★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆北「中国型経済特区2カ所造成」…朝中が共同開発

 (中央日報 06・4・6)

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=74465&servcode=500§code=500

北朝鮮に中国深セン型経済特区が造成される予定だと、香港の文匯報が日本の共同通信を引用して6日報じた。

これによると、中国と北朝鮮は鴨緑江(アムノッカン)河口の島々と平壌(ピョンヤン)近隣の南浦(ナムポ)港の2カ所に、深セン型経済特区を共同開発することにした。

特に南浦港の場合、すでに「海湾特区」という名称が付けられている。 また鴨緑江河口は、平安北道薪島郡(ピョンアンブクド・シンドグン)のビダン島と周辺10島が特区予定地という。 開発日程や規模は公開されなかった。

これは中国の胡錦濤・国家主席が昨年10月に平壌を訪問した際、北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)国防委員長と合意した内容だと、同紙は伝えた。 また金委員長は1月に中国・深センを訪問した当時、北朝鮮特区開発に中国企業の参加を要請した。

中国政府は改革開放過程で得たノウハウを北朝鮮特区に伝授する方針だ。 特区開発が完了すれば、中国・韓国・日本企業の誘致も支援する予定という。

中国改革開放論壇東アジア研究部の于米華主任は「特区予定地の2地域は中国から近いため、造成されれば中国企業の投資が相次ぎ、両国の経済にシナジー効果が生じるだろう」と語った。

于主任はまた「中国が特区開発を建議した主な理由の一つは、北朝鮮が経済発展で政治体制が安定すれば、結局、中国にも有益であるため」と説明した。

一方、中国外務省は6日、こうした報道に関し論評を拒否した。
[PR]
by sakura4987 | 2006-04-07 14:06

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987