人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆【産経抄】 嫉妬について  平成17年4月13日(水)



 中国での反日暴力デモの傍若無人、「責任はなし」とする中国政府。あきれはてるばかりだが、きわめつきが昨日の朝日新聞の社説だった。反日の根底にあるのは靖国神社参拝という、いつものお題目につけた見出しがなんと「小泉首相の責任は重い」。
 
 やれやれというほかない。一足先に竹島や教科書問題でのろしを上げた韓国ともども、反日行動の種はつきない。今回は日本の国連安保理常任理事国入り問題が背景にあることが目新しいといえる。

 追いつけ追い越せと日本へのライバル意識をむき出しにしてきた韓国。日本との経済格差が縮まらないまま大国意識だけが膨張する中国。こちらは国際政治の場での日本抑え込みと既得権益の死守というわけだろうが、両国の心を一言でいえば嫉妬(しっと)である。

 嫉妬は一人の人間の感情とは限らない。 「国家も国家を嫉妬するのである」(山内昌之「嫉妬の世界史」、新潮社)。山内氏によれば、一九九〇年から翌年にかけての湾岸戦争は、産油大国クウェートに対するイラクのフセイン大統領(当時)のねたみに加え、アラブ世論のやっかみがもたらしたという。

 十一日にはドイツ、インド、ブラジルの常任理事国入りにそれぞれ反対するイタリア、パキスタン、メキシコなどが、日本を拒否する韓国と共闘してニューヨークで会合を開いて気勢を上げた。まさに国家の嫉妬が渦巻いている。

 日本としては、これまでの国連活動への貢献を粛々と訴えていくしかない。山内氏はこうもいう。ねたみを恐れ「他人に中傷され非難されたときに、いたずらに沈黙を守り意味不明な笑いを浮かべるようでは、人間としての尊厳に欠ける」。中韓両国に対する日本の態度についてもいえることだろう。



※これは皆、何となく思っていた事ではあったと思うが、こうはっきり言われるとすっきりする。

残念ながら、嫉妬する人も国も絶対に成功しない事になっている。

嫉妬する相手とは、実は自分の理想像に他ならないのである。

この理想像に嫉妬するということは、潜在意識の中に、自分はそうなりたくないと植え付けてしまうのだ。

だから、本当に成功したい人は、自分の理想像を絶対に傷付けてはならないし、嫉妬してはならないのだ。

これは自分との格闘でもあるが、嫉妬すれば絶対に成功しないと自分に言い聞かせ、この蛇の様な心をねじ伏せなければならない。

その為には、成功した人をほめる事に尽きる。

成功した人や国というのは、才能ももちろんあるだろうが、人知れず努力をしているのだ。

決して、「まぐれだ」とか、「いんちきだ」とか言わない事だ。

理想像とする相手の中には、自分が持っていないものが必ずある。これを見つけて、努力して見に付けていく、その工夫が大事なのだ。

要約すると、「他人の成功を妬ましく感じるのは自分が興味や関心を持っている領域においてである。本当は、その成功した人に自分が成り代わりたいのであって、その人は自分の理想像なのだ」ということだ。

この法則からすると、支那も韓国も、長い目で見ると絶対に成功しないだろう。

まあ、資本主義の原則から言っても、信用がない企業も国も成功しない事になっているし、これは天の道という事になるのだろう。
by sakura4987 | 2006-06-03 10:27

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987