発起人の政治評論家、屋山太郎氏は「こういう運動はすそ野が広いほうがいい」と述べ、ネットワーク化を歓迎。教員団体を代表して、三好祐司全日教連委員長や向山洋一TOSS代表が「しっかり連携したい」「一緒に前進したい」とあいさつした。

 ジャーナリストの櫻井よしこさんや外交評論家の岡崎久彦氏も支持を表明。安倍晋三官房長官、武部勤自民党幹事長、山谷えり子内閣府政務官らのメッセージも紹介された。

 理事長就任が予定されている八木秀次高崎経済大教授は「日本の教育を再生させるため、これまで相互のつながりがなかった全国の教育団体がゆるやかな連合体を構築することを呼びかけたい」と述べ、基本構想として(1)歴史教科書作成など伝統文化の継承(2)道徳教育の充実(3)性差否定教育や過激な性教育に反対し、家族を再興(4)学力と「教師力」の向上-などを発表した。


 新しい歴史教科書をつくる会の小林正会長も出席し、「われわれもネットワークの中にお呼びいただければ加わって、教育再生の一翼を担いたい」と、連携への期待をにじませた。


 日本教育再生機構は参加団体の募集を急ぎ、10月下旬の正式発足を目指している。
[PR]
by sakura4987 | 2006-07-29 15:04

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060728STXKF001328072006.html

 イランのファルス通信は27日、ベネズエラのチャベス大統領が28日夜(日本時間29日未明)、イランを公式訪問すると報じた。3日間滞在し、イランのアハマディネジャド大統領らと会談、貿易などの文書に調印するという。

 チャベス大統領はイランの核開発を擁護。両大統領は、石油などの豊富なエネルギー資源を武器に超大国、米国に挑戦する共通の政治姿勢をとっており、共闘を確認するとみられる。
[PR]
by sakura4987 | 2006-07-29 15:03

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20060728ig90.htm

 北朝鮮の姿勢が改まらない以上、やはり圧力を強めていくしかあるまい。

 東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会議が、マレーシアで開催され、北朝鮮の白南淳外相も出席した。

 会議では、北朝鮮のミサイル発射への懸念と、核廃棄を迫る6か国協議への無条件復帰を促す議長声明を発表した。白外相はその場で声明を拒否した。

 白外相は「ミサイル発射は自衛の権利」と強調し、先の国連安全保障理事会の決議に対し「北朝鮮に対する挑発行為だ」と強く反発した。6か国協議への復帰にも、米国の金融制裁解除が先だとする従来の主張を繰り返し、揚げ句にARFからの脱退までほのめかした。

 会議では、日本をはじめ11か国・機関が北朝鮮の核・ミサイル問題に言及したが、こうした声を一切無視した形だ。

 ASEAN諸国には北朝鮮と友好関係にある国もある。だが、日米豪なども加わるARFの議長声明だけでなく、ASEAN外相会議の共同声明も、ミサイル発射への「憂慮」を明記した。

 北朝鮮が6か国協議参加国による外相会合を拒否したため、緊急に持たれた10か国外相会合では、安保理決議を着実に履行する方針を確認した。決議は、北朝鮮との間でミサイル関連物資・技術・資産の移転の阻止などを求めている。

 一連のASEAN関連会議で、北朝鮮の国際的孤立は一層明白になった。

 中国は最近、国有の「中国銀行」の北朝鮮関係口座を凍結したとされる。説得を無視され、面目をつぶされたことへの不満の表れではないか。北朝鮮の問題に積極的に関与することが、中東情勢に忙殺される米国への“貸し”につながる、との判断も働いているのだろう。

 韓国はコメ支援を凍結したが、これも、融和政策への疑念が国内外に高まり、盧武鉉政権批判に転じることを懸念しての最小限の措置という見方が強い。

 関係国に思惑の違いや北朝鮮への脅威認識に濃淡があるからこそ、対「北」包囲網の維持・強化へ、日本は外交努力を継続しなければならない。

 麻生外相はライス米国務長官との会談で、安保理決議に基づく金融制裁を検討していることを説明した。ライス長官も「決議の事後点検が必要だ」として、追加制裁措置を講じる意向を示した。

 北朝鮮への圧力を実効あるものとするには、中国の協力が欠かせない。口座凍結に続く措置を促すなど、中国への働きかけでも、日本は米国と緊密に連携していく必要がある。


───────────────────────────────────


◆労働新聞「朝鮮半島で戦争が目前に近づいている」 (朝鮮日報 06/7/28)

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/07/28/20060728000019.html

 北朝鮮の労働新聞は27日、米国の航空母艦エンタープライズ号の釜山寄航について、韓半島(朝鮮半島)で新たな戦争が目前に近づいていると主張した。

 同紙は「戦争の危険を増大させる軍事的挑発」という見出しの論評で、「米国はわれわれ共和国に対し、不当な制裁騒ぎを段階的に拡大する一方、軍事的圧迫をさらに強化している」とし、「このようなときにエンタープライズ号が釜山港に寄航したのは尋常なことではない」と指摘した。

 また、「米国が騒いでいる朝鮮半島の平和や安全という言葉はまやかしであり、米好戦勢力はそのような偽装広告の下、対朝鮮侵略政策を実現させるための動きを進めている」とし、「米国のために朝鮮半島では新たな戦争が目前に近づいている」と強調した。
[PR]
by sakura4987 | 2006-07-29 15:03

http://www.iwate-np.co.jp/newspack/cgi-bin/newspack.cgi?national+CN2006072801003452_1

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の東京都本部が入る建物と土地(東京都文京区)について、整理回収機構が競売を申し立て、東京地裁が競売開始を決定していたことが28日、分かった。

 関係者によると、決定は5月25日付で、不動産は朝鮮総連関連とみられる会社が所有。整理回収機構は2002年末、この不動産を担保に同社側に融資していた旧朝銀東京信組から債権の譲渡を受けていた。

 都本部については、東京都が03年から課税減免措置を取りやめ、固定資産税と都市計画税の課税を通知したが滞納。都は地方税法に基づき、都本部の土地や建物を差し押さえていた。
[PR]
by sakura4987 | 2006-07-29 15:02

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/07/21/20060721000003.html

 米財務省のスチュアート・レビー次官(テロ・金融情報担当)が16日から18日まで韓国を訪問したのは、国連安全保障理事会の北朝鮮非難決議採択後、北朝鮮に対する制裁の動きが表面化していることを示している。

 レビー次官は18日、米財務省のホームページで「韓国訪問中、北朝鮮のミサイルや大量破壊兵器(WMD)に使われる財政的援助の禁止を全ての国連加盟国に求める安保理決議を含め、共通の関心事について議論した」と述べた。

 具体的に安保理決議を北朝鮮にどう適用するかについて議論したことを明らかにしたものだ。レビー次官は今回の議論について「建設的で教育的だった」とし、満足感を表明した。

 レビー次官は3日間のソウル滞在中、国家安全保障会議(NSC)や外交通商部幹部はもとより、財政経済部、金融情報院の関係者にも会い、米国の立場を伝えた。

 韓国政府関係者によると、レビー次官は韓国訪問中、韓国政府に特に何かをするよう求めることはなく、ただ北朝鮮の大量破壊兵器製造に必要な資金の流れを断つことの重要性を強調したという。

 またブッシュ政権はいかなる場合であれ、北朝鮮の偽ドル札製造やマネーロンダリング(資金洗浄)を容認しないことを強調したという。

 レビー次官はまた、米財務省が進めているマカオのバンコ・デルタ・アジア銀行(BDA)の北朝鮮に関する資料の分析について、調査をすればするほど、さらなる調査が必要になっている状況にあり、調査には相当長い期間を要すると説明したという。

 ソウルのある外交消息筋は「国連安保理の決議案が採択されるやいなや、レビー次官が真っ先に韓国を訪問したのは、韓国政府が北朝鮮への金融制裁の重要性を認識し、積極的に賛同してくれることを望んでいるためだ」と語った。

 韓国政府はレビー次官の韓国訪問が、今月5日の北朝鮮のミサイル発射以前から予定されていたもので、通商部門の協議に終始したと説明している。

 韓国政府はレビー次官の訪韓日程を公開するよう提案したが、米国側が案件の性質を考慮して非公開にすることを求めたという。


───────────────────────────────────


◆米副大統領ら強硬派が北朝鮮を批判 (TBS 06/7/28)

http://news.tbs.co.jp/part_news/part_news3345134.html

 アメリカのワシントンでは、チェイニー副大統領らブッシュ政権の対北朝鮮強硬派が相次いで北朝鮮を批判しています。

 27日は朝鮮戦争停戦の53年目の記念日でしたが、式典で挨拶に立ったチェイニー副大統領は改めて北朝鮮を批判しました。

 「北朝鮮は無慈悲な抑圧、慢性的なモノ不足、そして大規模な飢餓の舞台であり、政治犯が主要都市ほどの大きな収容所に閉じ込められている」(チェイニー副大統領)

 そして、チェイニー副大統領は朝鮮半島全体が自由の灯火に照らされるまで、アメリカ軍はそこにとどまると強調しました。

 一方、金正日総書記を何度も呼び捨てにして、北朝鮮から目の敵にされているボルトン国連大使も27日の議会証言の中で、北朝鮮と中国のロケットなどの武器技術が、イランを経由して中東のテロリストに渡っているとの見方を示しました。

 「北朝鮮や中国のような国から技術が売られていることが、中東情勢を複雑にしている」(ボルトン国連大使)

 北朝鮮はアメリカによる金融制裁を理由に、6か国協議への復帰をかたくなに拒み続けていますが、今のところブッシュ政権の側が譲歩する気配は全くありません。
[PR]
by sakura4987 | 2006-07-29 15:02

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987