人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆中国にエチケット求めたら  平成16年9月30日(木)産経新聞



 今週末にワシントンで開かれる先進七カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)に、中国の閣僚級が出席するそうだ。これまでは高級事務レベルどまりであり、閣僚は初めてだ。

 出席するといっても本討議とは別の会合と夕食会だが、G7が変質することに変わりはない。すでにサミット(主要国首脳会議)にはロシアが、そして今回は中国と、世界経済の統治は先進国だけでは困難になったのだろう。

 人民元安を武器に製品輸出を急増させ、その原材料を買いあさる行動が世界の攪乱(かくらん)要因になりつつある以上、中国の出席は必然かもしれない。G7は経済でも影響力をもつ国になった中国に通貨制度の改革と秩序ある行動を求めてほしい。

 秩序ある行動といえば、こじつけとの批判を覚悟で書くが、最近、中国というか中国人とおぼしき男性十人ほどの集団の無秩序振りに直面した。ウィーンのオペラ座でのことだ。

 夏休みの特別コンサートでカジュアルウエアも可だったとはいえ、彼らはポロシャツ姿で最高の席に陣取った。そして演奏が始まると平気で席を立って出入りし、揚げ句に靴まで脱いで通路に足を投げ出したのだ。

 観光客かビジネスマンか定かではないが、ひんしゅくを買ったのは言うまでもない。そういえば、本紙正論欄でも佐瀬昌盛氏がドイツで中国語の落書きが増えていると嘆いていた。

 周囲に聞いても、この種の話はわんさとある。大連から帰ったばかりの同僚は空港での通関手続きで横入りされ、機中ではゴミを足元にポイポイ捨てるのを見て唖然(あぜん)としたとか。

 かつて日本人の団体旅行客もホテルの廊下をステテコ姿で歩くと非難されたが、演奏中の出入りとか横入りはしなかったろう。それは相手の文化を尊重する以前の社会の秩序というか行儀・エチケットだからだ。

 サッカーアジア杯での日本に対する異常なブーイングは反日的中華思想教育の結果だというが、どうも件の行動もこれに通底する気がする。いや、G7が問題視する行儀の悪い経済行動も同根ではないか。

 日本経済にとって中国からの観光客と直接投資は重要であり、もっと誘致していい。しかし、偏狭な中華思想ではどこでも嫌われる。そして損をするのは中国自身である。

 G7では国際化する大国にふさわしいエチケットも求めたらいかがか。



※以前デパートで立小便する話を読んだ事がある。中国に礼儀など求めても無理な話だが、嫌でも付き合っていかなければならない。国土に足があるなら、ハワイくらいに逃げ出したいところだ。相手に礼儀がないと言って、同じように対応すると同レベルになるので、こちらは礼節をまとった「もののふ」と行きたいところだが、最近は・・・・・。我々が頑張るしかない!と思って、緊張感を持って邁進しよう!! 
by sakura4987 | 2006-06-03 10:15

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987