人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆乃木院長の言葉  教育の根本は「飾るな」


平成16年11月07日(日) 産経新聞  【学習院長・田島義博の子育て改革】(84)

  今年は日露開戦から百年。新聞や出版の世界では「明治」を振り返る企画が盛んです。特によく取り上げられる人物の双璧(そうへき)は東郷平八郎元帥と乃木希典大将でしょう。

 とりわけ乃木大将は明治四十年から末年まで第十代院長として、学習院の歴史に大きな精神的土台を築いた方でした。

 といっても「ノギタイショウ?」と首をひねる若い人が少なくないかもしれません。第二次世界大戦終結からでさえ六十年たっているのですからそれもやむを得ないかとも思いますが、乃木院長の語録は今読んでも味わい深いものがあります。たとえば、

《堅実なる精神を発揮せよ。男子は男子らしくあれ》

《依頼心を去り、独立独行の気風を養成せよ》

《乱費は不義の根源なり。質素節義を守るべし、鄙吝(ひりん)は素(もと)より之を賤(いや)しむ》

「鄙吝」はいやしくけちなこと。つまりお金の無駄遣いは人の道を踏み外すもとだが、ケチは卑しいというのです。

 さらに

《物事に耐ふる身体を作れ》

《衛生を重んじ病を未発に妨ぐは大切なり。病に罹らば病を怖るゝは不可。医者の命令を厳守せよ》

というのもあります。

 このような訓示を通して、乃木院長は学習院の学生(当時は初等科からすべて学生)に心身ともに「質実剛健」であれと訴えたのですが、私は乃木院長が言い続けたことの根本は「飾るな」ということであったと考えています。

 「飾るな」は言い換えれば「正直であれ」「うそをつくな」ということにもつながります。そしてこれはさまざまな側面から教育不安が指摘されている今の世相の中で、われわれ教育に携わるものが幾重にも反芻(はんすう)しなければならないことであるとも思うのです。





※最近わかった事がある。太古の昔より、人間には生きていくべき道が確かに存在していたという事だ。ニュートンの万有引力の話を聞いてこれがわかった。科学にしろ数学の公式にしろ、発明・発見されたものはすべて、すでに存在していたものをある人が見つけたに過ぎない。そして人として生きるべき道を、幸福に生きる道を発見したのが、歴史に残る宗教家という事だ。その他の歴史に残った偉人もまた、ほとんどが宗教家に近い存在であり、自分の行動においてか言葉においてかで、人として生きるべき道を残してくれた。 

後を行く我々は、先人が苦労して見つけたその法則を学び、実践していけば良いだけなのだが、欲望に負けて自我を押し通し、結局は苦しみの淵に沈む事が多くなってしまう。科学においては、発見された科学的法則を学び、さらなる発展を目指すのが当然なのだが、心の世界になると、それが当然となる事は少なく、人は昔とほとんど変わる事がない人間関係の中でのた打ち回っている様に見える。 

特に今の日本は、悲しい事だがこの単純な事が信じられていないために、過去を土台として発展する事が出来ないでいるし、逆に土台を崩そうとする輩が大手を振って行政に入り込み、過去から学ぼうともせず、自分たちの先祖をないがしろにしている。はたまた愚かな人間にいたっては、なかった事まで、さも在ったかのように悪口を言いふらすありさまだ。これでいい目に合おうというのは虫が良すぎるというものだろう。 

さらに醜い人間にいたっては、大した教養もないくせに自分の考えこそが日本を良くする道だと錯覚して、家庭を崩壊させたり、教育を壊滅させたりしているが、残念な事に、今の日本にはそれを食い止めるだけの機関なり勇気なりがない。実に醜くなってきたが、数学の究極にあるものは、「美」だという。そう言われてみれば、孟子という人も「真・善・美」こそが人間の目指すべき方向だと言っていたと記憶するが、一人一人が、まずは「美」というものを意識しながら生きて行く事も一つの道ではないかと思う。 

本日の「飾るな」という事もまた大事な教えだと思う。我々の悩みの正体は、悩みと称して、じつは名刺や金銭や学歴や経歴という玩具に夢中になり、自分を実際以上に飾り立ててみたいと焦っているだけだし、必要以上に背伸びをしようとしているだけの事が多い。そうではなく、素朴なる精神、空手にして立つという覚悟、これが最も大切だという教えだ。 

言葉を変えれば、常にゼロからのスタートという気持ちであり、常に原点回帰し、初心を忘れぬ心でもある。虚飾に満ちた生活を目指すより、足る事を知るという素朴なる精神という名の土壌にこそ、大樹は生長していくものだと思う。 
by sakura4987 | 2006-06-21 16:35

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987