人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆自虐史観について

 ☆「自虐病」・・そういう言い方もありますね。わたしは、日本自体が、鬱病にかかっていると思っています。意味合いは、おなじです。

  鬱病だからこそ、自虐史観が受け入れられるし、未来が見えないから少子化が進んでいき、悪いのは北朝鮮なのに政府や家族を責め立てます。自分に近いところを攻撃しようとします。鬱病は脳の病気であり、まずは自覚しないことには治りません。

  鬱病に一番悪いのが、「共産主義・社会主義」の考え方です。この考えを進めれば、自殺するしかありません。国境をなくすとか、差別をなくすといったことは、鬱病患者にとっては早く死ねと言われるのといっしょです。自分、日本という国が、無くなればもっとすばらしくなると思ってしまうのです。

  「自分は自分である」といった開き直りが必要です。まず考えることは自分、日本のことです。そして、それと同じように他の国の事も考えてあげられれば、もっとすばらしい。

  「自分を愛するようにあなたの隣人を愛しなさい」これはキリスト教の言葉ですが、これはけして、隣人のことだけ愛しなさい、と言っているのではありません。自分を愛していることが前提にあります。しかしナゼか今の日本人は、隣人だけを愛そうとしているようです。これは、気色悪いです。ほめられることなどありえないのに。

  もちろん隣人とは、中国北朝鮮韓国アメリカと言うことですが。

  鬱病というのは、自分を愛するどころか、消滅した方が世のためになる、と考えてしまう病気なので、今の日本がこうなることは、当たり前といえば当たり前です。「原爆を落としたアメリカが悪い」と言えずに「原爆を落とす原因を作った日本が悪い」となってしまうのですから、これを鬱病と言わずなんというのか?いったい誰が、病気であると認識しているのか?

  残念ながら今の指導者で、鬱病を認識できている人は、いないように思います。一度鬱病にならないと、どんな病気なのか想像することもできませんから。でも今、日本が鬱病にかかっているので、みんなが認識できる可能性はあります。自殺する前に、気付けばいいのですが・・

!!!自虐史観に怒れる男達!!!
http://melten.com/m/7156.html
by sakura4987 | 2006-06-21 12:56

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987