人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆日本は数学6位、読解力14位に転落


OECD学力調査 (朝日新聞12月7日)

 経済協力開発機構(OECD)が昨年実施した国際的な学習到達度調査の結果が7日、世界同時に公表された。41カ国・地域の計約27万6000人の15歳を対象に、知識や技能の実生活への応用力をみるテストが行われた。日本は、前回(00年)8位だった「読解力」がOECD平均レベルの14位まで低下。「数学的リテラシー(応用力)」は前回の1位から6位になった。文部科学省は日本の学力について初めて「世界のトップレベルとはいえない」との表現を使い、厳しい現状認識を示した。

 「科学的リテラシー」は前回同様2位で、今回から実施した「問題解決能力」は4位だった。文科省は今回の結果について「日本の学力は上位にある」としつつも、特に落ち込みの目立った「読解力」に対応するため「読解力向上プログラム」を来夏までに策定すると表明した。

 読解力は、文章や図表を理解して利用し、熟考する能力と位置づけられ、設問は計28題。1位のフィンランドの平均点が543点で、日本は498点。前回に続いて参加した国の中では、前回に比べ最悪となる24点の減になった。習熟度レベルの高い(得点の高い)グループは前回並みだったものの、習熟度レベルの低いグループで落ち込みが大きく、学力格差が広がった形だ。

 今回、数学は重点的に調べた分野で、85問を出題した。1位香港の550点に対して日本は534点(前回比23点減)だったが、同省は「誤差を考慮すると統計的には香港と差がない」と説明している。

 テストにあわせて行ったアンケートの結果、数学について「授業が楽しみか」「内容に興味があるか」など関心を聞いた質問項目すべてで、日本の生徒は肯定的な答えがOECDの平均以下だった。「数学を日常生活にどう応用できるか考えている」と答えた生徒はわずか12.5%で、平均の53%にはるか及ばなかった。

 また、授業以外の勉強時間は週平均6.5時間で、OECD平均の8.9時間を下回った。




※何のために学ぶのかといえば、よりよき判断をするためであり、かつ自分を生かし、世の中を生かすためだ。すなわち、社会を前進させ、この世の中を理想の社会にしていくために学ぶのだ。世の中は立身出世が悪い事のように言われる面もあるが、真の立身出世はいいことなのだ。それだけ多くの人に影響を与え、社会に貢献できるチャンスを得ることになるのだから。学問をし立身出世をするときに、注意すべきことは、寛容の精神や感謝の心や謙虚さを忘れないことだ。これさえしっかり心掛けていれば、何も恐れることはないのだ。世界を変えてきたのは、やはり影響力がある立場に立った人たちなのだ。
by sakura4987 | 2006-06-21 11:42

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987