★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆【次代への名言】4月11日・井深大



 (産経 2009/4/11)


 ■「ものをつくる苦労や喜びを知っている人は、自分の失敗を、そう簡単に人のせいにはしません」(井深大(いぶか・まさる))


 「失敗を人のせいにしていたら、いつまでたっても、新しいものなどつくれっこありません」(『ものづくり魂』)ともある。90年代のはじめ、「ものをつくる苦労を嫌って、土地や株などの紙切れだけで安易に儲けようとして失敗」した経営者が、自分たちをたなに上げて、証券会社や銀行に責任を押しつけようとする風潮に対する批判である。

 あらためて記すまでもないが、井深大はソニーの創業者。きょうは、この偉大な経済人の誕生日である。彼はまた、国の保護によって、産業は民間が競争する機会を失い、開発力が衰えると考える、「民の力」のゆるぎない信奉者だった。「米国のエレクトロニクス技術と産業は防衛産業と宇宙産業によってスポイルされる」とはまだ60年代の予言である。

 その後半生、井深は教育問題に発言を重ね、「(和や信、博愛を説いた)教育勅語の排除によって明治以来の心の教育の伝統が断ち切られ、(中略)戦後日本の教育にどれほどの混乱とひずみをもたらしたか」(『心の教育』)と記した。問題の根は深い。でも、失敗を人のせいにせず、新しい教育づくりをはじめようではないか-。そんな彼の呼びかけにいま、「民」はこたえているだろうか。
[PR]
by sakura4987 | 2009-04-16 11:20

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987