人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆日教組見解に文科相が反論 「チャレンジは必要」


平成17年1月12日(水)産経新聞

 日教組(日本教職員組合)が、九日に閉幕した教育研究全国集会で、「競争は序列をあおる」との見解を打ち出したことに対し、中山成彬文部科学相は十一日、子供にチャレンジ精神を植えつけることは必要だと改めて表明した。

 中山文科相は「自分の優れた点を伸ばし、ひとかどの人間になろうという気持ちを育てることは大切。勉強して努力するという心構えを、小さいときから育てるべきだ」と述べた。

 さらに、導入を検討している全国一斉学力テストが競争を激化させるとの批判にも、「最初に学力テストありきではない。(教育政策の)結果がどうなるか判断するのは当たり前で、いたずらに競争をあおるためにやるのではない」と反論した。




※もう日教組は潰すべきだ。教育の崩壊は日教組の責任なのは明々白々の事実だ。教育のレベルも先生のレベルも最低ラインに落ちてきているではないか。 

各人の努力にかかわらず、一人ひとりをみな同じに扱うと、発展がなくなる。要するに、やる気がなくなってくるのだが、それを知って、日教組はこのようなことを言っているのだし実行してきたのだ。その結果が今の社会状況だ。 

中山文科相にはぜひ頑張ってもらいたいが、学歴社会の欠点である精神性の欠落というところにも目を向けて、宗教的教育も導入していただきたい。しかし思うのだが、教育界には人材がいないのだろう。こんな当たり前の事を堂々と実践する教育関係者が、あまりにも少なすぎる。 
by sakura4987 | 2006-06-21 12:46

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987