人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆「日本語力」低下


平成16年11月24日(水) 産経新聞 4年制私大、国立さえ… 「留学生以下」お寒い大学生

「憂える」=「喜ぶ」!?/短大生35%中学生レベル

 大学生の「日本語力」が低下し、中学生レベルの国語力しかない学生が国立大で6%、四年制私立大で20%、短大では35%にのぼることが独立行政法人「メディア教育開発センター」(千葉市)の小野博教授(コミュニケーション科学)らの調査で分かった。「憂える」の意味を「喜ぶ」と思いこんでいる学生が多いなど、外国人留学生より劣る実態で、授業に支障が出るケースもあるという。同教授は「入学後の日本語のリメディアル(やり直し)教育が必要」と指摘する。

 調査は十六年度に入学した三十三大学・短大の学生約一万三千人を対象に、中一から高三相当の問題を盛り込んだテストを行い、十四年度に中高生に実施したテスト結果と照らし合わせてレベルを判定した。

 その結果、中学生レベルと判定された学生は、五年前に行われた調査と比較して、国立大が0・3%から6%、私立大が6・8%から20%、短大が18・7%から35%と、数年間で大きく増加していることが分かった。

 テストでは「憂える」の意味を問う設問で、「中学生レベル」と判定された学生の三人に二人が「うれしい」に音感が近いためか「喜ぶ」を選択。「大学生レベル」とされた学生の中でも正答率は50%にとどまり、文字通り“憂える”結果となった。

 「懐柔する」は「賄賂(わいろ)をもらう」を選ぶ学生が多く、「大学レベル」の学生でも正答率は46%にとどまった。

 このテストでは、外国人留学生でも大学院生はほぼ全員が「高校レベル」をクリアしており、「留学生より日本語ができない学生が、相当数いるのが実情」(小野教授)という。

 国語力が低下した原因として、小野教授は「少子化のため、自己推薦など試験が必要ない入学や全員入学・定員割れが増加したことが日本語力の低下を招いている」とし、「入学後の早い時期に授業が理解できる高校生レベルまで、日本語力を伸ばすことが必要」とし、リメディアル教育の必要性を提言。

 リメディアル教育では、今年行われたテストで千二百人中二百七十人が中学生レベルと判定された埼玉県の大学が三カ月間、週に一度、ひらがな文を漢字かな交じり文に直したり、四つの単文を並べかえて文章にする訓練を行った。その結果、一部のテストで平均点が65点から96点になるなど短期間の訓練で、理解力が大きく伸びることが確認された。

 小野教授は「学生はダメだといわれているが、実際に(対策を)やってみると案外、伸びるという結果」とし、大学側が積極的に学生の日本語訓練に乗り出す時期にきていると指摘している。

                  ◇

 【問題の例】

 ■露骨に

(1)ためらいがちに     (0%)

(2)おおげさに    (83.3%)

〔3〕あらわに     (16.7%)

(4)下品に         (0%)

(5)ひそかに        (0%)

 ■憂える

(1)うとましく思う  (16.7%)

(2)たじろぐ        (0%)

(3)喜ぶ       (66.7%)

〔4〕心配する        (0%)

(5)進歩する     (16.7%)

 ■懐柔する

(1)賄賂をもらう   (50.0%)

(2)気持ちを落ち着ける(33.3%)

(3)優しくいたわる  (16.7%)

〔4〕手なずける       (0%)

(5)抱きしめる       (0%)

(カッコ内は中学生レベルと判定された学生が回答した割合、〔 〕数字が正解)

 *小数点計算で合計は必ずしも100にならない




※一番問題なのは、マスコミや日教組の宣伝のおかげで、大人も子供も勉強した方が良いのかどうかがわからなくなっていることだろう。社会全体がはっきりしないので、子供たちが易きにつくのは当たり前だ。はっきり言おう。勉強はいい事なのだ。勉強といえば、薪を背負って運びながら本を読んだ二宮尊徳が有名だが、今はあの銅像も見かけなくなってしまった。彼は四書五経や農業も勉強したそうだが、勉強には二種類あって、人間は心の教えと実学を学ばないと本当の意味で人のお役に立つことが出来にくい。白虎隊で有名な会津藩では、12歳まで心の教えを学んだ後、実学もまた懸命に勉強する制度になっていた。 

今の教育を立て直すには、まず大人が勉強はいい事なのだと、はっきりとした態度を確立することが大事だろう。しかもそれは良い学校に行くという手段のためではなく、人のお役に立つために必要だということをしっかり確認することだ。偉人伝を読んでみると、多くの偉人が死に物狂いで勉強していることがわかると思う。いつも言うことだが、まずは大人が学び続け、勉強の素晴らしさを実体験しないことには、子供たちはどうしていいかわからず、今のままの分裂した価値観で子育てをすることになる。 

本日の産経に参議院議員の舛添要一氏が「郵政民営化にしても、日本が自主権の強い十ほどの大きな州に分割されれば、分割という選択肢もありうるのである。教育も、産業も、公共事業も同様である。中央の省は、内閣、外交、防衛、財務、法務の五つで足りることになる。日本中の地域が、自らの発想と言葉で、教育にも公共事業にも住民の健康維持にも責任を持てばよい。」と書いていたが、こと教育については全くの勉強不足だ。 

イギリスをよみがえらせたサッチャー首相が教育でやったことは、教育は国家が管理するようにしたことだ。この文章で、この人のお里が知れたような気がする。地方の実態も全くわかっていない。テレビでのたまう前に、もう少し実情を勉強されてみてはいかがだろうか。この様な人が国際政治学者というのだから、日本もおかしくなるはずだ。 

「子供に教育が必要なら、親にも教師にも、それ以前に教育が必要なのである。自らを教育しつつあるという姿以外に、子供に愛され尊敬される教育の現場はない」(曽野綾子) 

「経験というものは、人が知識において進めば進むほど、その必要性を感じさせるものである」とデカルトは言っている。つまり、人は知識を得れば得るほど、自分の経験不足を感じるものであるということだが、果たしてこの様な謙虚さを感じている大人がどれほどいるだろうか。傲慢な人は知識が足りていないということだが、最近は特にこの傲慢な人が増えたように思う。「日本人には日本が足りない」のだが、もう一つ「日本人には知識も足りない」が加わった。 
by sakura4987 | 2006-06-21 11:40

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987