★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆拉致問題で首相「世界の世論を喚起」

 (日経 06・4・29)

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20060429AT3S2900H29042006.html

 小泉純一郎首相は29日、ブッシュ米大統領が拉致被害者の横田めぐみさんの母、早紀江さんと面会したことについて

 「米政府、米国民も拉致に大きな関心を持つという点において非常に力強い。できるだけ世界の世論も喚起し、北朝鮮に誠意ある対応をするように粘り強く働きかけていかなければならない」

と述べた。首相公邸前で記者団に語った。



◆【産経抄】  (産経 06・4・29)

 日本がこれほど鮮やかな“外交力”を示したことがあっただろうか。しゃんと背筋を伸ばし、言うべき主張に過不足がなく、相手の心をぐっとつかんで離さない。米国議会で毅然(きぜん)と語る日本人女性に、多くの米国人が共感を覚えたに違いない。

 二十九年前、十三歳の長女を北朝鮮に拉致された母、横田早紀江さん(70)のことだ。過去の取材でも、これほど説得力ある証言者を小欄は知らない。彼女のように気品の中に迫力をもつ外交官がいたら、戦後日本の地位も違っていたのではないかと思う。

 北朝鮮の将軍様はいまになって、「とんでもない女性を敵に回してしまった」と後悔しているだろう。悲しいことにその母の強さをつくったのは、ほかならぬ金正日総書記本人ではないか。平凡で幸せな家庭から愛(まな)娘を奪われ、北で助けを待つ彼女を思う母を強くした。

 「四半世紀を超え、どの親も老齢のため、残された時間は多くありません」。早紀江さんの証言は感性に訴えるだけではない。「全世界の自由を愛する国民の総意で、『怒っている』と北朝鮮に態度を示していただきたい」。ダメな為政者たちに「時代のけじめ」を迫っていた。

 スミス議員は「サミットはその絶好の機会だ」とブッシュ政権の尻をたたいた。新潟市内の拉致の現場を視察したシーファー米大使が、大統領をも動かした。早紀江さんらと大統領との面会ほど力づけられるものはない。

 北が拉致を解決せず、ミサイル開発をやめないなら日朝首脳が合意した「平壌宣言」を見直せばよい。警察は北を支援する団体のどんな法律違反も見逃すな。「すべての被害者を助け出し、これからの人生を自由の地で過ごさせてやりたい」。早紀江さんのことばが胸を刺す。



◆「信念と勇気もって」ブルーリボン胸に大統領が励まし

 (読売 06・4・29)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060429it16.htm?from=top

 拉致被害者の横田めぐみさんの母親、早紀江さん(70)と、めぐみさんの弟、拓也さん(37)は28日(日本時間29日)、ブッシュ大統領との面会後に会見し、大統領から「信念と勇気を持って心を一つにして頑張ろう」と励まされたことを明らかにした。

 家族会のメンバーらは29日午後(同30日未明)、ワシントンを出発し、帰国の途に就く。

 早紀江さんらの説明によると、ホワイトハウスの大統領執務室に入ってからまず、「お忙しいのにありがとうございます」とあいさつ。大統領は「人間の尊厳と自由について話せないほど忙しくはありません」と応じ、受け取った拉致被害者の救出活動の象徴「ブルーリボン」のバッジを、自ら背広の左胸に着けた。

 用意した英文の手紙や写真もすべて目を通し、中でも拉致直後とみられる悲しげな表情をした写真を見て、「めぐみさんがここにいるという意味で置こう」と、傍らのテーブル上にその写真を置いた。

 早紀江さんは、大統領と同じキリスト教徒であることを伝えたうえ、「めぐみは絶対に生きていると信じています」と力を込めた。大統領は手を握り締め、「めぐみさんが無事に戻ってくるよう共に祈りましょう。信念と勇気を持って、心を一つにして頑張ろう」と励ました。

 終了直前、大統領は報道陣を呼び寄せ、「北朝鮮は人権と人間の尊厳を尊重し、この母親がもう一度、子供を抱きしめられるようにしなければならない」と非難した。

 面会後の会見では、早紀江さんが「拉致問題は何も分からないところから始まり、ようやくここまで来た。今までの活動の一つひとつが具体的な形になって表れている」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。拓也さんも「活動を始めた当初は誰も振り向いてくれなかったので、米国の大統領と会えるのは夢のような話」と興奮覚めやらない様子だった。

 夜になって、斎木昭隆・駐米特命全権公使邸で開かれた慰労会で、あいさつに立った早紀江さんは「終了直前、ブッシュ大統領から『マム(お母さん)』と呼ばれ、両手で抱きしめられました」との“秘話”を披露した。


◆【社説】北には何も言えず、拉致被害者家族に事実隠す韓国政府

 (朝鮮日報 06・4・29)

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/04/29/20060429000018.html

 韓国国家情報院長は27日の国会で、1977年~78年に北朝鮮に拉致された金英男(キム・ヨンナム)さんら5人の高校生(当時)が、韓国に派遣する工作員の教官を務めていたという事実を、1997年に逮捕された工作員や2000年以後に脱北した人たちの証言によって確認していたことを明らかにした。

 しかし国情院によると、政府は最近開かれた南北閣僚級会談でもこの問題を提起しなかったという。拉致被害者の親たちは30年前に行方が分からなくなった息子が生きている可能性が高いとする情報を報道陣から伝え聞いて、「政府はなぜ今まで知らせてくれなかったのか」と不満をあらわにしたという。

 日本から北朝鮮に拉致され、金英男さんと結婚していたことが確認された横田めぐみさんの母と、脱北者の金韓美(キム・ハンミ)さんの家族が28日、ジョージ・W・ブッシュ米大統領と面会した。懇談会には日本の駐米大使が同席したが、韓国の駐米大使は参加しなかったというう。

 日本の外務省は横田さんの母の訪米を支援しているが、一方の在米韓国大使館は韓国から来た脱北者らに会いもしなかった。韓国外交部の指示によるものだという。

 この話を聞いて、改めて韓国政府は誰のためにある政府なのかと、やるせない気持ちにさせられた。

 政府は30年前に失踪した高校生らが北朝鮮で工作員の教育を担当していたという事実を確認したにもかかわらず、10年近くもの間、北朝鮮に抗議すらしてこなかったのだ。それだけにとどまらず、政府は息子たちの身を案じて夜も眠れない日々を送ってきた家族らに事実を知らせもしなかったのだ。

 そうかと思えば、韓国大使館は米国政府の招きで訪米して公式の場で証言しようとする脱北者たちと接触することすら避けていたという。

 「声高に騒いで北朝鮮を刺激すれば、拉致問題の解決にマイナスとなる」との理由を掲げているが、それが現政権の方針によるものだということを知らない者はいない。

 その論理で行けば、国際社会で拉致問題を訴えつづけてきた日本は拉致問題を解決できないということになる。

 しかし事実は正反対だ。口をつぐんできた韓国政府は拉致被害者の消息すらつかめていないのに対し、日本政府は国交正常化と経済支援というアメを用意して北朝鮮に13人の日本人を拉致したことを認めさせ、小泉首相は直接北朝鮮を訪問して拉致被害者5人とその家族を日本へ連れ戻した。

 韓国政府が拉致被害者家族にも口を閉ざしてきたこの4年の間に、韓国と北朝鮮を行き来してDNA調査などの複雑な作業を経て、横田めぐみさんの夫が韓国人拉致被害者であるという事実を突き止めたのも日本政府だった。

 それに対して韓国政府は今度の南北閣僚級会談を前に「拉致問題を提起する」と言っておきながら、「韓国戦争(朝鮮戦争)以後に消息が分からなくなった人たちの問題解決に向け努力する」という曖昧な合意だけして帰ってきた。

 こんな状態にあっても、韓国政府は拉致問題について大口を叩くつもりなのだろうか。
[PR]
by sakura4987 | 2006-04-30 10:11

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987