人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆「家族力」が発揮された 日本選手の活躍を讃えたい

平成16年8月30日(月)産経新聞

【主張】アテネ五輪閉幕 

 オリンピック発祥の地で行われた歴史的なアテネ五輪が閉幕した。日本選手は史上最多のメダルを獲得し、多くの国民は、久しぶりに感動と興奮を味わったにちがいない。ここまで力をつけ、技を磨いてきた選手たちの努力を讃(たた)えたい。

 今回のメダルラッシュの大きな要因の一つに、各選手の家族の支えが挙げられよう。それは「家族力」といってもいい結束の強さだった。

≪共通する「厳父」の存在≫

 女子レスリング55キロ級を制した吉田沙保里選手は、全日本チャンピオンだった父親のレスリング教室で、三歳から鍛えられた。竹刀でたたかれながら世界一のタックルを身につけた。72キロ級で銅メダルを取った浜口京子選手も元プロレスラーの父親の指導を受けて強くなった。「金メダル以上のものを学んだ」「父の教えはすべて受け継いだ」と父に感謝した。

 柔道男子60キロ級で前人未到の五輪三連覇を果たした野村忠宏選手は、祖父の代から続く柔道一家に育った。女子70キロ級の上野雅恵選手や78キロ級の阿武教子選手も、柔道家の父親によるスパルタ教育を受けた。

 これらのメダリストに共通しているのは、「厳父」の存在である。吉田選手は「父は怖いが、母は優しい」と話していた。その父親の厳しい指導に、子供である各選手はよく耐えた。戦後日本人が久しく忘れていた伝統的な家族の姿を思い起こさせてくれたような気がする。

 女子柔道48キロ級の谷亮子選手は、結婚したばかりの夫で日本野球代表の谷佳知選手の応援を受け、「田村で金、谷でも金」の約束を果たした。女子レスリングで銀金を射止めた伊調千春、馨姉妹は励ましあいながら、練習を重ねた。彼女たちの健闘は、夫婦愛や兄弟愛の大切さを改めて示した。

 家族は社会を構成する基本単位である。近年、核家族化が進み、共働き家庭の増加もあって、家族の絆(きずな)が希薄になり、それが家庭の教育力を低下させているといわれる。

 欧米では、一時期の行き過ぎた個人主義への反省から、家族の価値(ファミリー・バリュー)が重視されるようになってきている。日本の社会が今回のアテネ五輪から学ぶべきものがあるとすれば、それは「家族力」の再興ではないだろうか。

 今回の五輪では、郷土の応援もメダル獲得の大きな原動力になった。男子柔道90キロ級で銀メダルを取った泉浩選手は、青森県の漁師の家に生まれた。両親ら地元の応援団は「マグロ一筋」と書かれたTシャツを着てアテネに駆けつけ、大漁旗を振って応援した。家族愛と郷土愛に支えられたメダルといえる。泉選手に限らず、日本の国内でも、各選手の母校や故郷で懸命に応援する姿が見られた。

≪国旗・国歌に敬意払う≫

 オリンピックは、それぞれの国の伝統技術を競う場でもある。日本のお家芸だった体操の男子団体で、一九七六年のモントリオール五輪以来、二十八年ぶりに金メダルを奪還した。鉄棒の米田功選手ら三人は、小学生のころから大阪の体操クラブで練習した仲間だ。柔道では、外国選手の腕力にものをいわせたレスリングまがいの新しい技にひるまず、本来の投げ技や足技を駆使して倒した。

 「柔道王国・日本」が復活し、「体操日本」が復活の兆しを見せたのは、各選手が基礎・基本に立ち返って練習に励んだ成果といえる。

 同じ日本のお家芸である男子平泳ぎで、百、二百メートルの二冠に輝いた北島康介選手はスタート前、胸の日の丸に手を当てて競技に臨み、表彰台では誇らしげに君が代を口ずさんだ。女子八百メートル自由形を制した柴田亜衣選手は勝利を確かめると、コーチ陣から手渡された日の丸の扇子をスタンドに向けて振り、表彰後のインタビューで、「日の丸を見て、君が代を聞き、感激した」と話した。

 アテネ五輪では、総じて国旗・国歌に対する日本選手たちのマナーは良かったように思われる。健全なナショナリズムがこれらの若者たちの心に育(はぐく)まれていることが感じられた。こうした傾向が、スポーツの世界だけではなく、あらゆる分野に、自然に広がっていくことを期待したい。
by sakura4987 | 2006-06-20 14:42

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987