人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆小4~6年生の4割「太陽が地球の周り回っている」


平成16年9月21日(火)産経新聞

国立天文台助教授ら調査「指導要領に問題」

 小学生の四割が「天動説」を信じている! 国立天文台の縣(あがた)秀彦助教授らが行った理科教育の実態調査で、小学校四-六年生の40%以上が「太陽が地球の周りを回っている」と思っているショッキングな実態が明らかになった。二十一日から盛岡市で開かれる日本天文学会で「理科教育崩壊」と題して発表する。背景について縣助教授らは「現行の学習指導要領は天文分野の学習内容が極めて不十分」と指摘し、早期修正を提言している。

 今年二月と四月に、北海道、長野、福井、大阪の四道府県でアンケート調査(四校、対象児童三百四十八人)を実施。「地球は太陽の周りを回っている」「太陽は地球の周りを回っている」の二つの選択肢から正しい方を選ぶ設問では、42%が“天動説”を選択した。

 縣助教授らは平成十三、十四年に広島市と東京都三鷹市の小学校で同様の調査を実施した。これらの結果を総合すると、「月の形が毎日変わるのはなぜか」という月の満ち欠けの原因を尋ねた設問で、四つの選択肢から「地球から見て太陽と月の位置関係が変わるから」と正しい答えを選んだのは47%。「月が地球のかげに入るから」と「月食」と混同した児童が37%にのぼったほか、「いろいろな形の月があるから」を選んだ児童も2%いた。

 六月に茨城県内の四校で行った同様の調査(対象児童七百三十三人)でも、40%が天動説を選んだ。また、「太陽の沈む方角」(東西南北から選択)の正答率が65%にとどまるなど、身近な天文現象に対して子供たちの理解が乏しい実態が浮かび上がった。

 平成十四年施行の指導要領では地上から見た太陽や月、星の動きの観察を重視する内容になっており、縣助教授は、「今は月の満ち欠けの理由は小学校では教えていないが、四-五年生で理解できる。現行の学習指導要領の授業の範囲が“平らな地球”からの宇宙観にとどまり、地球が丸いことや自転、公転していることさえ扱わない」と問題点を指摘。そのうえで、「テレビなどでは宇宙の映像に触れる機会も多く、日常生活で得た知識と授業内容が結び付かない。理科の授業で太陽、地球、月の全体像を教えないことが理科嫌いを招く原因ではないか」と話している。

 ≪教える側の力不足≫

 芳沢光雄東京理科大教授(数学・数学教育)の話 「物事に興味や問題意識を持ち、原理原則を学び、視点を変えたり、論理的に考える作業が楽しい、面白いと多くの児童生徒が実感できていないのだろう。理数教育は国の礎で由々しい結果だ。子供の心に飛び込む授業は専門知識や人生経験に裏打ちされた教える側の力量や深みが伴う問題だ。『ゆとり教育』は問題だが、子供の興味、関心、考える力をどう養うかという取り組みを省略すると、学ぶ量が増えても知識を注入する『詰め込み教育』になるだけで、何の本質的な解決にもならない気がする」



※考える力など基礎がなければ出来ないのだから、あまり複雑に考えずに、子供にはしっかり勉強をさせること。それと、教師は勉強しているのだろうか。ゆとり教育で出来た時間を、まさか自分の趣味の時間に当ててはいないだろうね。教師は国民の手本だという自覚を持ってもらいたい。
by sakura4987 | 2006-06-21 11:36

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987