人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆教育基本法改正「国を愛する心」で合意を

産経2004.06.13

 教育基本法改正をめぐる与党協議会で、「国を愛する心」を盛り込むことに公明党が歩み寄りを見せている。愛国心の醸成は日本の公教育に欠かせない重要な理念である。もう一歩踏み込んだ理解を同党に期待したい。

 与党協議会の下に置かれた教育基本法改正に関する検討会で九日、公明党は「国を愛する心」(自民党案)に対し、「国を大切にする心」という案を示した。以前の公明党は、新しい教育基本法に「国を愛する心」を導入することに強く抵抗していたが、そうした自公間の距離は縮まったといえる。

 「国を愛する心」については、与党協議会に先立つ中央教育審議会でも議論された。当初、「愛国心」を盛り込む案が提示されたが、「誤解を生む恐れがある」「偏狭なイメージが残っている」といった意見が出され、昨年三月の答申で「国を愛する心」という言葉に言い換えられた経緯がある。

 どちらも同じ意味だが、「愛国心」という言葉は国際社会、特に欧米では美しい響きをもち、「愛国者」と呼ばれることは最高の誇りとされる。その愛国心を子供に育むことは、多くの国で普通の教育として行われている。

 最近、公明党にも、愛国心に理解を示す幹部の発言が目立つ。神崎武法代表はこの三月、日本記者クラブでの会見で、「郷土愛の延長線上の自然な感情としての愛国心は健全な国際人として育つためにも必要だ」と述べた。浜四津敏子代表代行も二月の全日本教職員連盟の大会で、「自分の文化、郷土、国を愛することのできない人間に、他の国家、民族を愛する心は生まれない」と話している。

 両氏の発言は、新しい基本法に愛国心の導入を求める意見と、ほとんど変わらないように思われる。内閣府の世論調査(今年一月)では、「国を愛する気持ちを育てる必要があるか」という問いに、80%が「そう思う」と答えている。これが国民の声だろう。

 自民、民主両党の国会議員でつくる超党派議連「教育基本法改正促進委員会」は十一日、「愛国心の涵養(かんよう)」などを柱とする新教育基本法大綱を発表した。与党協議会も今週中に中間報告をまとめる予定だが、さらに自公間の距離をつめ、「国を愛する心」を育てる必要性を明記してほしい。
by sakura4987 | 2006-06-21 12:33

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987