★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆三角合併


http://www5.plala.or.jp/kabusiki/ から転載。

この、日米合意 = 日本売り渡し契約は、2003年5月24日、
ブッシュ牧場にて 小ブッシュ~小泉で調印されました。

既にこの時点までに、内容の7割方は達成しており、その結果をもっての
牧場招待と相成った訳です。

実に小泉総理大臣立候補前から準備が着々となされていたようです。

この内容に沿って、「 構造改革 」の名の元、74法案が上程され、既に
そのほとんどが国会を通過しています。その中でもとりわけ良くぞこんな
ものを国会議員は承認したものだ。しかも波風ひとつ立つことなく。とい
う極めつけの核心が2003年6月20日に成立した新商法です。

これによって、三角合併が可能になりました。

日本の銀行・企業は、すでに内堀まで埋められてしまった格好です。

その構造改革の主たる内容は、アメリカ企業による日本企業の買収を促進
することだったのです。冷静に考えると非常にむちゃくちゃなことが、構
造改革という美辞麗句のもとで堂々と展開されているのです。



2 名前: 朝まで名無しさん 投稿日: 05/03/18 08:54:05 ID:lnYhVh6A

NY株式ダウ = 1万ドル

東証日経平均 = 1万円(昨年10月時点)アメリカ企業の株価は日本の
企業の100倍。

株券を印刷すれば、日本の企業を簡単に購入できる。これを法制化。ソニ
ーもトヨタも簡単に購入できるようになる。

防戦側企業は日銀からお金を借りるしかない。(しかしその日銀のオーナー
とは。。。。。)

このシステムは長期信用銀行買収に於いて実験され、そのシステムをより
強固にしたものがこの三角合併です。長銀買収では、リップルウッドは1
0億円を支払いました。

しかし、これからの三角合併では、アメリカ企業は印刷屋で株券を印刷す
る印刷代だけが日本企業の買収コストとなります。

しかも、2005年以降(つまり竹中平蔵がいなくなって後)
は管轄大臣の許可なくても自由に敵対TOBを掛けることが可能になりました。

自社の実勢価格分の実弾を用意しなければならない日本企業vs印刷代金
だけのアメリカ企業の買収戦争となります。


http://blog.livedoor.jp/zackyamazaki/archives/19006991.html


http://www.nikaidou.com/column01.html
[PR]
by sakura4987 | 2006-02-27 16:14

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987