★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆昨年の人口 自然減2万人も 11-12月出生数低下

(産経18/2/22)

 昨年一年間の日本人の人口の自然減少が、推計より多い二万人に達する
可能性のあることが二十一日、厚生労働省の人口動態統計で分かった。同
省は十月までの実績に基づき年間の自然減を一万人と推計していたが、十
一、十二月の出生数の低下が大きかった。

 同日発表した速報値によると、昨年一年間の出生数は百九万二百三十七
人(前年比四万七千七百十八人減)、死亡数は百九万四千五百九十八人
(同五万六千五百十五人増)で、四千三百六十一人の自然減。速報値は外
国人などを含んでおり、日本に住む日本人について集計し直すため、減少
幅は大きくなる。

 昨年九月の時点で、自然増減の速報値と確定値の差は約一万七千人。同
程度の差が出ると仮定すると、自然減は二万人を超えることになる。


◆05年人口、自然減を確認 速報値4361人減 (朝日18/2/21)

過去1年間の人口の自然増加数 (グラフ)

http://www.asahi.com/life/update/0221/003.html

 厚生労働省が21日発表した05年12月分の人口動態統計(速報)に
よると、同年1年間の出生数から死亡数を引いた人口は4361人の減少
となり、1899(明治32)年に今の形で統計を取り始めてから初めて
人口がマイナスに転じたことが確認された。

 この速報値は、日本に住む外国人と外国に住む日本人を含んでいる。こ
れらを除いた「日本に住む日本人」については、同省が昨年末に「1万人
の減少」とする年間推計を発表したが、この減少幅は2万人前後まで拡大
しそうなこともわかった。

 昨年1~12月に各市区町村に届け出があった出生数は109万237
人(前年比4.2%減)、死亡数は109万4598人(同5.4%増)。
年間推計の基礎とした1~10月と比べ、出生の減少率、死亡の増加率と
もに大きくなった。同省は「厳冬が影響した可能性がある」としている。

 一方、「日本に住む日本人」は、04年10月から昨年9月分までの1
年間の自然増加数が3313人。同時期の外国人などを含んだ速報値2万
人余との差は約1万7000人だった。この程度の差のまま推移すると、
今年6月上旬に発表予定の05年1年間の減少幅は2万人に達することに
なる。
[PR]
by sakura4987 | 2006-02-27 09:00

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987