人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆中央区の公立中自由選択制 保護者の7割強「満足している」


 中央区が今年度から導入した公立中学校の自由選択制について、新一年生の保護者の七割以上が満足しているものの、選択の基礎となる情報がもっとほしいと思っていることが、区のアンケート調査で分かった。

 アンケートは六月、新一年生の保護者四百十二人、区立中教員八十四人を対象に行われた。回答率はそれぞれ78・2%、86・9%だった。

 結果によると、学校生活に「満足している」と答えた保護者は70・8%、自由選択制による入学者の保護者(二十八人)は「満足している」が75%とやや多かった。

 「満足」の理由は「子供が毎日充実して通学している」が最も多く64・9%、次いで「教員に満足している」が9・2%だった。「不満足」の理由は「子供の友人関係の問題」「授業・学習面に対する不満」など。

 学校選択にあたってあればいい情報として(複数回答)「特色ある教育活動」二百三人(25・4%)、「卒業生の進路」百六十六人(20・8%)、「部活動の状況」百四十七人(18・4%)など延べ七百九十九人の回答があり、必要な情報が十分でなかったことがうかがえた。

 教員は自由選択制について「賛成」「おおむね賛成」が42・4%で、保護者ほど積極的な支持はなかった。

 自由選択制に対して保護者から「別の学校を知る機会でよい」「四校の特色がより打ち出され、友人の幅も広がってよい」と肯定的な意見があった一方、「校長や教職員に『ぜひうちの学校へ』という熱意は感じられなかった」「どの学校にも教育活動の特色は感じられなかった」など厳しい意見も出された。

平成16年8月15日(日)産経新聞
by sakura4987 | 2006-06-20 17:08

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987