★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆【主張】黄金週間 早寝・早起き・朝ごはん

 (産経 06・4・29)

 夜遅くの居酒屋やコンビニなどで、若い親に連れられた小さな子供の姿を見かけることがある。家族団欒(だんらん)の光景とはいえ、本来ならば子供が寝ていなければならない時間である。

 民間の研究機関が昨年、首都圏の幼児をもつ親を対象に調べたところ、29%が午後十時以降に就寝していた。四割以上とする別の調査結果もある。小中学生になると、夜ふかしの傾向はさらに強まり、朝ごはんが食べられなくなる。文部科学省によると、朝ごはんを抜くことがあるという小学生は15%、中学生は22%にのぼっている。

 「『夜ふかし』の脳科学」(中公新書ラクレ)によると、日本の子供たちの夜ふかしは、世界でも突出しているという。

 著者の小児神経科医、神山潤さんは、睡眠不足による脳内ホルモンの分泌異常が、子供の体や心に与える影響を心配している。糖代謝、脂質代謝、免疫機能を低下させ、将来の発がん率を高め、老化を早めるほか、キレる子やニート、引きこもりの問題にもつながる可能性があるというのだ。

 一方、教育現場から、「早寝早起き朝ごはん」の効用を説いているのが、「百ます計算」の実践で知られる陰山英男さんだ。

 陰山さんは、この三月まで校長を務めた広島県尾道市立土堂小学校で、保護者の協力を得て、テレビを見る時間を制限するなど、早寝早起きを励行してきた。その結果、朝ごはんを抜く子はほとんどいなくなり、一年間で児童の学力が大幅に向上したという。国の調査でも、朝ごはんをとり、睡眠時間の長い児童ほど、学力、体力テストの結果がいいこともわかっている。

 昨年施行された食育基本法に基づき、今年三月に策定された基本計画でも、五年間で朝食を食べない小学生の割合をゼロにする目標が盛り込まれている。また、四月二十四日には、PTAや食育推進団体などが進める「早寝早起き朝ごはん」運動の全国協議会が設立された。官民あげて、子供の健康を守る機運が高まっているが、もちろん基本は家庭のしつけである。

 ゴールデンウイークに家族そろって、行楽や外食に出かけるのもいいが、生活のリズムを整えるいい機会であることも強調したい。
[PR]
by sakura4987 | 2006-04-30 10:13

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987