★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 58 )   > この月の画像一覧



 (産経 2008/10/3)


 ■武人の遺書が語るもの

 人の上に立つ者の覚悟、責任について考えてみたいと思います。

 明治43年、山口県新湊沖で潜航訓練中の海軍六号潜水艇が海水の浸入によって浮上できず沈没、佐久間勉艇長以下14名が死亡するという事故が起きました。潜水艇の事故は当時の外国海軍でも度々起きていて、引き揚げられた艇の扉を開けると、そこには多くの乗組員の遺体が群がって、脱出を我(われ)先にと争った醜態のあとさえありました。

 引き揚げられた佐久間艇の状況はそれとは全く異なってい、世界中がそれに驚きました。佐久間艇長は司令塔で指揮をとったまま、機関中尉は電動機の前に、機関兵曹は機関の前に、舵手は操舵席に就いたまま14名の乗組員がすべて各自の部署を守って息絶えていました。死を前に取り乱した様子はなかったのです。

 収容された佐久間艇長の軍服のポケットから、遺書が発見されました。沈没後は電燈も消え、酸素も刻々費消され、絶望の中で佐久間艇長は遺書をしたためたのです。

 遺書は、まず艇を沈め部下を死なせてしまったことを詫(わ)び、部下が最期まで冷静沈着に任務に尽くしたこと、沈没の原因とその後の処置について書き、最後に明治天皇に対し部下の遺族の生活が困窮しないように懇請しました。

 死の恐怖と向き合いながらこうした遺書をしたためられたのは、まことに感嘆するよりない。夏目漱石は佐久間艇長の遺書を国家の一大文書だと受け止めましたが、佐久間艇長以下の振る舞いを厳粛に受け止める感覚は、当時の日本国民であれば、大インテリから裏長屋の庶民までみんなが同じだったでしょう。

 こんな話もあります。大東亜戦争のサイパン防衛戦の作戦を立てた大本営参謀の晴気誠少佐は、自らの水際作戦が失敗した責任感から拳銃(けんじゅう)自決をしました。夫人あての遺書には、「…戦禍の下に散った人々に、お詫びを申し上ぐることは、予の当然とるべき厳粛なる武人の道である。サイパンにて散るべかりし命を、今日まで永らえてきた予の心中を察せられよ」と記されていました。少佐の自決は、終戦の詔勅が下された後、8月17日未明のことです。

 佐久間艇長も晴気少佐も、歴史の彼方(かなた)に忘れ去られる存在かもしれませんが、その遠くからの声を厳粛に聴きとめることこそ、いまの私たちに最も必要ではないでしょうか。(次回はR・ヴルピッタ氏)

                   ◇

【プロフィル】福田和也

 ふくだ・かずや 昭和35年東京都生まれ。慶応大学文学部仏文科卒。同大学院文学研究科仏文学専攻修士課程修了。平成元年「奇妙な廃墟」で注目され、以後「日本の家郷」(三島由紀夫賞)、「甘美な人生」(平林たい子賞)、「地ひらく」(山本七平賞)など著書多数。
[PR]
by sakura4987 | 2008-10-11 14:33


 (AFP 2008/10/6)

 http://www.afpbb.com/article/life-culture/religion/2525510/3399311


 ローマ法王ベネディクト16世は5日、バチカンのサンピエトロ大聖堂でカトリック司教会議の開催を祝うミサを行い、神を信じない現代文化を厳しく批判した。

 世界各地から集まった250人以上の司教たちを前に行った説教で、ローマ法王は欧州においてキリスト教が絶滅の危機にある可能性を指摘。「かつては厚い信仰の下にあった国家も、ある種の現代文化が与える有害で破壊的な影響のせいで、神の使命を見失っている」と述べた。

 また、「『神は死んだ』と公言し、自分自身を世界や運命の絶対的支配者だと信じ込んでいる人間がいる。そうした人間のもとで、自由で公正で平和な統治が達成されるだろうか。ニュース報道が毎日伝えているように、それは難しいことだ」などとも語った。

 一方で、「ある地域で信仰が弱体化したとしても、その一方で、信仰心に目覚める人びとも必ず現れる。邪悪や死が勝利することは絶対にないのだ」との希望も示した。

 司教会議では、3週間かけてキリスト教の原理や他宗教との関係などを協議する。253人の司教の出身地域内訳は、アフリカ51人、米国大陸62人、アジア41人、欧州90人、太平洋地域9人。

 今回の司教会議には、史上初めてギリシャ正教の主教や、プロテスタント、英国国教会の司教らがオブザーバーとして参加する。また、ユダヤ教からも初めて宗教主導者が参加し、6日には聖書をテーマに演説する。
[PR]
by sakura4987 | 2008-10-11 14:32



                 「政治の混迷を打開するには」

 (産経 2008/10/7)


 ■情報に惑わされず正しい判断を

 「政局」という言葉をニュースなどで聞くと、その当事者たちが、いったい誰のために、何をしようとしているのかと、いつも憤りを感じる。「国民のために」と口では言いながら、「自分が権力を握る座に就きたい」という欲が透けてみえるからである。

 国民を幸福にし、国家を繁栄させ、外の脅威から守るために、自らが持てる知識と経験を生かす努力をする人たちは政治家と呼んでも良いと思うが、国民を利用して「私が、私が」と騒ぐ人たちは、政治屋と呼んで区別すべきではなかろうか。

 戦争で何もかも失った日本人は、欧米諸国のような物の豊かな暮らしを目指し、がむしゃらに働いた。当面の目標やそれを実現するためにやるべきことがはっきりしていたから、政治家が「こうしよう」と判断し、国民に呼びかけることはたやすかった。国民も、政治家の言葉を信じて目標達成のために働けばよかったのである。

 しかし、東西冷戦構造は過去のものとなり、国際社会はますます多極化して複雑になった。これまでのように、アメリカのご意向をうかがい、中国や朝鮮半島のご機嫌を損ねないようにして気をつかいながら政策を考えてばかりいたのでは、日本は国際社会の発展から取り残されてゆくだけだ。関係の深い国々とできるだけ良好な国交を維持するための配慮は必要であろうが、今、日本と日本人に必要なのは、他国の反応がいかなるものであろうとも、「日本はどのような姿の国家であるべきかを考える」ことであり、「国際社会において、他国から尊敬され、あこがれられる国になる努力をする」こと、そして「決断すべきは決断し、勇気をもって断行する」ことではないか。

         ◆◇◆

 今思えば、安倍晋三元首相は、日本のあるべき姿の土台となる憲法の改正、強く豊かな国の土台となる国民を育てるための教育改革、行政を腐敗させる元凶となっている公務員制度の改革に取り組んだ。外交面でも、就任後すぐに中・韓両国を訪問して友好的な関係を強調する一方で、国の安全保障に不可欠な防衛庁を省に格上げするなど、日本がやらなければならない最優先課題を選択し、実現するために果敢に挑んだのだった。

 ところが、安倍氏の改革は、日本が抱える病巣と、そこに巣くう「悪」に、あまりにも直截(ちよくせつ)に切り込んだものであったので、せっかく、日本が混迷から脱出する端緒が開かれそうであったのに、さまざまな批判で追い込まれて退陣してしまった。その責任はいったい誰にあったのか。

 それは、表層的なことに目を奪われ、無責任なマスコミが喧伝(けんでん)するいい加減な情報に目をくらまされてしまった国民にあったのではないか。日本は一応、民主主義の国である。自分たちの願いを代弁してくれる政治家を選挙で選ぶことができる。だとしたら、政治家の質が低下し政治が混迷しているのは、私たち国民の責任である。決断力のない政治家や、エゴむき出しの政治屋に政治を任せたのは、国民自身なのだから、今さら愚痴や不平不満を漏らすだけでは無責任極まりない。

 しかし、国民が政治家を選ぶ際の根拠となる、日本のマスコミが流す情報は、あまり信用できないというのが、悲しい現実である。マスコミが偏った知識や情報を繰り返し流すことによって、国民の大多数が洗脳され、間違った判断を下しているとしたら、それは大変恐ろしいことである。

 このような状況下で、当面われわれが頑張れることは、国民はテレビやインターネットの情報に惑わされず、自分で勉強して正しい知識を蓄え、正しい判断ができるように努力すること。マスコミは、国民を正しく啓蒙(けいもう)するという本来の使命を果たすこと。政治家は、力強い言葉を武器に、マスコミに多少批判され、たたかれても負けないだけの論戦能力を身につけることであろうか。

         ◆◇◆

 今、日本は経済的にも苦境にあり、多くの国民が国に対して「なんとか助けてほしい」と叫んでいるが、自助努力の精神で、一人ひとりが「火事場のばか力」を発揮すべきである。世界を見渡せば、もっと苦しい状況にある人びとばかりなのだ。自分のことだけに汲々(きゅうきゅう)とせず、多くの人を幸福にしたいという大きく深い心を持てば、日本国内の政治の混迷など、あっと言う間に打破できる力が日本人にはあると、私は信じている。
[PR]
by sakura4987 | 2008-10-11 14:32


 (毎日 2008/9/30)

 http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20080930ddlk14070210000c.html


 千葉県の成田幸満ちゃん変死事件はどのような展開に向かうか分からないが、私は米国で制定されたメーガン法を思い出した

 この法律は、子供に対する性犯罪の再犯を防ぐ目的で96年、当時のクリントン大統領により、連邦法として制定された。仮釈放や刑期を終えた性犯罪者が、氏名、年齢、住所、犯歴など情報を警察に申告。警察はその情報を登録後、一般に公開する

 同様の動きは97年には英国(情報は非公開)、00年には韓国(公開)でも続いた。「犯罪から鎌倉を守る会」の大津定博代表によると「米国の性犯罪者の再犯率は他の犯罪に比べ7・5倍。日本ではその統計すらない」と話す

 日本でも広島県のあいりちゃん殺害事件、奈良県の楓ちゃん殺害事件など、子供への性犯罪事件は再犯が多い。大津さんは「日本は人権保護が重視されるあまり、犯罪者を保護し、被害者の救済策は後手後手に回っている」と怒っている。
[PR]
by sakura4987 | 2008-10-11 14:31


 (産経 2008/10/3)

 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081003/plc0810031126007-n1.htm


 政府は3日の閣議で、中学校学習指導要領の解説書をめぐる竹島(島根県、韓国名・独島)の記述について「竹島が北方領土と同様にわが国の固有の領土であることは明確にされている」とする答弁書を決定した。鈴木宗男衆院議員の質問主意書に対する答弁。

 学習指導要領の解説書では、竹島について「わが国と韓国の間に竹島をめぐって主張に相違があることなどにも触れ、北方領土と同様にわが国の領土・領域について理解を深めさせることも必要である」と触れ、「わが国固有の領土である」と明記した北方領土との扱いの差異が明確になっていた。

 答弁書は、「北方領土はロシアによって不法占拠されていることをより明確に記述した」とした上で、竹島の記述のあり方は「北方領土と著しい差異を設けたとは考えていない」とした。同時に、韓国の竹島への不法占拠は「わが国に対する主権の侵害」との認識を改めて示した。

 また、領有権をめぐり他国との間で未解決となっているのは北方領土と竹島以外には存在しないことも強調した。
[PR]
by sakura4987 | 2008-10-11 14:31


 (聯合 2008/10/1)

 http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2008/10/01/0200000000AJP20081001003100882.HTML

 李明博(イ・ミョンバク)大統領は1日、第60周年国軍の日を迎え記念式に出席し、「わが軍は先進精鋭強軍に生まれ変わらなければならない。先進精鋭強軍は強い軍隊、国民の軍隊で、世界の中で堂々たる軍隊」だと述べた。政府として、国のために犠牲になった人に対し責任を取るという原則を守ることも約束した。

 また、国民が安保観を新たにすべき時期だと指摘した。特に軍に対しては「透徹した国家観と安保観で再武装すると同時に、健康で肯定的な歴史観で祖国の発展に寄与すべき」と強調した。軍の士気と福祉は国防力と直結する重要な要素のため、国民と政府が細やかに配慮し職業軍人の待遇も改善するとの考えを明らかにした。兵役義務に関しても、意識向上や人権保障、兵営文化革新などの必要性を力説した。

 李大統領は、強い軍隊だけが国土を守り、戦争を抑制し平和を保障することができるとし、「韓国の安保を脅かすいかなる勢力に対しても断固対応する態勢を備えなければならない」と注文した。さらに、テロや人権侵害、自然災害など人類共同の脅威に対処できる能力と体制を備えた、国際貢献ができる軍になるべきだとしている。こうした安保環境の変化に合わせ、軍の先進化と変化が必要だと繰り返した。
[PR]
by sakura4987 | 2008-10-11 14:30


 (スポニチ 2008/9/29)

 http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20080929051.html


 “張本超え”はならなかった。ペドロイア(レッドソックス)と並ぶ今季最多の213安打を放ったが、3085安打まで、あと2本でシーズンを終えたイチローは「疲れた」と口を開いた。

 「僕がずっと記録を追っていたのに、何かに追われているイメージがずっと付きまとっていた」という。2打席目の遊ゴロで「(張本さんを)超すのはしんどいな」と思った。3打席目の投ゴロ失で「並ぶのもしんどいな」と感じた。第4打席でこの日2本目の安打。カメラマンの動きに変化が出た。「やけにカメラがこっちを向いている。何か起きたか」と振り返った。

 「一番になりたかった。僕はナンバーワンになりたい人。この競争の世界に生きている者として“オンリーワンがいい”なんて言っている甘いやつが大嫌いなんで」

 達成感はないという。開幕前に7、8割の力でいろんな目標をクリアしたいと思っていた。30代半ばで目いっぱいでは、今後も太く、長い野球人生を送ることができないと考えていた。通算3000安打と8年連続200安打を達成しても「全然できていない。必死やった」。淡々と正直に告白した。

 「停滞やね。感覚的には下がっちゃいないけど、進んでもいない」。打席での立ち位置を変え、新たな境地を開拓するシーズンのはずだった。一筋縄でいかない感情とともに、イチローの8年目が終わった。
[PR]
by sakura4987 | 2008-10-11 14:30


 (サンスポ 2008/9/30)

 http://www.sanspo.com/geino/news/080930/gnj0809300503016-n2.htm

 世界を股にかけるYOSHIKIも、暴行事件や大麻問題に揺れる角界の対応にブチ切れだ!

 YOSHIKIは友人の横綱・白鵬の客人として28日、東京・両国国技館で行われた大相撲秋場所千秋楽を生観戦。現場で8回目の優勝を果たした横綱から記念撮影をお願いされ、支度部屋を訪れた際にブーツのまま畳の上を歩こうとしたとして、相撲協会の桐山部屋の世話人(52)から「畳の上だぞ、靴を脱げ!!」と一喝された。

 この騒動について所属事務所は、支度部屋は記者や関係者の壁があり、その先に何があるか分からない状態で、足場に畳があったか把握できなかったにもかかわらず、部屋に入るなり同氏から「急いで」「歩かないで」「走れ」などと急かされたことを指摘。移動の際に同協会の誘導や説明はなかったという。本人は帰ろうというしぐさもしたが、白鵬との友人関係を先に思い、靴を脱いで壇上に。さらに状況を把握していないYOSHIKIに対し、今度は「胡座をかけ」と指示があり、あえて笑顔を作って記念撮影を済ませたという。

 この相撲協会の言動や態度に対し、YOSHIKIは異例の抗議コメントを発表。「僕はもともと呉服屋の長男です。いくらアメリカ生活が長いとはいえ、平気で畳の上を靴で歩いたりはしません」と不快感を吐露したうえで、「お客さんをこのように扱う相撲協会って少しおかしくないですか?」と苦言を呈している。

 関係者によると、YOSHIKIを招待した白鵬も「横綱の客人に対して考えられない対応」と相撲協会に対してご立腹の様子。記念撮影後、すぐさま電話でYOSHIKIに謝罪した上、本人の元を訪れて再謝罪。30日に横綱が所属する桐山部屋を通じて相撲協会へ正式に抗議を入れるという。

 この件に対して、相撲協会広報部はサンケイスポーツの取材に「担当者が不在のためコメントできない」としている。
[PR]
by sakura4987 | 2008-10-11 14:29


 (産経 2008/10/10)


 ■「武士道と云(いう)は、死ぬ事と見付(みつけ)たり」(山本常朝(つねとも)『葉隠(はがくれ)』)

 山本常朝は佐賀(鍋島)藩士だったが、41歳の年、主君の死去を機に出家した。草庵(そうあん)に居を定めた常朝の談話をまとめたのが武士道の書『葉隠』である。

 常朝は戦国の世をしらない。しかし、彼の説く「道」は強烈である。冒頭のことばのほかに、こうも語っている。「武士道は死狂ひ也(なり)。本気(正気)にては大業はならず。死狂ひする迄(まで)也」

 歴史家の奈良本辰也はこの常朝のことばに「偉大なる狂気」をみた。鎌倉期の日蓮や親鸞、幕末の吉田松陰や高杉晋作ら時代の先覚者は、みなこの系譜に連なるという。だが、誤解してはならない。常朝の「狂の思想」の目的は「死ぬ事」ではなく、忠孝の手本となる大業を立てることにある。だから常朝は冒頭のことばにこう続ける。「常時死に身になっているときは、武道に自由を得、一生落ち度なく、家職をまっとうできる」

 常朝は享保4(1719)年のきょう(旧暦)、60歳で没した。彼の心は近代でいえば薄幸の詩人、石川啄木に近い、と思う。啄木はうたっている。  

 こころよく

 我にはたらく仕事あれ

 それを仕遂げて死なむと思ふ
[PR]
by sakura4987 | 2008-10-11 14:28


             京都産業大教授 ロマーノ・ヴルピッタ

 (産経 2008/10/10)


 1899年に日本を訪れたフランスの画家レガメは、日本の職人についてこのように述べた。「彼らは、私がどんなに彼らが好きであるのか、おそらく知るまい。また、自分たちに、どんなに愛される資格があるのかも知らない」と。

 レガメが日本を訪れるのは2回目だった。1876年にも彼は、フランス芸術界を風靡(ふうび)したジャポニスム(日本熱)に惹(ひ)かれて来日し、その時に自分が想像した「美の国」に出合って深い喜びを感じた。しかし、二十余年後の2回目の訪日では、彼が愛していたあの美しい文化が西洋化の荒波に流され、なくなりつつある事実を痛感した。ただ、職人の気質にはその文化の名残を認めたのである。

 ずっと後、日本浪曼派の保田與重郎は「三十三間堂の、工事仕事を見ると、今でもこんなまともな優れた工人いるかと、泪(なみだ)が出るほどうれしい。しかしそれらは名ある大工棟梁(とうりょう)に限らない。市井の住宅に出入りする伝統職人に、みなその風儀がある」と述べた。保田によると、彼らは最高のものを作るのは当たり前と思い、それ以下のものを知らない。

 「当たり前」とは重要な言葉である。昔からずっと、日本人は自分の仕事を天賦として受けとめ、それを全うするために全力を尽くすのは当たり前と考えてきたのである。この姿勢は意識的ではなく、日本のくらしという、生活の環境の中、自(おの)ずから生まれたものであると保田は指摘した。このくらしは職人だけでなく、一部の農家と商家にも引き継がれている。

 保田も晩年、京都の嵯峨の山荘で文人としての日本のくらしを営み、生活様式をもって自分の文化的理念を具現化しようとした。彼も、伝統の職人と同じように、最高を追求するのは当たり前と考えた。しかし彼の場合、この追求は無意識的ではなかった。日本のくらしの維持は、文人としての自分の天命であると意識していた。日本人が、一人でも日本のくらしを営む限り、日本は滅びないという、彼の揺るがぬ信念であった。彼にとって、嵯峨の山荘で営んだ風雅な生活は、日本文化を守るための戦いであった。

 保田は最後までその志を貫いたが、現在、日本のくらしがどのくらい守られているのだろうか。私が後世に残したいのは、あらゆる人間の営みに、最高を当たり前とする日本のくらしである。日本のくらしが続く限り、日本は滅びない。(次回は日下公人氏)

          ◇

【プロフィル】ロマーノ・ヴルピッタ

 1939年イタリア・ローマ生まれ。61年ローマ大学法学部卒。イタリア外務省入省。72~75年ナポリ東洋大学院日本文学担当教授。75年欧州共同体委員会駐日代表部次席代表。著書に「不敗の条件-保田與重郎と世界の思潮」など。
[PR]
by sakura4987 | 2008-10-11 14:28

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987