人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆世界の教科書 誤った対日認識を正そう

平成17年4月28日(木) 産経新聞

 政府は、中韓両国や欧米の歴史教科書に書かれた日本関連記述を調査する方針だ。諸外国が日本をどう見ているかを知ることは、これからの外交戦略に欠かせない。

 中国や韓国はしばしば日本の特定教科書を批判し、外交問題化している。だが、中韓両国の教科書の中身はどうなのだろうか。日本に関連する部分を調べると、誤りや一方的な記述が多いことが分かる。

 民間シンクタンク「日本政策研究センター」の調査によると、韓国の国定教科書では、十三世紀後半に中国・元と朝鮮・高麗の連合軍が日本を襲った元寇を「日本征伐」と記述している。「征伐」は悪い国をこらしめるという意味で、日本を蔑視(べっし)した書き方だ。

 また、中国の国定教科書は、アジアの独立運動に大きな影響を与えた日露戦争について、一行も書いていない。田中義一首相が昭和天皇に中国侵略を進言したとされた「田中上奏文」は、中国側が捏造(ねつぞう)した偽書と判明しているが、中国の高校教科書には、本物として載っている。

 このような調査は本来、外務省がもっと早くから組織的に行っていなければならなかったことだ。今回、中国で反日デモが暴徒化し、中国当局との交渉にあたった町村信孝外相が文相経験者だったこともあり、ようやく実施されることになったといえる。

 米国の各州の教科書で、非人道的とされる広島・長崎の原爆や東京大空襲がどう書かれているかも、日本人として知りたいことだ。日本固有の領土である北方領土などがどう表記されているかも、興味深い。

 町村外相は先のテレビ番組で、中国の李肇星外相が日本の教科書を読まずに批判している事実を明らかにした。中国の意図が、日本の国連安保理常任理事国入りを阻止することで、教科書問題をそのために利用しているに過ぎないとみられても仕方ないだろう。

 同じ番組で、町村外相は唐家●前外相にも、中国の愛国教育が反日につながっている懸念を伝えたことを明かし、「『日中友好』をお題目のように唱えるのでなく、互いにはっきりものを言える関係にしたい」と語った。

 中国の誤った対日認識は、欧米にも広がっている。町村外交により、これが正されることを期待したい。  ●=王へんに旋



※正直言って、今頃ですかと言いたい。外務省も外務省だが、政府も政府だ。いかにやる気がないかで、成果にはほとんど期待を持たない事にする。

また、たとえおかしな教科書があったとしても、今の政府や外務省では、その記述に対して、何の抵抗もしないのではないかと思っている。

ようは我が国の誇りを守る気概があるかどうかだが、拉致問題にしても真剣に取り返そうとしない態度を見ていると、期待しない方が良いだろう。

読売新聞の4月25日の記事を読んで涙が出たが、政府や外務省は何をやっているのだろう。この人たちには、変に期待を持たない方が良い。

そもそも、第1回目の小泉訪朝の時、めぐみちゃんのテニスラケットのカバーが返却されたが、その時点で、めぐみちゃんは生きていると確信した。死亡したのであれば、あのような物が残っているわけがない。

直観力なく、洞察力もなく、やる気もない外務省に期待するのは疲れるだけだ。



◆めぐみさん、募る家族への思い…拉致被害者ら証言

平成17年4月25日 読売新聞

 「お母さんからもらった弁当箱をとても大切に持っていた」――。13歳で拉致された横田めぐみさんが、北朝鮮で家族への恋しさを募らせていた様子が、拉致被害者の証言から少しずつ明らかになっている。

 1977年11月に拉致されためぐみさんは84年、蓮池薫さん(47)、祐木子さん(49)、地村保志さん(49)、富貴恵さん(49)両夫妻が暮らす地区に移り、86年の結婚後も、両夫妻との交流を続けた。

 「お母さんからもらったというつめ切りや、『101匹わんちゃん』のデザインが付いた弁当箱を、とても大事にしていた」

 富貴恵さんや祐木子さんが帰国後に伝えた話では、めぐみさんは拉致された時の所持品を大切に保管しており、母の早紀江さん(69)を懐かしんでは取り出して見せていた。また、富貴恵さん、祐木子さんと一緒に楽器を演奏する機会があり、めぐみさんは「弟が習っていたから」とバイオリンを選んだり、部屋には「拓也」「哲也」という双子の弟の名を書き留めたりしていたという。

 家族の元に戻りたい、との思いは87年に娘を産んでからも断ち切ることができず、94年2月か3月ごろ、「日本に帰る」と言って、住んでいた「招待所」を抜け出したが、監視員に捕まった。めぐみさんはその直後、中朝国境に近い「39号病院」に連れて行かれたと、蓮池さん夫妻は証言している。

 「『一刻も早く助け出して』という姉の声が聞こえるようだ」。話を聞いた拓也さん(36)は、めぐみさんの気持ちをそう思いやっている。
by sakura4987 | 2006-06-19 16:44

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987