人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆天然ガスパイプライン 中国、東シナ海で着工 平成16年8月27日(金)産経新聞



日本の抗議無視、対立激化

 中国の夕刊紙、揚子晩報(電子版)は二十六日、東シナ海で日本側が主張する「日中中間線」の近くで中国側が開発を進めている「春暁ガス田」について、ガス田と中国大陸を結ぶ海底パイプラインの敷設工事が始まったと報じた。パイプライン敷設は開発が本格化したことを意味しており、中国側が既成事実を積み重ね、日本側を無視する姿勢を鮮明にしたといえる。

 同紙などによると、春暁ガス田の総面積は二万二千平方キロ。来年五月に第一期工事を完成させ、着手したパイプラインを通じて年間約二十五億立方メートルの天然ガスを浙江省および上海市に輸送するようだ。パイプラインの長さは四百七十キロという。

 すでにパイプライン敷設にからみ七隻の船舶と二百人以上の作業関係者が海域に入る手続きを終えたという。

 国営新華社通信は二十六日、「国務院の指導者は石油と天然ガスは中国の現代化建設と国家安全(保障)の重要な戦略資源であると強調した」との論評記事を配信した。

 新華社の記事は、石油輸入の依存度が高まる一方の現状に危機感をにじませており、パイプライン敷設の“正当性”を補完した形だ。

 日本政府は、中国側の開発推進に再三にわたり抗議する一方、中国側が日本側からの海底調査データの提供要求を無視していることから、独自の資源探査を始めており、パイプライン敷設で日中間の対立が激化するのは必至の情勢だ。
by sakura4987 | 2006-06-03 10:12

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987