人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆両陛下ご訪問 日本の占領…経済支援 シンガポール未来志向の謝意


(産経 06/6/16)

 天皇、皇后両陛下は15日、シンガポール、マレーシア、タイ3カ国の東南アジア歴訪を終え帰国されたが、シンガポールでは今回のご訪問に際し同国政府が国を挙げて歓迎した。

 そこに込められたメッセージは、シンガポールの経済発展に貢献してきた日本への「謝意」である。かつて日本軍に占領された歴史を抱えつつも、中国や韓国と違って日本の「謝罪」に拘泥せず、未来志向の両国関係に道筋を付けた。

 9日夜、シンガポールの大統領官邸で催されたナーザン大統領主催の晩餐(ばんさん)会には、天皇、皇后両陛下のほか同国の政・財・官界のリーダーら約110人が出席した。

 その中で日本政府関係者が「これまでに経験がない」と驚いたのは、シンガポール側が同国の発展に寄与した日本企業の関係者をわざわざ日本から招待したことだ。日立製作所、横河電機、ソニー…。

 1965年の独立後、輸出志向型の経済発展を目指した同国にとり、外国企業を誘致できるか否かに国家の命運がかかっていた。

 そんな時代に東南アジアの小国に投資した日本企業の労にシンガポール政府が報いたのである。「国を挙げての歓迎ぶりが伝わってきた」(出席者)という。

 一方でシンガポールは第二次大戦中の42年から3年間、日本軍に占領された歴史をもつ。しかし今回、シンガポール政府からは陛下のお言葉や日程をめぐり、いかなる要請もなかったという。

 同国中部のブキティマ高地に、今年2月にオープンしたばかりの歴史博物館がある。42年に日本軍の攻撃を受けてシンガポール駐留の英軍が降伏文書に署名した場所を改装したものだ。

 館内には、日本軍占領下の捕虜収容所や拷問の様子、市民の生活ぶりが展示されている。博物館を整備した政府の狙いは、開館式であいさつしたのが教育相ではなく国防相だったことに示されている。

 テオ・チーヒエン国防相は「祖国を守れなかったとき、どんな代価を払うことになるのかを私たちは学ばなければならない」と訴えたのだ。

 正面の庭園には「歴史をもって鑑(かがみ)となす」という中国語が刻まれた石碑があるが、これは中国政府の指導者がしばしば強調するような日本向けのアピールではない。

 占領中、あるいは独立後の苦難を知らない世代が増える中、430万人のシンガポール国民一人一人に向けた警句なのである。こうした姿勢からは他国に「謝罪」を迫る国家戦略は生まれてはこない。

 今年は日本とシンガポールの国交40周年に当たる。「両国関係は実りあるものとなりました。それは、わが国の経済発展に対する日本の貢献によく表れています」。ナーザン大統領は晩餐会で謝意を述べ、一層の関係強化を呼びかけている。
by sakura4987 | 2006-06-19 11:56

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987