★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆陸自に「中央情報隊」創設 一元化で部隊業務支援

「産経」05/08/26

 防衛庁と陸上自衛隊は陸自部隊が作戦を実施する際に必要な
作戦情報、偵察情報、地理情報などを一元化し、効率化を進め
るため「中央情報隊(仮称)」を新たに編成する計画を決めた
。平成十八年度予算の概算要求に盛り込む方針。

 陸上幕僚監部などによると、「中央情報隊」には「あらゆる
情報を一元的かつ専門的に処理して部隊の情報業務を支援する
」役割を期待している。「中央情報隊」の新編構想が出てきた
背景には、これまで連隊や中隊レベルで収集していた偵察部隊
からの敵部隊に関する情報や作戦情報などが必ずしも上級部隊
と双方向に迅速、的確に流れていたわけではなかったことなど
がある。作戦情報などに関して一元化し、各部隊が共有でき、
迅速・的確に対応できる新たな情報組織の必要性が高まってい
た。

 防衛庁と陸自は新防衛大綱に盛り込まれたテロや大規模災害
が発生した地域に機動的に投入する部隊となる防衛庁長官直轄
の「中央即応集団」(約四千八百人、朝霞)の平成十八年設置
を目指して組織改編を進めているが、新編を目指す「中央情報
隊」は、陸自の組織ながらも独立色の強い組織とし、緊急時に
派遣される中央即応集団の部隊に対しても、現地部隊からの情
報を提供することになるという。

 防衛庁は内部部局、統合幕僚会議、陸海空各幕僚監部でそれ
ぞれに軍事情報などを独自に収集・分析していたが、非効率だ
として九年に統幕に情報本部を設置するなど情報組織の強化を
図ってきた。今回の構想もこうした情報部門の強化路線を踏襲
するものといえる。
[PR]
by sakura4987 | 2006-02-27 16:32

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987