★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆中国人が考える“思いやりの心”マナー世界一は、日本



 (searchina 2009/4/24)

 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0424&f=research_0424_001.shtml

 http://news.searchina.ne.jp/2009/0424/research_0424_001.jpg【画像】


 マナーとは、お互いが気持ちよく生活するための知恵である。ただし、相手に対する思いやりを“所作”として形式化したものは、各国の文化や習慣により必ずしも同一ではない。

 例えば食事に招待されたとき、日本では、出された料理を残さず食べることが一般的に美徳とされているが、中国で同じことをやってしまうと、「料理が足りなかったのか?」と思われ、マナー違反になってしまうという。

 一口に“マナー”といっても、そのスタイルに多様性があることは間違いない。万国共通の普遍的なマナーとは、“人を思いやる心”だけだ。そうすると、“マナーに優れていると思う国は?”という問いかけは、同時に“人を思いやることができる国は?”という質問にも言い換えることができるのではないだろうか。

 中国の主要都市(北京・上海・広州)で今年4月に行われた、“マナーに優れていると思う国は?”のアンケート調査で、総合トップに立ったのは「日本」。

 次いでスイス、ドイツが並んだ。中国は6位にランクインしている。日本と中国が、人的交流や経済的交流が盛んな隣国同士であることを考えると、日本人のマナーに対する中国人の評価は、見た目以上に極めて高い結果だといえる。(韓国は10位)

 昨年5月、四川大地震で献身的な支援活動を行った日本人の姿は、いまだ中国人の記憶に新しい。1年前の“思いやりの心”は、今回のアンケート結果にも少なからず影響を与えているのかもしれない。(グラフは本調査結果を基に作成)。
[PR]
by sakura4987 | 2009-04-25 09:49

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987