★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆「胡錦濤総書記の考えに敬服」 連戦氏、福建で語る

 (人民網 06・4・18)

http://j.peopledaily.com.cn/2006/04/18/jp20060418_59058.html

中国国民党の連戦名誉主席は17日、福建省福州市で中国共産党福建省委員会の盧展工書記と会見した。連名誉主席は、共産党・国民党の共催により北京で開かれた「両岸経済貿易フォーラム」が実り豊かな成果を上げたことに言及。

 特に中国共産党中央委員会の胡錦濤総書記が、台湾海峡両岸(大陸部と台湾)の関係について、展望性のある考えを数多く示したことについて、「みなが非常に敬服した」と述べた。

胡総書記は16日、連名誉主席のほか「両岸経済貿易フォーラム」の台湾側出席者と北京で会見し、重要な談話を発表。大陸部・台湾間関係の平和的発展の推進について、4つの提案を示した。

連名誉主席は「フォーラムの成果は予想をはるかに上回るもので、双方の経済貿易協力、交流、往来の強化などで、いずれも実り多い成果を上げた。これは非常に良いスタートだ。何事も最初が難しいが、ひとえに心がけしだいだ。『心がけ』とはつまり、人民と心をひとつにすることだ。ここ数日間の進展は、われわれの考えが正しい方向であることを実証した」と強調した。

また、今回の大陸部訪問のもうひとつの目的は、連一家の子弟にとっての長年の願いである、祖先の墓参りだと話した。福建省については「百聞は一見にしかず」と感想を表明。「本日実際に福建省を訪れてみて、非常に親しみを感じた。

 台湾と福建省は目と鼻の先にあり、言葉や生活習慣も変わらない。マクロ的な環境の中で、台湾と福建省の関係、特に経済貿易関係をどのように促進するかが非常に重要だ」と語った。
[PR]
by sakura4987 | 2006-04-20 10:33

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987