人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆小泉演説の偽善突いた産経


平成16年10月3日(日)産経新聞

◆【紙面批評】浜松学院大学教授・藤竹暁
 
 九月二十一日夕(日本時間二十二日朝)、小泉首相は国連総会で演説した。題は「国連新時代」で、「国連安全保障理事会を改革する歴史的決断を行うときだ」と述べ、日本の安保理常任理事国入りへの強い意欲を表明した。産経新聞九月二十三日の記事(第二面)は続けて、「これに関連、小泉首相は二十二日、ニューヨーク市内で行った記者会見で『現在の憲法のままでも、常任理事国として国際社会の中で役割を果たすことができる』と強調した」と報じた。

 産経新聞が他のメディアと違う点は、かねてより、小泉首相が主張するこの論点に注目し、それが国際的に矛盾する主張であると報じてきたことである。

 ■矛盾抱えた常任理事国入り

 二十三日の産経は第五面でニューヨークから榊原智記者の報告で、小泉首相が強い調子で常任理事国入りに意欲を示した背景には、日本が国際貢献を積み重ねてきた実績に対する自信があると言う。「首相が演説で強く打ち出したのは、海外での武力行使を否定する現憲法の枠内での常任理事国入り」であることに注意をうながしている。

 ここが国連における日本外交の姿勢に見られる最大のウイークポイントであり、産経がずっと注目してきた点だ。この記事では「安保理が究極的には加盟国に軍事力の発動を求めるものであるのに、憲法を理由に、日本だけがその義務を負わない姿勢は、各国から奇異の目で見られる」と書いた。

 すでに九月十一日の第七面「緯度経度」で、ワシントンから古森義久記者が警告していた。「日本が常任理事国になりたいと宣言することはなにを意味するか。日本は国連の集団的な軍事力行使自体には反対も否定もしていない。だから軍事力行使は自国はせずに他のメンバー国にさせる、ということだろう。たとえ国連のためでも危険で難儀な軍事行動などどの国も好きなはずがない。だが日本はそれを他国に押しつけるのだ。偽善と評されても仕方あるまい」

 九月二十一日の第五面「政治縦断横断」でも青木伸行政治部次長は、二〇〇一年六月のニューヨークで、イラクで殺害された奥克彦大使が会食中に語った言葉を書いている。「日本は憲法問題に手をつけないまま国連安保理の常任理事国になっても、きちんと役割を果たせませんよ」。青木記者は奥大使が当時「国連政策課長だから常任理事国入りを力説するだろう、と思っていたので意外だった」という。

 青木記者は「現状のままでも常任理事国の重責を果たすことはできるし、憲法問題はあとで-などの考え方もあるが、それでは下手をすると国際社会の足手まといになる」と憂慮する。日本の多くのメディアが軽視している重要な論点である。

 小泉首相が九月二十日に行った同行記者団との懇談要旨(産経二十二日第五面)を読むと、日本のメディアの多くが小泉流の考え方でしかニュースを報じていないことがわかる。「日本は武力行使しないで国連平和維持活動をしている。武力行使をしなくても常任理事国入りし、国際社会で重要な役割を発揮できる」。果たしてそうだろうか?

 ■内外のハードルに警鐘

 九月二十七日、産経はふたたび「主張」で安保理常任理事国入りについて、「内外のハードル克服を」と論じた。ふたたびと書いたのは、産経は八月二十三日の「主張」で常任理事国になるために解決すべき問題について警鐘を鳴らしていたからだ。九月二十七日の「主張」では、内外のハードルの第一として、米国のより積極的な支持が必要だと論じ、米国が国連改革に消極的な姿勢を示す背後には「米国が抱く国連への不信感と、憲法で海外での武力行使ができない日本が常任理事国として他の加盟国に武力行使を促す立場になるのは偽善だとする米議会の存在がある」と書いた。

 来年の国連創立六十周年を目前にして、日本が国連改革の先頭にたつことはよいことだ。しかし土台を固めないで口先だけの主張をすることは、かえって国益を損なうことになる。国際社会から偽善であると非難されることのない日本でありたい、と私は思う。産経新聞はこれからも、国際社会の視野に立ったニュースを伝えてほしい。



※武士道精神からは小泉総理的な考えは決して出てこない。もっとも大切にする「誠」の精神のかけらもないではないか。人に戦争を促して、自分はコタツの中でみかんを食べながらテレビで応援するのか?「恥」の精神も忘れたのだろうか。憲法改正をせずにもし常任理事国にでもなったら、いよいよ憲法改正が夢の彼方に行ってしまうことをマスコミはよく知っている。
by sakura4987 | 2006-06-20 11:09

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987