★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆「中国は将来多党制に」政府系会議の議事録流出で波紋

 (朝日 06・4・14)

http://www.asahi.com/international/update/0414/013.html

 多党制、報道の自由はいずれ行く道――。中国政府系のシンクタンクが開いた座談会の「議事録」とされる文書がネット上で紹介され、その過激な内容が話題を呼んでいる。シンクタンク側は「座談会の趣旨とは関係ない発言を政治的に利用しようとする勢力があるようだ」と反発している。

 議事録が流出したのは、シンクタンク「中国経済体制改革研究会」が3月に北京で開いた座談会。国内の著名学者ら約40人が参加し、中国政府が進める改革を分析、評価した。

 座談会は非公開で行われたが、このほど時事問題討論サイト「華岳論壇」に、詳細な発言内容が参加者の実名入りで登場。「中国は将来、多党制や報道の自由、民主の道を歩むべきだ」などの発言が紹介された。ネット上にはこれに対して「改革の名の下に党の分裂や政権の転覆を謀るものだ」などの批判が書き込まれた。

 名指しで批判された大学教授は香港紙に対し、ネットに掲載された内容について「(自分の発言と)大きな違いはない」と認めたという。

 経済体制改革研究会の分析は政府の政策決定に一定の影響力を持つとされる。同研究会の広報担当者は朝日新聞記者の取材に対して、議事録の真偽について明言を避けたが、「文革期のように、部分的な発言をことさら強調して、政治化しようとする人々がいるようだ」と述べている。
[PR]
by sakura4987 | 2006-04-16 15:49

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987