★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆「ニューヨークタイムス」06/02/13社説(機械翻訳)

http://www.nytimes.com/2006/02/13/opinion/13mon3.html

Japan's Offensive Foreign Minister
日本の攻撃的な外務大臣

People everywhere wish they could be proud of every bit of
their countries' histories. But honest people understand
that's impossible, and wise people appreciate the positive
value of acknowledging and learning from painful truths
about past misdeeds. Then there is Japan's new foreign
minister, Taro Aso, who has been neither honest nor wise
in the inflammatory statements he has been making about
Japan's disastrous era of militarism, colonialism and war
crimes that culminated in the Second World War.

人々がどこでも彼らが彼らの国の歴史のすべてのビットを誇り
に思い得たならいいのにと思う。 けれども正直な人々がそれ
が不可能であることを理解する、そして賢明な人々が交信の成
立を確認して、そして痛ましい真実から過去の悪事について学
ぶことについての肯定的な価値を正当に評価する。 それなら
日本の第二次世界大戦で頂点に達した軍国主義、植民地政策と
戦争犯罪の悲惨な時代について彼がしていた扇動的な陳述に正
直でも、そして賢明でもなかった日本の新しい外務大臣、太郎
麻生がいる。

Besides offending neighboring countries that Japan needs
as allies and trading partners, he is disserving the
people he has been pandering to. World War II ended before
most of today's Japanese were born. Yet public discourse
in Japan and modern history lessons in its schools have
never properly come to terms with the country's
responsibility for such terrible events as the mass
kidnapping and sexual enslavement of Korean young women,
the biological warfare experiments carried out on Chinese
cities and helpless prisoners of war, and the sadistic
slaughter of hundreds of thousands of Chinese civilians in
the city of Nanjing.

日本が同盟国と貿易相手国として必要とする隣接する国の感情
を害することに加えて、彼は彼が迎合していた人々に損害を及
ぼしている。 今日の大部分の日本人が生まれる前に、第二次
世界大戦は終わった。まだ日本での公開討論とその学校での近
代史レッスンが韓国の若い女性たちの大量の誘拐と性の奴隷化
、中国の都市に実行された細菌戦実験と無力な捕虜と南京市の
何十万という中国の文民のサディスティックな大虐殺のような
ひどい事象で適切に一度も国の責任を真に理解したことがない


That is why so many Asians have been angered by a string
of appalling remarks Mr. Aso has made since being named
foreign minister last fall. Two of the most recent were
his suggestion that Japan's emperor ought to visit the
militaristic Yasukuni Shrine, where 14 Japanese war
criminals are among those honored, and his claim that
Taiwan owes its high educational standards to enlightened
Japanese policies during the 50-year occupation that began
when Tokyo grabbed the island as war booty from China in
1895. Mr. Aso's later lame efforts to clarify his words
left their effect unchanged.

それは、去年の秋に外務大臣に任命されてから、それほど多く
のアジア人が麻生がした一連の恐ろしい発言によって怒らせら
れた理由である。 最も最近のものの2つが台湾が、東京が1
895年に中国から戦争の強奪品として島をつかんだとき、始
まった50年の職業の間にその高い教育の標準を賢明な日本の
政策に負うという日本の皇帝が、14人の日本の戦争犯罪人が
名誉に思うそれらと彼のクレームの間にいる軍国主義の靖国神
社を訪問するべきであるという彼の提案であった。 彼の言葉
を明確化する麻生の後のつじつまが合わない努力は彼らの効果
を変化していないままにしておいた。

Mr. Aso has also been going out of his way to inflame
Japan's already difficult relations with Beijing by
characterizing China's long-term military buildup as a
"considerable threat" to Japan. China has no recent record
of threatening Japan. As the rest of the world knows, it
was the other way around. Mr. Aso's sense of diplomacy is
as odd as his sense of history.

中国の長期の軍事力増強を日本に対する「かなりの脅威である
」と特徴づけることによって、麻生は同じく(今まで)わざわ
ざ北京との日本のすでに難しい関係を煽りたてるよう努力して
いた。 中国は日本を脅迫することについての最近のレコード
を持たない。 世界の残りが知っているように、それはその逆
であった。 麻生の外交の感覚は歴史の彼の感覚と同じぐらい
奇妙である。
[PR]
by sakura4987 | 2006-02-27 10:08

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987