人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆朝鮮総連が担当ポスト新設へ 「東京」04/06/11


朝鮮総連が担当ポスト新設へ
日朝正常化交渉

 五月に行われた小泉純一郎首相と北朝鮮の金正日総書記との再会談を受け、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)は、日朝国交正常化交渉の再開に備え、朝鮮総連内に同交渉を担当するポストを設置する方針を固めた。複数の日朝関係筋が明らかにした。数人を選任する方向で、人選作業を進めているもようだ。

 小泉首相は五月二十二日に平壌で行った金総書記との会談で、在日朝鮮人を差別することなく友好的に対する考えを明らかにした。国交正常化交渉の早期再開を目指す方針も表明。先月下旬の朝鮮総連の第二十回全体大会では、自民党総裁として初めてメッセージを寄せ、甘利明同党副幹事長が「国交正常化に最大限の努力を払いたい」との内容を代読した。

 朝鮮総連は首脳会談の結果を「朝日関係をめぐる環境の大転換を意味する」と評価。国交正常化交渉が早晩、本格化するとみて、在日朝鮮人の待遇改善を交渉に具体的に反映させるためには、担当ポストの新設が必要と判断したとみられる。

 関係筋によると、担当ポスト設置の方針は朝鮮総連全体大会で確認された。担当参事として配置する方向で、朝鮮総連国際局副局長や中央監査委員会委員などを務めた人物らが有力候補として浮上している。

 ただ、国交正常化交渉が再開する場合、北朝鮮側代表団に朝鮮総連のメンバーも参加する可能性をにらみ、副議長クラスの幹部選任を求める意見も強いとされる。


「産経」04/06/11

朝鮮総連副議長、日朝交渉に参加

 北朝鮮が第二回日朝首脳会談を受け再開される日朝国交正常化交渉の代表団に、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の南昇祐・筆頭副議長を加えることを内定したことが十日分かった。北朝鮮政府関係者が明らかにした。朝鮮総連幹部が直接交渉に加わるのは初めて。朝鮮総連指導部が代表団に入ることで、北朝鮮の正式な在外組織としての位置付けも明確にするとみられる。(北京 共同)


テポドン2号エンジン 北、燃焼実験成功か 韓国紙

 【ソウル=久保田るり子】韓国の中央日報は十日、複数の外交筋の情報として、北朝鮮が先月初め、咸鏡北道花台郡舞水端里にあるミサイル実験場で長距離弾道ミサイルのエンジン燃焼実験に成功したと報じた。火炎などから「テポドン2号」(射程約六千キロ)のエンジンとみられるという。

 事実なら同ミサイルの開発が完成間近となった可能性がある。だが、在ソウルの外交筋は産経新聞に「情報は未確認だ」と否定した。

 同紙によると、北朝鮮では二〇〇二年末に同実験場で爆発事故が発生、復旧作業を続け昨年末に完全復旧したという。

 一方、韓国の通信社聯合ニュースは外交筋の話として、燃焼実験は確認したが、テポドン2号の実験と確認はしておらず、通常のエンジン改良実験とみていると報じた。

 中央日報は、核問題を協議する第三回六カ国協議が迫っていることから「北朝鮮が(ミサイル関連)実験で対米交渉力の強化を狙っている」(外交筋)と分析している。北朝鮮は同実験場で今年三月中旬から弾道ミサイルのエンジン燃焼実験の準備を始めたとされ、米韓両国は監視を強化していたという。

 北朝鮮は一九九八年八月「テポドン1号」を発射したが、その後、発射凍結を表明。〇二年の日朝平壌宣言で凍結延長が明記され、第二回日朝首脳会談でも凍結継続を確認している。
by sakura4987 | 2006-06-19 16:31

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987