人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆世界に誇りうる日本人の規範意識


平成15年7月30日(水)産経新聞

お茶の水女子大学教授 藤原正彦 「いまだに死せず卑劣、卑怯を憎む心」

≪最も恥ずべき火事場泥棒≫

 明治四十五年生まれの父は子供の頃、火事の焼け跡から面白半分に黒焦げの木片を拾って帰った。これを見た父の祖父が烈火のごとく怒った。

 「火事場からはどんなものも持ってきてはいけない。今すぐ元の所に返してこい」

 仕方なく父は、暗い一里の夜道を返しに行ったという。幕末に下級武士の家に生まれたこの祖父は、「泥棒の中でも火事場泥棒ほど恥ずかしいものはない」と繰り返し教えたそうである。

 昭和二十年八月九日未明、ソ連軍は突然、兵員百七十四万、戦車五千台余り、航空機五千機余り、という厖大な兵力で怒濤(どとう)のごとく満州へ襲いかかった。対する日本軍は、主力を南洋や本土に持っていかれ、航空機は二百機余り、戦車部隊もなきに等しく、なすすべもなかった。

 日ソ中立条約(不可侵条約)を破ったことがよく問題にされるが、戦争とは外交の破綻(はたん)した極限状態であり、外交の産物である条約とか取り決めはしばしば無視される。問われるべきは戦争の本質であり大義である。不可侵条約を破ったとか宣戦を布告しなかったとか、戦争を始める際の手続きは枝葉末節と思う。

 ソ連は、対米戦争で日本が気息奄々となった機をとらえ、満州へ攻め入り、八月十五日以降も攻撃の手をゆるめず、領土的野心を満たした。ソ連攻撃をしなかった国民に虐殺略奪を重ね、満州にあった工場などの機械設備を片端からシベリアへ運んだうえ、数十万の日本人をシベリア開拓の労働力として強制連行し、長期間にわたり抑留酷使した。ソ連の侵攻が絶対に許せないのは、もっとも卑劣な火事場泥棒だからである。

≪武士道に根差す規範感覚≫

 イラク戦争でバグダッドが陥落した頃、我々は連日、テレビで略奪を見せつけられた。爆撃で壊された店舗や、もぬけのからとなったビルから、人々がテレビカメラの前で、さして悪びれもせず物品を運び出す。北米や中南米で大地震や騒乱が起きた際にも、似たような光景がテレビニュースで映し出され、暗澹(あんたん)とさせられた。

 これに比べ、阪神大震災では、そのようなおぞましい行為が見られなかった。欧米をはじめとする諸外国で、これを称賛する声が上がった。混乱に乗じ、困り果て途方に暮れている人間につけこみ、物品を奪うという火事場泥棒を、とりわけ卑劣なものと考える我が国の美風が、まだ残っているということである。

 泥棒も火事場泥棒も法律的には等しく窃盗である。論理的に同等でも後者の方が罪深い、と日本人は考える。「他人をだまして金をとる」と同じ詐欺であっても、「年寄りや弱者をだまして金をとる」は格段に罪深い。卑劣とか卑怯(ひきょう)がなぜいけないかは、論理的にはほとんど説明できないが日本人はそう考える。

 このような日本人の規範感覚は、武士道精神に根差している。この精神は、鎌倉時代に「弓矢とる身の習い」、すなわち戦における掟(おきて)として成立したが、平和の長く続いた江戸時代には精神にまで洗練され、小説、芝居、講談などを通して町人にまで広まったから、日本精神と呼んでよい。誠実、慈愛、惻隠(そくいん)、忍耐、礼節、名誉、孝行、公の精神などを重んじ、卑怯を憎む精神である。

 とうの昔になくなったと思われたこれらは、最近の学生などを観察しても、かろうじてだが心に残っている。タクシーでの忘れ物も届け出た持ち主にほとんどの場合、戻るという。こんな国が他のどこにあるだろうか。

≪世界も注目する江戸社会≫

 世界は今、混迷の中にある。この世界を救う手立てとして、日本精神は極めて有望と思う。人類を不幸にするに違いない行き過ぎた市場経済に対しては、大きな者が小さな者をやっつけるのは卑怯、という感覚が歯止めとなる。社会を不安定にするリストラには慈愛や惻隠が役立つ。はびこる個人主義や利己主義には公の精神を、横行するいじめには卑怯を、子供の万引には「親を泣かせる」とか「お天道様が見ている」を、教えるのがよい。不正や不道徳な行為に対しては名誉や自制が抑止力となる。環境問題には自然への畏怖(いふ)が役立とう。

 天正の遣欧少年使節も明治の留学生達も、この日本精神ゆえの品格で世界の人々を印象づけた。日本精神を規範とした江戸の社会は当時、世界で最も優れていた、と最近になって英国の学者達が注目している。現代日本人が、この精神をしっかり取り戻し立派な社会を作れば、今なお論理合理を金科玉条としている世界の多くの人々を、必ずや覚醒(かくせい)するだろう。





※平和運動をやっている人からこの様なことを聞いたことがない。本当に平和のことを考えるなら、宗教の大切さや「武士道」の大切さを訴えてもいいと思うが。もっとも、彼らは唯物論なのでありえないでしょうけど。 
by sakura4987 | 2006-06-21 16:29

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987