人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆年末年始の拉致関係情報について

                      荒木和博(戦略情報研究所代表)

 年末年始に報道された拉致被害者からの情報について、私は特定失踪者
問題調査会のニュースで疑問を呈した。これについて、マスコミ数社の拉
致担当から「自分も違和感を感じていた」という声が寄せられた。政府機
関の知人からさえ、「自分が感じていた通りのことを言ってくれた」との
電話がかかってきた。

 未だことの真偽は不明だが、それにしても出てくるのが辛光洙と西新井
事件の朴で地村さんの拉致も横田さんの拉致も辛光洙とは、あまりにも役
者が揃い過ぎているのではないか。ペ・ヨンジュンとクォン・サンウとチ
ャン・ドンゴンが主役と脇役と敵役を交代して別のドラマをやっているよ
うな感じを受けたのである。

 そもそも、辛光洙は韓国で逮捕された後の裁判の判決文では横田めぐみ
さんの拉致当時も、地村さん夫妻の拉致当時も北朝鮮に戻っていたことに
なっている。

 この点は今回の発表が正しければ韓国政府が虚偽の裁判を行っていたこ
とになるが、逮捕された1985年当時は全斗煥政権で、前々年の1983年には
ラングーン(現ヤンゴン)で訪問した全斗煥大統領を狙った暗殺未遂が起
きている。

 ソウル地裁で判決が出たのは11月30日、翌1986年にはソウル・アジア大
会も控えており韓国側は緊張していた。日本人の拉致を韓国政府が知って
いたならここぞとばかりに発表して日本国内の北朝鮮の工作活動にブレー
キをかけさせようとするはずだ。

 下に判決文から抜き出したおおよその辛光洙のパーソナルヒストリーを
書いておくが、この問題は証言の事実関係というより、今、なぜこのよう
な情報が出てきたかに留意しておいた方がいいだろう。

 可能性としては日朝のかなり上のところで拉致問題の「決着」に向けて
の落し所が設定されており、辛光洙と朴の件が進展したかのように見せて
一気に国交交渉を進めようということか、そうでなければ警察がその動き
を止めようとしてリークしたということになるが、可能性としては前者の
方が高いと思う。いずれにしてもこれは今後北朝鮮の反応などで明らかに
なってくるだろう。

(辛光洙)
昭和4(1929)年6月27日、5男2女の兄弟の5男として静岡県浜名郡新居町に生れる。
昭和11(1936)年4月 尼崎市・立花小学校に入学
昭和13(1938)年12月 富山県高岡市・下関国民学校に転校
昭和17(1942)年4月 同校高等部に進学
昭和18(1943)年4月 高岡工芸高校機械科に進学
昭和20(1945)年10月 慶尚南道浦項市に転居
昭和25(1950)年7月 朝鮮戦争の勃発で北朝鮮義勇軍に入隊(28年除隊)
昭和27(1952)年5月 労働党入党
昭和29(1954)年9月 ルーマニア・ブカレスト工業大学予科に入学
昭和30(1955)年9月 同大学機械学部に進学(35年8月卒業)
昭和35(1960)年10月 北朝鮮に帰国、科学院機械工学研究所研究員。
昭和37(1962)年4月 李元求と結婚
昭和46(1971)年2月頃 対南工作員に選抜、以後1973年6月下旬まで清津市内の招待状
で政治思想学習・通信技術教育・工作実務教育を受ける。
昭和48(1973)年7月4日 石川県鳳至郡の海岸から日本に浸透、工作活動に従事
昭和51(1976)年9月 富山県滑川市の海岸から脱出、北朝鮮に戻る。
昭和51(1976)年9月下旬から12月下旬 龍城5号招待所で政治思想学習などの教育を受
ける。
昭和52(1977)年1月から6月 龍城区域にある金星政治軍事大学で外国語班課程で教育
を受ける。
昭和52(1977)年7月から12月 平壌市万景台区域の万景台4号招待所で工作実務教育を
受ける。
昭和53(1978)年1月から昭和55年2月 龍城5号招待所で日本人化のための教育を受け
る。
昭和55(1980)年4月 宮崎県日向市から浸透、工作活動に従事
昭和55(1980)年6月 宮崎県青島海岸から原敕晁さんを拉致、同行して北朝鮮に戻る
昭和55(1980)年6月から11月 龍城区域の龍城1号招待所で政治思想、日本人化などの
教育を受ける。
昭和55(1980)年11月 宮崎県青島海岸から浸透、工作活動に従事
昭和57(1982)年3月 原敕晁として成田から出国、北朝鮮に戻る。
昭和57(1982)年3月から5月 工作活動に関する報告を行い、教育を受ける。
昭和57(1982)年5月 成田から入国、工作活動に従事
昭和58(1983)年5月 成田から出国、北朝鮮に戻る
昭和58(1983)年6月から11月 東北里3号招待所で教育を受ける。
昭和58(1983)年11月 成田から入国、工作活動に従事
昭和59(1984)年3月 成田から出国、北朝鮮にもどる。
昭和59(1984)年4月から10月 工作活動に関する報告を行い、教育を受ける。
昭和59(1984)年10月 成田から入国、工作活動に従事。
昭和60(1985)年2月 成田から韓国に入国。逮捕。
昭和60(1985)年11月 ソウル地裁で死刑判決。
平成11(1999)年12月 恩赦で釈放
平成12(2000)年9月 北朝鮮に送還
by sakura4987 | 2006-03-19 16:27

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987