★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆イラン、核施設を拡張か 米機関の衛星画像

 (CNN 06・4・17)

http://www.cnn.co.jp/world/CNN200604170014.html

 ワシントン(CNN) イランの核関連活動を監視している米民間機関「科学国際安全保障研究所(ISIS)」はこのほど、中部ナタンツの施設などをとらえた最新の衛星画像に基づき、地下施設が拡張されている可能性があるとの報告書を出した。

 それによると、ナタンツのウラン濃縮施設とイスファハンのウラン転換施設に、それぞれ新たなトンネルの入り口が設けられたことが判明。「地下施設が新設されたか、さらに拡張されたことがうかがえる」という。

 ISISは国際原子力機関(IAEA)の元査察官、デビッド・オルブライト氏が率いるシンクタンク。過去数年間にわたり、イラン国内の核施設の衛星画像を監視してきた。ナタンツでは02年9月以来、遠心分離機を設置するための施設をコンクリートや土で覆う作業が進められ、すでに施設は地下約17メートルの深さに潜り込んでいると推定される。

 アフマディネジャド大統領は11日、濃縮ウランの生産に成功したと宣言したが、ISISの報告書は一方で、「イランが原子力発電に必要なだけのウラン濃縮を実現させるまでには10年以上かかる」との見方を示している。


◆イラン、遠心分離機の闇市場で入手・パキスタン外務省認める (日経 06・4・17)

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060417AT2M1701T17042006.html

 パキスタン外務省のアスラム報道官は17日、イランが同国の「核開発の父」カーン博士がつくった「核の闇市場」を通じて改良型遠心分離機を入手していた疑いがある、とした米紙報道を大筋で認めた。

 国際原子力機関(IAEA)などの調査に協力するほか、カーン博士への再尋問で新情報が得られれば公表する考えを示した。

 高性能の遠心分離機は核兵器開発に欠かせない高濃縮ウランを製造するための中核装置。カーン博士は2004年2月、ムシャラフ大統領に対し北朝鮮などへの核技術流出を認めた。
[PR]
by sakura4987 | 2006-04-20 10:15

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987