人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆高齢化進む日本 将来は経常赤字 IMF見通し

平成16年9月24日(金)産経新聞

 国際通貨基金(IMF)は二十二日に公表した世界経済見通しで、日本は将来、少子高齢化が進む結果、経済成長が鈍化、いずれ経常赤字国になるとの予測を示した。

 報告書によると、高齢化が進むことで、先進国の一人当たり実質GDP(国内総生産)は年率0・5%押し下げられると試算。日本の場合は、0・8%低下すると予想している。その結果、日本では今後、高齢者らが貯蓄の取り崩しによって生活することを余儀なくされ、経常収支は二〇二〇年ごろに赤字に転落するという。

 二〇五〇年までのシナリオはさらに悲観的だ。子供の出生率の低下で日本の労働力供給は大幅に減少し、労働力の供給先として総人口の約四割を移民に頼らざるを得ない状況を予想している。

 報告書は、移民政策だけで問題は解決しないと指摘。高齢化が進むことで財政悪化、年金制度、医療保険制度の破綻(はたん)が予想されることから、長期的には国の制度の抜本改革を通じて出生率を上げる政策に取り組むよう提言している。


※厚生省のデータは絶対信じない方がいい。修正に継ぐ修正の繰り返し。自分たちに責任がこないように何でもするのだから。この少子化問題、きわめて深刻だが、その原因が全くわからず、女性問題で対応している。真の原因が、「西洋化」と「中絶」にあると知ったらひっくり返るかもしれない。
by sakura4987 | 2006-06-20 14:58

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987