人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆出生が4年連続最少を更新 04年生まれ112万人


平成17年3月28日(月) 産経新聞(共同) 
 2004年に日本で生まれた赤ちゃんは、政府が取りまとめた速報値ベースの統計で日本在住の外国人も含め112万1000人だったことが28日、分かった。03年に比べ1万4000人少なく、4年連続で戦後最少記録を更新した。出生数は政府の見通しより3万人超少なく、高齢化の進展も予想を上回っている。

 少子高齢化の進行が政府の予測値より速くなったことで、昨年、施行されたばかりの新年金制度や医療、介護といった社会保障制度に大きな影響を及ぼしそうだ。

 1人の女性が一生に産む平均子ども数である合計特殊出生率は、03年に1・29と戦後最低になったが、04年はさらに低下した可能性がある。

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所が02年1月に公表した「日本の将来推計人口」の中位推計では、04年の出生数を115万4000人と見込んでいたが、実際には3万3000人下回ったことになる。

 一方、総務省が先月発表した04年10月1日現在の総人口は1億2768万7000人で、中位推計を5万人強上回った。

 出生数が中位推計を下回ったのに人口が同推計より多かったのは、死亡者数が103万4000人(前年比1万3000人増)と、同推計より少なかったことが影響した。

 出生数、死亡数とも政府予想より少ない状況が続いていることから、年代別人口は政府予想に比べ14歳以下で少なく65歳以上では多くなっている。予想とのギャップは年を追うごとに広がっている。

 04年の出生数から死亡者を差し引いた自然増も8万7000人で戦後最少だったが、中位推計の6万2000人よりは多かった。

 将来推計人口は、政府が年金の保険料率や給付額を算定する際に用いられる重要なデータ。高位、中位、低位の推計があるが一般には中位推計が活用される。

 ■中位推計 国立社会保障・人口問題研究所は、年齢別の平均死亡率や出生率などに基づいて日本の将来人口についての3種の推計値を5年ごとに算出するが、その中で真ん中の数値。高位、低位推計もあるが、年金、医療、介護といった社会保障制度の策定など、一般に政府や地方自治体が政策決定の際の基礎資料に用いるのは中位推計。生命保険会社など民間企業なども利用している。

                                  ◇

 政府がまとめた速報値ベースの統計で、日本の人口は、赤ちゃんは減っても長生きするお年寄りが増えて維持されている現状が鮮明になった。

 総人口は、政府が将来人口を推計した2002年以降、04年まで3年連続で政府見通しを上回って増加した。しかし、その要因は出生数が政府予想より増えたわけではなく逆に予想より少なかったが、死亡者数も予想より少なかったためだ。

 03、04年の2年間で生まれた赤ちゃんは225万6000人で、国立社会保障・人口問題研究所の中位推計より6万8000人少ない。一方、2年間の死亡数は205万4000人で中位推計を10万5000人下回った。

 この結果、年代別の人口構成比は65歳以上が全人口の19・5%となり、政府見通しより0・1ポイント増。逆に15歳から64歳の生産年齢人口は政府見通しより0・1ポイント減の66・6%に低下した。

 政府の予想を超えて国民が長生きすることは喜ぶべきことだが、年金受給者は増え、現状のままだと医療、介護などを受ける人は増加の一途だ。一方で、税や保険料の支え手となる現役世代は減り、財政はますます圧迫される。負担増や給付水準低下を避けるためにも、高齢者の職場開発など支え手を増やしたり、生活習慣病対策など健康を維持する取り組みは待ったなしだ。




※現在の少子化対策は間違っているという事が、今後いろいろな形で出てくる事になるだろうし、男女共同参画社会とやらと少子化を、いんちきデーターで関連付けて、家族バラバラ計画を進行してきた連中にとっては、たまらなく嬉しい結果だろう。

ますます男女共同参画社会を推進しなければ少子化が進むと、勉強しない政治家を騙してお金や思想をばら撒ける事になるのだから、これ以上嬉しい事はないのではないだろうか。

最近、「働く女性が増えるほど、出生率は増加する」をいうもっともらしいデーターが、全くにいんちきだったという本を読んだが、なるほどこうやって騙していたのかあと、背筋が寒くなる思いがした。

自分たちに都合のいいところだけをデーターで示して、役人や政治家を騙す大学教授などがごろごろいるということだ。正直を旨としている私にとっては、信じられない思いだが、「平気で人を騙す人」は存在するのだと、改めて人の心の恐ろしさを思い知った。

現在の状況から考えられる現実的な選択肢は、極端に言うと、膨大なお金を使って(一人約30万円)子供を人工的に増やすか、少子化を諦めて、人口が8000万人程度になる事を覚悟して、国民一人一人の中身の充実に邁進するかの二つだと思う。

私としては、お金をやって揉み手をしてまで生んでもらわなくていいと思うし、そんなお金もないだろうし、適当な政策では少子化が止まるとはとても思えないので、いっそのこと諦めて、国民一人一人が精鋭化する方向で政策を組むべきだと思っている。

今の政策では、少子化も止まらないし、中身がふにゃふにゃの人間は増えるし、家族は解体するという、最悪のやり方が驀進中で、これで一番喜ぶのは支那という事になると思うと、悲しくなってくる。
by sakura4987 | 2006-06-20 15:04

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987